JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-19日本代表 UAE遠征 親善試合第1戦を勝利で飾る

ニュース

U-19日本代表 UAE遠征 親善試合第1戦を勝利で飾る

2014年06月07日

U-19日本代表 UAE遠征 親善試合第1戦を勝利で飾る

親善試合
2014年2014年6月6日(金)現地時間18:20キックオフ 90分(45分ハーフ)
UAE FA Stadium(UAE/ドバイ)

U-19UAE代表 1-2(前半0-2、後半1-0) U-19日本代表

得点
16分 越智大和(U-19日本代表)
35分 南野拓実(U-19日本代表)
76分 失点(PK)(U-19UAE代表)

スターティングメンバー
GK:中村航輔
DF:石田崚真、内山裕貴、中谷進之介、内田裕斗
MF:関根貴大、望月嶺臣、川辺駿、金子翔太
FW:南野拓実、越智大和

サブメンバー
GK:田口潤人
DF:水谷拓磨、三竿健斗、山口真司
MF:小川直毅、大山啓輔、青木亮太
FW:田村亮介、諸岡佑輔

交代
HT 望月嶺臣 → 大山啓輔
HT 内山裕貴 → 三竿健斗
60分 南野拓実 → 田村亮介
60分 金子翔太 → 青木亮太
60分 越智大和 → 諸岡佑輔
60分 内田裕斗 → 山口真司
73分 石田崚真 → 水谷拓磨
73分 関根貴大 → 小川直毅

マッチレポート

U-19UAE代表との親善試合第1戦。
試合は序盤、両者がボールの主導権を握ろうと中盤でのボールの奪い合いが続きます。それでも徐々に日本がペースを握ると、16分。右サイドの裏のスペースに抜けだした関根選手がボールをキープし、サポートに来た石田選手にパス。石田選手はドリブルで中央に侵入し、相手を引きつけると左サイドの金子選手にパス。このパスをすぐさま南野選手につなぎ、南野選手が中央に絶妙なクロスボールを入れると、これを越智選手がヘディングで合わせてゴール。日本が連動した動きから先制点を奪います。

その後も日本が攻撃を仕掛けると、19分には望月選手から金子選手にスルーパスが入りシュート。これは相手DFに防がれますが、続けて21分には越智選手がペナルティエリア外から左足で豪快にシュート。しかしこれもゴールポストに当たり追加点を奪えません。
すると26分。今度は自分たちのミスから不用意なファウルをしてしまい、自陣ゴール前中央で相手にFKのチャンスを与えてしまいます。しかしここは、GK中村選手が好セーブで防ぎ、失点を許しません。そして再び日本が攻撃のリズムを掴むと、35分、望月選手がセンターサークル付近でボールを受けると、南野選手がタイミングよく裏のスペースに抜け出し、スルーパスを受けます。これを冷静に左足でシュートを放ち2点目。日本がリードを奪い前半を折り返します。

後半も試合のペースを握るのは日本。中盤でテンポよくボールを動かし、タイミングを見てスピードを上げて攻撃を仕掛けます。58分には右サイドでドリブル突破した関根選手がゴール前にクロス。これを南野選手がスルーし金子選手がシュート。しかしこれはゴールをとらえきれず。63分には相手ゴール前でFKのチャンス。これを川辺選手が直接狙いますが、相手GKがセーブ。69分には途中交代の田村選手がGKとの1vs1になりますが決められず、続けて71分には関根選手が田村選手のスルーパスに反応しますが、これも相手GKに阻まれ追加点を奪えません。
すると76分。自陣ペナルティエリア内で不用意なファウルを犯しPKを献上。これを決められ2-1の1点差。その後日本は再びリードを広げようと攻撃を仕掛けチャンスを作りますが、得点を決めることができません。試合はこのまま終了。失点を許したものの日本がゲームを支配し第1戦を勝利しました。

コメント

南野拓実 選手(セレッソ大阪)
AFC U-19選手権をイメージした初戦で、前半は自分達のサッカーができた時間帯が多かったと思います。しかし後半は相手に押し込まれる時間帯が多く、細かいミスも多くなり、2-1にされたと思います。そういう点をしっかり修正し次に繋げたいと思います。

中村航輔 選手(柏レイソル)
今日はUAE代表と親善試合を行い、結果は2-1でした。スコアにしても内容にしてもアジアで戦う難しさを改めて体感できたゲームだと思いました。明後日の第2戦と日本に帰ってからの試合もあるので良い準備をしていきます。

川辺駿 選手(サンフレッチェ広島F.C)
暑い中での試合でしたが、攻守両面で自分達からアクションを起こしてプレーできたので、試合内容もとても良かったです。しかし、2点リードした後にもう1、2点取れないところがこのチームの課題だと思いますし、そこで追加点を取れればもっと楽なゲーム展開になっていたと思います。個人としては、1タッチで裏のスペースにパスを出すことをイメージだけでなく、それを結果に繋げることが必要だと感じました。

スケジュール

6月6日(金) 2-1 国際親善試合 対 U-19UAE代表 (UAE FA Stadium)
6月8日(日) 18:20 国際親善試合 対 U-19UAE代表 (UAE FA Stadium)
6月11日(水) 10:00 トレーニングマッチ 対 横浜FC ※非公開
6月12日(木) 15:00 トレーニングマッチ 対 湘南ベルマーレ(馬入ふれあい公園サッカー場)

今後の予定

8/10~17 2014SBSカップ国際ユースサッカー
9/3~15 AFF U19 PREPARATORY TOUNAMENT 2014(ベトナム)
9/29~10/6 トレーニングキャンプ(国内)
10/7~24 AFC U-19選手権ミャンマー2014
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー