JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > MS&AD なでしこカップ 2015 ニュージーランド女子代表が来日

ニュース

MS&AD なでしこカップ 2015 ニュージーランド女子代表が来日

2015年05月20日

MS&AD なでしこカップ 2015 ニュージーランド女子代表が来日

5月24日(日)に香川/香川県立丸亀競技場で開催するMS&AD なでしこカップ 2015に向けて、19日夕方、成田空港にニュージーランド女子代表が来日しました。長距離移動の疲れを感じさせない、明るく和やかな雰囲気の中、20日香川に移動し、初日の練習を行う予定です。

監督・選手コメント

トニー・レディングス 監督
今回が5度目の来日になりますが、日本は素晴らしい国で毎回訪れるのが楽しみです。日本の方々はとても温かくフレンドリーです。いつもチームはすばらしいおもてなしを受けています。

日本戦では、選手たちにはワールドカップと同じ意気込みでプレーして欲しいと思っています。ニュージーランドチームのスタイルを貫いて、個々の強さを高めてもらいたいです。日本チームは試合のどの場面においても強いです。全てのポジションに優れた選手がいて、非常に組織立ったチームです。優秀な監督そして経験豊富な選手たちがいます。日本の技術能力は世界のトップクラスで、それが日本を脅威的な攻撃型チームに作り上げています。

MF #14   ケイティー・ボーウェン 選手
これまで何度か来日していますが、日本は大好きです。日本の皆さんはとてもフレンドリーで、いつも最高の環境や雰囲気の中でプレーできます。今回の日本戦は、ワールドカップに向けて明らかに大事な試合となります。カナダに着いたらすぐ本格的に始動したいので、その前に日本を相手に印象的なプレーを見せたいです。大会前に良い結果を出すことは自信につながります。自分たちのプレースタイルにこだわり、底力を見せたいです。

日本チームは世界のトップで、強い印象を与えるクオリティーの高いサッカーをします。ボール回しの技術が優れていて、すばらしいです。トランジションが速いので、私たちはそこを警戒しなければなりません。日本は結束して堅実なチームだからこそ、常にトップ5に入っているのでしょう。ニュージーランドチームにとってすばらしい試合となり、ワールドカップに向けて良い準備ができると思っています。

GK #1   エリン・ネイラー 選手
今回が4度目の来日ですが、毎回日本に来るのが楽しみです。日本は美しい国で、人々がフレンドリーです。皆が女子サッカーをサポートしてくれるのも日本の素晴らしい一面です。日本戦では、ピッチの上でニュージーランドらしさを表現し、持っている力をフルに発揮したいです。そして世界のどのチームを倒せるという自信をもって向かっていきたいです。この試合はワールドカップに向けて準備するための大きな一歩です。

日本チームと過去に対戦した経験から、日本は組織的にも技術的にも優れたチームだと言えます。コンパクトでシャープなサッカーを好み、かつスピードがあります。ニュージーランドチームにとっては待ち望んだ挑戦です。どんな攻撃にも対応していかなければならないでしょう。前回日本と対戦してから、自分たちがどのくらい成長したかを判断する良い機会です。

MF  #19   エビー・ミリン 選手
今回で6度目の来日となります。いつも日本に滞在するのが楽しみです。日本人は礼儀正しく穏やかです。日本は美しい国で、食事も美味しく、景色もきれいです。日本にはとても良い印象を持っています。

日本との試合では、フィジカル面が重要になると思います。ニュージーランドも日本もポゼッション型のチームなので、大切なのはボールをキープしてポゼッションの主導権を握り、相手を揺さぶることです。同様に、得点を狙えるポジションとチャンスを生かすことが重要です。

私はU-17とU-20代表で日本チームと対戦しました。どの年代でも日本のプレースタイルは一貫しています。とても速く、技術が高く、組織が確立しています。

ニュージーランド女子代表メンバー

監督

トニー・レディングス   Tony READINGS

選手

GK
21   レベッカ・ロールズ   Rebecca ROLLS (スリーキングス・ユナイテッド)
23   クシュラ・リヒトワーク   Cushla LICHTWARK(アッパー・ハット・シティ)
1    エリン・ネイラー   Erin NAYLER(ノーウエスト・ユナイテッド)

DF
7    アリ・ライリー   Ali RILEY (ルーセンゴード/スウェーデン)※
5    アビー・アーセグ   Abby ERCEG (シカゴ・レッドスターズ/アメリカ)
2    リア・パーシバル   Ria PERCIVAL(USV イエナ/ドイツ)
3    アンナ・グリーン   Anna GREEN (無所属)
6    レベッカ・ストット   Rebekah STOTT (クラウドランズ・ローバーズ)
18  キャサリン・ボット   Catherine BOTT (フォレストヒル・ミルフォード・ユナイテッド)
15  メイケイラ・ムーア   Meikayla MOORE (イースタン・サバーブス)

MF
11  カースティー・ヤロップ   Kirsty YALLOP (ビットショ/スウェーデン)※
4    ケイティー・ダンカン   Katie DUNCAN (チューリッヒ/スイス)
12  ベッツィー・ハセット   Betsy HASSETT (無所属)
16  アナリー・ロンゴ   Annalie LONGO (コースタル・スピリット)
14  ケイティー・ボーウェン   Katie BOWEN (ノースカロライナ大学/アメリカ)
19  エビー・ミリン   Evie MILLYNN (イースタン・サバーブス)
20  デイジー・クレバリー   Daisy CLEVERLEY (フォレストヒル・ミルフォード・ユナイテッド)

FW
9    アンバー・ハーン   Amber HEARN (USV イエナ/ドイツ)
10  サラ・グレゴリアス   Sarah GREGORIUS (ASエルフェン埼玉/日本)
22  エマ・ケイト   Emma KETE(フェンシブルズ・ユナイテッド)
17  ハナ・ウィルキンソン   Hannah WILKINSON (テネシー大学/アメリカ)
13  ロージー・ホワイト   Rosie WHITE (無所属)
8   ジャスミン・ペレイラ   Jasmine PEREIRA (スリーキングス・ユナイテッド)

注:※印の選手は5月23日(土)に来日する予定です。

スケジュール

5月20日(水) PM トレーニング
5月21日(木) PM トレーニング
5月22日(金) AM/PM トレーニング
5月23日(土) 19:30 公式練習
5月24日(日) 19:10 MS&AD なでしこカップ2015  vs. なでしこジャパン(香川県立丸亀競技場)
5月25日(月) PM トレーニング

※スケジュールは、チーム事情により急に変更・中止する場合があります。  

MS&AD なでしこカップ 2015

なでしこジャパン(日本女子代表) vs ニュージーランド女子代表
5月24日(日) 19:10 キックオフ(予定)
香川/香川県立丸亀競技場
チケット情報はこちら

公共交通機関に加え、近隣の駅や駐車場とスタジアムを結ぶ臨時バスの運行を予定
会場アクセスはこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー