JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー男子 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表 トレーニングマッチ第2戦は静岡学園高と対戦

ニュース

U-16日本代表 トレーニングマッチ第2戦は静岡学園高と対戦

2020年09月19日

U-16日本代表 トレーニングマッチ第2戦は静岡学園高と対戦

トレーニングマッチ
2020年9月18日(金) キックオフ時間15:30 試合時間80分(40分×2本)
草薙総合運動場球技場(静岡市)

U-16日本代表 2-1(前半1-1、後半0-1)静岡学園高

得点
36分 失点
37分 内藤大和(U-16日本代表)
42分 土肥幹太(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:森脇真一
DF:石川晴大、行德瑛、池谷銀姿郎、植田悠太
MF:山崎太新、楢原慶輝、坂井駿也、大迫塁、髙橋隆大
FW:内藤大和

サブメンバー
GK:宮本流維、齋藤朝陽
DF:溝口修平、杉田隼、土肥幹太、齋藤晴、田代紘
MF:梶浦勇輝、福井太智、北野颯太、橋本陸斗、桒原陸人
FW:福田師王、南野遥海

交代
20分 大迫塁 → 桒原陸人
HT 森脇真一 → 齋藤朝陽
HT 髙橋隆大 → 大迫塁
HT 石川晴大 → 土肥幹太
54分 山崎太新 → 髙橋隆大
54分 内藤大和 → 南野遥海
60分 植田悠太 → 石川晴大
60分 池谷銀姿郎 → 杉田隼
60分 行德瑛 → 田代紘
60分 土肥幹太 → 齋藤晴
70分 南野遥海 → 福田師王
70分 楢原慶輝 → 北野颯太
70分 坂井駿也 → 梶浦勇輝
70分 桒原陸人 → 福井太智

レポート

9月21日(月・祝)から22日(火・祝)にかけて開催される2020 SBSカップドリームユースサッカーに向けて静岡県でキャンプを行っているU-16日本代表は18日(金)に静岡学園高とトレーニングマッチを行いました。
今回、静岡学園高からU-16日本代表に選出されている髙橋隆大選手と行德瑛選手も、U-16日本代表のスターティングメンバーとして、所属チームとの試合に臨みました。
試合は全国高校サッカー選手権王者の静岡学園高がU-16日本代表ゴールに攻め込みますが、U-16日本代表も前日のトレーニングマッチで出た守備の課題を修正し対応します。前日はJFAアカデミー福島U-18からボールを奪うことができず、支配される展開が続きましたが、今日の試合では前線からの連動した守備を意識して試合を進めます。
前半30分には前線でボールを奪うとショートカウンターでチャンスを作りますが、楢原慶輝選手のシュートは惜しくも枠を外れます。前半は両チームともに集中した守備を継続し、決定機が少ないまま終盤を迎えますが、前半36分、静岡学園高がクロスを起点にゴール前の混戦を押し込み、先制します。しかし、U-16日本代表もすぐに取り返します。直後の37分に右サイドの楢原選手の精度の高いクロスを、内藤大和選手が打点の高いヘディングで合わせてすぐさま同点にして前半を終了します。
そして後半開始直後、コーナーキックからのボールをゴール前で土肥幹太選手が合わせ逆転します。
その後も集中力を切らさずに試合をすすめると、終盤には後半途中に交代で入った北野颯太選手を中心に前線の激しいプレスでボールを奪うと、何度も決定機を作ります。惜しくも決めきれないシーンが続きますが、試合はそのまま2-1でU-16日本代表が勝利しました。
前日の課題を修正し、良い形でトレーニングマッチを終えたU-16日本代表。3日後にSBSカップ本番、清水エスパルスユースとの試合に臨みます。

選手コメント

MF #18 楢原慶輝 選手(サガン鳥栖U-18)
今日は静岡学園高との試合があり、結果は2対1で勝ちました。個人としてはクロスでアシスト出来たのが良かったのと、そのクロスに合わせてゴールを決めた内藤選手とは試合前から話していた形なので、意思の疎通がはかれたゴールでした。昨日の試合で出た課題や成果をより良くするために選手同士で話し合い、いい準備を出来たことが今日の試合の結果に繋がったと思います。次の試合からはいよいよSBSカップが始まるので今日よりさらにいい試合を出来るようにしたいです。そして日本代表の誇りを持ち、相手が年上だからということは関係なく、優勝したいです。

MF #19 坂井駿也 選手(サガン鳥栖U-18)
昨日のJFAアカデミー福島戦での課題を意識した上で試合に臨みました。試合の序盤から相手にボールを持たれる時間が多く、自分達のサッカーが上手くいかない状況でしたが、チーム全員で声を掛け合い自分たちの時間を作ることができ、課題となっていた部分を改善することが出来ました。後半はしっかりとボールを保持した上で得点を狙い続けコーナーキックから得点を取ることが出来ました。自分としては得点となったシーンでアシストをすることが出来たこと、ボールをしっかりと保持して判断良くプレーできたことがとても良かったと思います。試合も勝つことが出来たのでSBSカップまでの時間を大事にしていい形で大会に挑めるように準備していきたいです。

FW #10 内藤大和 選手(ヴァンフォーレ甲府U-18)
前回8月キャンプのトレーニングマッチから前日のJFAアカデミー福島戦まで3試合連続で引き分けていたので、今日の試合はチーム全員で協力して勝つことができ、とても良かったです。個人としてもチームの為にゴールを奪えて良かったです。21日からSBSカップが始まるので、優勝できるようにチーム全員で協力してトレーニングをしていきたいと思います。

スケジュール

9月16日(水) PM トレーニング
9月17日(木) 1-1 トレーニングマッチ vs JFAアカデミー福島U-18
9月18日(金) 2-1 トレーニングマッチ vs 静岡学園高
9月19日(土) AM トレーニング
9月20日(日) AM トレーニング
2020SBSカップドリームユースサッカー 
9月21日(月・祝) 14:00 準決勝 vs 清水エスパルスユース(@静岡県草薙総合運動場 球技場)
9月22日(火・祝) 11:00 3位決定戦(@静岡県草薙総合運動場 陸上競技場)
13:55 決勝(@静岡県草薙総合運動場 陸上競技場)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

大会日程:2020年9月21日(月・祝)~2020年9月22日(火・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー