JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 遠征初戦でハンガリーと引き分ける

ニュース

フットサル日本代表 遠征初戦でハンガリーと引き分ける

2017年03月30日

フットサル日本代表 遠征初戦でハンガリーと引き分ける

国際親善試合第1戦 vs フットサルハンガリー代表
2017年3月29日(水) キックオフ時間20:15(現地時間)試合時間 40分(前後半各20分間のプレーイングタイム)
ハンガリー・ケチケメート/Messzi Istvän Sportcsarnok

フットサル日本代表 1-1(前半0-1、後半1-0)フットサルハンガリー代表

得点
2分 失点(フットサルハンガリー代表)
40分 西谷良介(フウガドールすみだ)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:室田祐希、加藤竜馬、滝田学、森岡薫

サブメンバー
GK:ピレス・イゴール、上原拓也
FP:小曽戸允哉、西谷良介、渡邉知晃、皆本晃、仁部屋和弘、原辰介、清水和也

マッチレポート

欧州に遠征しているフットサル日本代表は3月29日(水)、ハンガリーのケチケメート、Messzi Istvän Sportcsarnokにてフットサルハンガリー代表との国際親善試合第1戦を戦いました。

日本にとってブルーノ・ガルシア監督就任後、初めての対外試合となるこの一戦は、対するハンガリーにとってもUEFA FUTSAL EURO2018予選が4月に控えており貴重な強化の場になります。

試合は前半2分に早速動きます。相手左サイドから攻め込まれた日本はDFとGKの間にパスを通され、そのボールを相手に押し込まれ、試合開始早々に失点をしてしまいます。その後は日本が果敢に相手ゴールを奪い、優位に試合を進めるも、フィニッシュが決め切れず前半を無得点で折り返します。

ハーフタイムにブルーノ監督は、「ここまでの戦い方は間違っていない。全員が同じ意識を持っているはずだ。後半は必ず日本のペースが続く。絶対に勝てる試合。全員で戦おう。」と選手を鼓舞して、コートに送り出します。

後半も積極的に攻め込む日本は、ハンガリーのゴールを幾度となく脅かすも、相手GKの好セーブもありなかなか得点が奪えません。それでも諦めない日本は試合終了直前の40分、自陣右サイドから、森岡薫選手、西谷良介選手、そして左サイドの渡邉知晃選手へとつなぎ、最後は渡邊選手からのリターンパスを受けた西谷選手が押し込み、1-1の同点に持ち込みました。

その後すぐに試合は終了。最後まで諦めない選手たちの姿勢と気持ちで掴んだ引き分けは、非常に価値あるものとなりました。

日本の遠征第2戦は、31日(金)20:00(現地時間)よりハンガリーとの対戦に再び臨みます。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
この試合を通して、チームの状態が正しい道を進んでいると感じています。ハンガリーに到着後、48時間で試合に臨むという厳しいコンディションではあったものの、EURO予選を間近に控えたハンガリー代表とこのようなゲームをできたことには一定の評価ができると思っています。しかし、試合のあらゆる局面で日本の方が良いプレー、優勢に立っていたと思うものの、結局は勝ちきれなかった、引き分けたという事は事実です。第2戦では今日の試合で出た細かな部分を修正することで、必ず勝利をすることができると選手・スタッフともに共有することができたことは、ポジティブなものとして捉えたいと思います。第2戦に向けて全体で前向きな意識と強度を持って臨んでいきたいと思います。

FP #6 小曽戸允哉 選手(シュライカー大阪)
ブルーノ監督になって初めての試合は1-1の引き分け。開始早々に失点はしましたが、これまで練習してきたことが出来た時間帯も多く、次の試合まで改善しなければいけないところはコミュニケーションをしっかり取り、2戦目は勝てるように準備していきたいと思います。

FP #8 滝田学 選手(ペスカドーラ町田)
攻守ともに連携面で課題が多くあります。結果に繋げ、実りある欧州遠征になるよう努力します。明日からのトレーニング、試合、全ての時間を有効に使用し、前進していきます。

FP #14 西谷良介 選手(フウガドールすみだ)
最初は硬さもありましたが、徐々に自分達が主導権を握りゲームを運べていたと思います。攻撃の最後のフィニッシュの精度や連携をもっと高めることや、ディフェンス時もコミュニケーションを図り、一人一人が迷うことなくプレーし合えるようにすること。ここで得た改善点や課題を早く克服しながら第2戦、必ず勝利できるように準備したいと思います。また、得点シーンは渡邉選手がよく自分のことを見てくれていて、良いパスが返ってきたので、合わせることだけに集中し、得点することが出来ました。(今日の試合で)最後のチャンスをモノにできたように、高い集中力と勝利への執念を強く持ち、残りの試合にも臨みたいと思います。

FP #16 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
今日は我慢の時間帯が続く中、チーム一丸となり最後まで戦えたと思いますが、修正点がかなり出た試合でした。しっかりと修正し、ハンガリー代表との2戦目では勝利できるよう、明日から練習していきたいと思います。

スケジュール

3月25日(土) AM/PM トレーニング
3月26日(日) AM/PM トレーニング
3月28日(火) AM/PM トレーニング
3月29日(水) AM
1-1
トレーニング
国際親善試合 vs フットサルハンガリー代表
3月30日(木) AM/PM トレーニング
3月31日(金) AM
20:00
トレーニング
国際親善試合 vs フットサルハンガリー代表
4月1日(土) PM トレーニング
4月2日(日) AM/PM トレーニング
4月3日(月) AM
19:00
トレーニング
国際親善試合 vs フットサルスロベニア代表
4月4日(火) AM
19:00
トレーニング
国際親善試合 vs フットサルスロベニア代表
4月5日(水) AM/PM トレーニング 
4月6日(木) AM
18:00
トレーニング
国際親善試合 vs フットサルスロベニア代表

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

 

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー