JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表候補 兵庫トレーニングキャンプ(2/20)

ニュース

ビーチサッカー日本代表候補 兵庫トレーニングキャンプ(2/20)

2015年02月21日

ビーチサッカー日本代表候補 兵庫トレーニングキャンプ(2/20)

合宿3日目の午前中はボールを使ったフィジカルトレーニング、午後は紅白戦を行いました。

紅白戦では、大きな声を出しながら互いに指示を出し合い、球際では激しくぶつかり合うシーンが幾度となく見られました。また、監督が何度も練習を止め、厳しい口調で選手達に指示を出すことも多々ありました。来月に迫ったFIFAビーチサッカーワールドカップポルトガル2015の予選を兼ねたAFCビーチサッカーチャンピオンシップ2015を前に、チーム全体のレベルアップのため、一つ一つの練習に真剣に取り組んでいます。

予選に参加できる選手は12名のみ。今回の合宿には15名の選手が招集されており、今回は事実上のサバイバル合宿です。それぞれの選手がチームに貢献し、最終メンバーに残るため、日を追うごとに練習のインテンシティが上がってきています。

2013年に行われた前回のAFCビーチサッカーチャンピオンシップでは惜しくも決勝戦で敗退し、準優勝という結果で終わってしまいました。今回の大会ではアジア制覇、そしてワールドカップの出場を目指し、チームは戦います。

選手コメント

赤熊卓弥 選手(ドルソーレ北九州)
初日から合宿3日目の今日まで、充実した練習が出来ています。
気温は低く、練習も厳しいですが、チームに貢献出来るよう、個人のレベルアップのために引き続き全力でプレーしたいです。練習後にみんなで温泉に入るなど、ピッチ外ではリラックスも出来ていて、チームの雰囲気もとても良いと思います。

尾田博文 選手(東京レキオスBS)
今回の合宿は予選前ということもあり、みんなの気合の入り方がいつも以上です。
個人的には少しでもチームに貢献出来るように練習中から声を出し、アジア優勝を目指してチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

小牧正幸 選手(東京レキオスBS)
今日の練習も、メリハリが効いていて充実した一日を過ごせました。午後の紅白戦では、選手間でフォーメーションの確認やコミュニケーションを上手く取れたと思います。練習は日に日に厳しくなっていますが、厳しい練習を乗り越えて来月の予選に臨みたいと思います。

スケジュール

2月18日(水) PM トレーニング
2月19日(木) AM/PM トレーニング
2月20日(金) AM/PM トレーニング
2月21日(土) AM/PM トレーニング
2月22日(日) AM トレーニング
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー