JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー男子 2020年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表トルコ遠征 チェコ代表との第3戦は大差で勝利

ニュース

U-16日本代表トルコ遠征 チェコ代表との第3戦は大差で勝利

2020年02月03日

U-16日本代表トルコ遠征 チェコ代表との第3戦は大差で勝利

国際親善試合
2020年2月2日(日) キックオフ時間14:30(現地時間) 試合時間90分(45分×2本)
Bogazkent(トルコ/アンタルヤ)

U-16日本代表 8-1(前半4-0、後半4-1)U-16チェコ代表

得点
14分 南野遥海(U-16日本代表)
18分 千葉大舞(U-16日本代表)
35分 齋藤晴(U-16日本代表)
38分 竹内諒太郎(U-16日本代表)
46分 田中侍賢(U-16日本代表)
53分 失点(U-16チェコ代表)
55分 前澤拓城(U-16日本代表)
59分 坂井駿也(U-16日本代表)
59分 田中侍賢(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:松原快晟
DF:齋藤晴、竹内諒太郎、手塚樹、田代紘
MF:後藤啓介、小幡季生、坂井駿也
FW:千葉大舞、前澤拓城、南野遥海

サブメンバー
GK:宮本流維
DF:土肥幹太
MF:佐藤海空斗、北野颯太、楢原慶輝、田中侍賢
FW:鈴木大翔

交代
HT 千葉大舞 → 鈴木大翔
HT 後藤啓介 → 北野颯太
HT 南野遥海 → 田中侍賢
HT 手塚樹 → 土肥幹太
70分 前澤拓城 → 佐藤海空斗
70分 坂井駿也 → 楢原慶輝

マッチレポート

U-16日本代表のトルコ遠征は半分の日程を終え、2月2日(日)に親善試合の第3戦目となるU-16チェコ代表戦に臨みました。

試合前日には、松田匠生アスレティックトレーナーから合宿中の選手の食事に対するフィードバックや、廣山望コーチからトルコの地理に関連し、トルコと隣接するシリア内戦の状況や、トルコにも多くのシリア難民が来ている現状など、ピッチ外に関しても話があり、各選手は真剣な面持ちで聞き入っていました。

試合前のミーティングでは前の試合の映像を見ながら、奪ったボールをすぐに失ってしまうシーンや決定機で決めきれない点など、いくつかの改善点が示されました。チェコ代表とは2日前の試合で3-0と差をつけて勝利していますが、同じ相手との2連戦ということもあり、日本はフォーメーションを変更して試合に臨みます。

試合序盤はチェコ代表が勢いを持って攻め込むシーンが見られましたが、日本はMF小幡季生選手やMF坂井駿也選手を中心にサイドに展開して試合を組み立てると、徐々に日本がペースを掴みます。試合が動いたのは前半14分、アーリークロスを受けたFW南野遥海選手が相手に囲まれながらも粘って反転してゴール。続く18分にはMF坂井選手のスルーパスに抜けだしたFW千葉大舞が流し込み2点目。35分にはインターセプトからのカウンターで、最後はDF齋藤晴選手の見事なミドルシュートが決まります。38分にはショートコーナーから変化をつけたクロスに長身のDF竹内諒太郎選手がヘディングで得点。前半だけで4-0のリードを奪います。

後半も開始早々、交代したMF田中侍賢選手が最初のプレーで得点を決めます。53分には自陣でのパスミスから1点を返されて嫌なムードになりかけますが、直後にFW前澤拓城選手がGKをかわして6点目を決めると再び流れは日本に。59分にはMF田中選手の折返しをMF坂井選手が鮮やかに決めて7点目。最後はMF北野颯太選手のスルーパスにMF田中選手が抜け出し、ダメ押しのゴールを決め、8-1で試合を終えました。

U-16日本代表は翌日にインターバルを挟み、2月4日(火)にU-16チュニジア代表との最終戦に臨みます。

選手コメント

DF #16 手塚樹 選手(ヴァンフォーレ甲府U-15)
U-16日本代表に初選出されとても嬉しく思います。今日の試合は、一昨日のチェコ戦より差をつけて勝つことが出来ました。自分はセンターバックでの出場でした。1試合目で、相手の動きを見て、幅を取る深さを取るなどたくさん課題が出ました。今日の試合では少し改善することが出来たものの、多少ミスも目立ちました。最終戦では、自分の武器であるスピードなどを活かし、課題を改善し、良い試合をしたいです。

MF #8 北野颯太 選手(セレッソ大阪U-15)
今日はU-16チェコ代表との2戦目でした。チームとして新しいフォメーションを試したりと、チームの戦術の幅が増えてとてもいい試合になりました。個人としてはアシストだけではなくて、もっとゴール前の質を上げて得点にこだわって次の試合に臨みたいです。

MF#19 田中侍賢 選手(清水エスパルスジュニアユース)
今日の試合では第2戦目のチェコ代表戦の課題であった奪った後のボールを繋ぐことや、フィニッシュの質を高めることを意識しました。フィニッシュの質は高めることができ、チームで8点を取ることができました。個人的にもゴールに絡むプレーや、2得点することができ嬉しく思います。奪った後のボールを繋ぐ所では前の試合より良くなりましたが、まだできてないシーンもあったので次の試合ではしっかり改善していきたいです。次の試合はチュニジア代表戦で、第1戦で引き分けているのでしっかり勝ちきれるようチーム全員で戦いたいと思います。そして個人的にも成長して帰国したいと思います。

FW #9 南野遥海 選手(ガンバ大阪ジュニアユース)
今日の試合はこれまでの2試合とは違ったフォーメーションでしたが、一昨日の試合より圧倒して勝とうと話をして試合に臨みました。前線に3人のFWを置いていたので攻撃は前に力強くいけました。自分の特徴でもある背後の動き出しから先制点を決めることができました。得点してからもチームが臨機応変に対応していい試合ができました。次のチュニジア代表との試合でも得点を取り、今日の試合よりいい内容で勝てるように頑張りたいです。

スケジュール

1月28日(火) PM トレーニング
1月29日(水) AM/PM トレーニング
1月30日(木) 1-1 第1戦 vs.U-16チュニジア代表
1月31日(金) 3-0 第2戦 vs.U-16チェコ代表
2月1日(土) AM トレーニング
2月2日(日) 8-1 第3戦 vs.U-16チェコ代表
2月3日(月) AM トレーニング
2月4日(火) 10:00 第4戦 vs.U-16チュニジア代表

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 ~トルコ遠征~

日程:2020年1月30日(木)~2020年2月4日(火)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー