JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表 第11回国際ユーストーナメント(U‐17)Inミンスク2015 グループリーグ第3戦 vs ロシア代表

ニュース

U-17日本代表 第11回国際ユーストーナメント(U‐17)Inミンスク2015 グループリーグ第3戦 vs ロシア代表

2015年01月22日

U-17日本代表 第11回国際ユーストーナメント(U‐17)Inミンスク2015 グループリーグ第3戦 vs ロシア代表

第11回国際ユーストーナメント(U‐17)Inミンスク2015 グループリーグ第3戦
2015年1月21日(水)    キックオフ16:20    試合時間 80分(40分ハーフ)
Football Covered Arena Minsk (ベラルーシ/ミンスク)

日本代表   0-0(前半0-0、後半0-0)   ロシア代表

スターティングメンバー
GK:脇野敦至
DF:阿部雅志、冨安健洋、伊藤洋輝、田中康介
MF:田中陸、渡辺皓太、齊藤未月、服部剛大
FW:永澤竜亮、岩崎悠人

サブメンバー
GK:千田奎斗
DF:常本圭吾
MF:崎村丞祐、梶山幹太
FW:高橋利樹、菅大輝

交代
54分 服部剛大 → 菅大輝
65分 田中陸 → 梶山幹太
71分 阿部雅志 → 常本圭吾

マッチレポート

グループBの首位を決めるに相応しい緊迫した雰囲気の中始まったゲームは、お互いにハイプレッシャー・ハイテンションのスピーディーな展開からのスタートとなりました。日本はパスワーク・ロシアはロングボールとスピードを武器に激しい攻防を繰り広げます。

開始10分のオープニングシュートは日本。岩崎選手のシュートはポストに阻まれます。反対に12分のロシアのミドルシュート、30分のGKと1対1の大ピンチをGK脇野選手のスーパーセーブで凌ぎます。34分には渡辺選手、35分には岩崎選手が立て続けにミドルシュートも放つも阻まれ0-0で折り返します。ハーフタイムに森山監督は「攻守に渡ってもっと強いリーダーシップを全員が出そう。そして自分がやりたいことを思い切りやってみること!」と力強くアドバイスを送り選手を送り出しました。

後半、4分ロシアの長身FWのヘディングがバーを叩くなど、押し込まれる場面がありましたが、ボールをしっかりと落ち着かせ徐々に日本ペースに持っていきます。交代出場の菅選手が得意の強烈なFKでゴールを狙ったり、永澤選手・齊藤選手・岩崎選手が抜群のコンビネーションで、幾度と無くゴールを脅かします。しかし終了間際のコーナーキックもロシアの厚い壁に跳ね返されそのまま試合終了。

引き分けながら得失点差で上回るロシアにグループB首位を譲り、2位でグループリーグ突破となりました。チームは23日(金)にグループA2位の地元ベラルーシと対戦いたします。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
1位通過を賭けたロシアとの対戦となりました。序盤、ワントップを残してブロックを引いてきた相手に対し主導権を握ることが出来ましたが、前半はスコアレス。後半は全員がハードワークしてゴールへ向かう熱い戦いを見せてくれましたが、自陣ペナルティーで身を挺してゴールを死守する相手の牙城を崩せず、0-0で終了のホイッスルを聞くことになりました。2勝1敗で並びましたが、得失点差で惜しくも2位となり2位トーナメントに回ることになりました。3試合無失点は大きな成果ですが、この日もロシアに対する20本のシュートがポストや相手GKの攻守に阻まれゴールネットを揺らすことが出来ませんでした。中日を挟んであと2試合貴重な経験ができます。選手には自分自身の大きな成長につなげるために、失敗を恐れず自分のストロングを高める最大限のチャレンジをして欲しいと思っています。

永澤竜亮 選手(ヴィッセル神戸U-18)
中盤でボールを上手く保持できましたが、結果的に相手のDFがかなり引いてしまい、裏のスペースが無くなってしまいました。この状況の中でも足元ばかり繋ぐのではなく、サイドに起点を作ったり緩急をつけた攻撃で点を奪いに行きたかったです。2位グループリーグとなってしまいましたが、地元ベラルーシと試合ができますし、まだまだこのチームは成長できると思うので、勝利を目指して戦いたいと思います。

服部剛大 選手(横浜FCユース)
これまでの2戦と同様に最後のフィニッシュに課題が残った試合となりました。ボールを引き出すタイミングやアングルなどの精度をもっと上げなくてはなりません。明日のトレーニングで改善して次の試合に臨みたいと思います。2位グループの試合となりましたが、決めるところをしっかり決めて2勝し、この遠征を負けなしで終えたいです。

スケジュール

1月16日(金)   トレーニング
1月17日(土)   トレーニング
第11回国際ユーストーナメント(U‐17)Inミンスク2015
1月18日(日) 1-0 対 フィンランド(Football Manezh) 
1月19日(月)   トレーニング
1月20日(火) 1-0 対 リトアニア(Football Manezh) 
1月21日(水) 0-0 対 ロシア(Football Manezh)
1月22日(木)   トレーニング
1月23日(金)   対 ベラルーシ(Football Manezh)
1月24日(土)   順位トーナメント(Football Manezh)
1月25日(日)   順位トーナメント(Football Manezh)
1月26日(月)   トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間

第11回国際ユーストーナメント(U‐17)In ミンスク2015 参加国
グループA:ベラルーシ、チェコ、中国、モルドバ
グループB:ロシア、フィンランド、日本、リトアニア
グループC:ウクライナ、グルジア、イラン、ラトビア

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー