JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、14日にアジア大会初戦を迎える 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

U-21日本代表、14日にアジア大会初戦を迎える 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月14日

U-21日本代表、14日にアジア大会初戦を迎える 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

U-21日本代表は13日(月)、第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)の初戦となるU-23ネパール代表戦を翌日に控え、開催地で初のトレーニングを行いました。

前日12日(日)に国内で集合し、トレーニングをしてからフライト、バスを乗り継いで夜遅くにインドネシア入りしたチームは、現地の気候に「思ったより暑くないし、やりやすい」(FW前田大然選手)と話し、約1時間汗を流しました。

土曜のJリーグから中2日で迎える初戦、タイトなマッチスケジュール、暑さなど様々なことに対応することが求められる環境。森保一監督は、「簡単じゃない。簡単じゃないけど、頭をクリアにして、いい環境を自分たち自身で作っていこう。選手もスタッフも、自分ができる120%の力を発揮してチームのために動こう」と選手たちに語り、大会のチームキャプテンにはMF三好康児選手(北海道コンサドーレ札幌)を指名しました。

そして、この日の夜遅くには、12日(日)のJ2リーグ戦にフル出場したMF神谷優太選手(愛媛FC)、日曜の夜に招集が決まった大南拓磨選手(ジュビロ磐田)も合流し、選手20名が揃いました。日本はこの大会、グループDで、ネパール、パキスタン、ベトナムと対戦。ラウンド16からのノックアウトステージを含め、19日間で最大7試合を戦います。Jリーグの最中に行われることから、1チーム1名と招集には条件がありながらも、2020年の東京オリンピックに向けた数少ない公式戦で、重要な強化の場です。前々回大会のロンドンオリンピック組が成し遂げた優勝を目指して挑みます。

初戦の相手、ネパールを率いるのは、JFA公認指導者として海外派遣され、2016年からチームを見ている行徳浩二監督。日本を良く知るだけに、より難しい一戦となります。試合はWibawa Mukti Stadiumで現地時間19:00から行われます。

監督・選手コメント

森保一 監督
今日は芝の状態や暗い照明を考慮してトレーニングの内容を変えましたが、こうしてピッチ内外で想定外のことが起こったときにしっかりと対応して乗り越え、落ち着いて最高のパフォーマンスを出せるようにしたいと思います。選手たちにも、与えられた環境のなかでベストな状態を作っていこうと話をしました。Jリーグ戦から中2日、その後の長距離移動、日本の暑さなどいろんな状況があって迎える初戦です。個人のフィジカルや戦術的なすり合わせができないまま臨みますが、ピッチ外でのミーティングやコミュニケーションですり合わせをして、勝点3を取るためにいい準備をしたいと思います。

DF #4 板倉滉 選手(ベガルタ仙台)
厳しい日程は相手も変わらないので、しっかりとしたパフォーマンスを出したいです。オーバーエイジを含めて、(この先も)厳しい選考になることは感じています。生き残っていかなければいけないですし、アジア大会でアピールして、その先につながるようにしたい。毎試合(失点)ゼロで抑えることを意識しつつ、特徴である攻撃参加をどんどん出してチームに貢献したいです。

MF #8 三笘薫 選手(筑波大学)
湿気が多くて、夕方の試合ならもう少し気温も高くなるので、慣れる必要がありますし、こうしたなかでもしっかり身体を動かさないといけないと感じました。チームとしては、ビルドアップや前からの守備など、いろんな面でチャレンジしているところで、少しずつ形になってきていますし、もっと磨いていければと思っています。(この大会は)チーム一丸とならないと勝ち進めないですし、一人一人が役割を担ってチームのために行動できれば勝利に近づくと思います。ゴール、アシストでアピールしつつ、チームの勝利に貢献できるプレーを増やしていきたい。僕ら自身も結果にこだわりたいです。

MF #10 三好康児 選手(北海道コンサドーレ札幌)
しっかりとこのチームを引っ張っていこうという思いがありますし、プレーや生活の面でもリーダーシップを発揮できればと思います。一日一日、行動で示すことは、キャプテンであってもそうでなくても変わらないので、個人として示していきたいです。連戦でタフな大会になるので、それぞれがコンディションを整えて、一試合一試合に挑んでいければと思います。簡単な試合はひとつもありません。環境を含めいろんなアクシデントはあると思いますが、一試合ずつ勝点を積み重ねていきたいです。

スケジュール

8月12日(日) 11:30 トレーニング
8月13日(月) PM トレーニング
第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月14日(火) 19:00
(21:00)
第1戦 vs ネパール(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月15日(水) TBC トレーニング
8月16日(木) 16:00
(18:00)
第2戦 vs パキスタン(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月17日(金) TBC トレーニング
8月18日(土) TBC トレーニング
8月19日(日) 16:00
(18:00)
第3戦 vs ベトナム(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月20日(月) TBC トレーニング
8月21日(火) TBC トレーニング
8月22日(水) TBC トレーニング
8月23日(木)
8月24日(金)
16:00or19:30 ラウンド16 (Bekasi/Patriot Stadium or Cikarang/Wibawa Mukti Stadium) 
8月25日(土) TBC トレーニング
8月26日(日) TBC トレーニング
8月27日(月) 16:00or19:30 準々決勝(Bekasi/Patriot Stadium or Cibinong/Pakansari Stadium)
8月28日(火) TBC トレーニング
8月29日(水) 16:00or19:30 準決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) TBC トレーニング
9月1日(土) 15:00
18:30
3位決定戦(Cibinong/Pakansari Stadium)
決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【男子】グループステージ
第1戦 8月14日(火) 21:00[日本時間] vs ネパール代表
第2戦 8月16日(木) 18:00[日本時間] vs パキスタン代表
第3戦 8月19日(日) 18:00[日本時間] vs ベトナム代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー