JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル日本代表 男女 2020年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 2020年最初の親善試合で白星を飾る【海外遠征(1/28-2/8@スペイン)】

ニュース

フットサル日本代表 2020年最初の親善試合で白星を飾る【海外遠征(1/28-2/8@スペイン)】

2020年02月03日

フットサル日本代表 2020年最初の親善試合で白星を飾る【海外遠征(1/28-2/8@スペイン)】

親善試合
2020年2月2日(日) キックオフ時間 12:00 試合時間 40分(20分ハーフ)
PABELLON MUNICIPAL A MALATA(スペイン/ガリシア)

フットサル日本代表 3-2(前半2-1、後半1-1)O PARRULO FERROL

得点
3分 清水和也(フットサル日本代表)
9分 星翔太(フットサル日本代表)
14分 失点(O PARRULO FERROL)
26分 平田ネトアントニオマサノリ(フットサル日本代表)
35分 失点(O PARRULO FERROL)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:星翔太、星龍太、吉川智貴、八木聖人

サブメンバー
GK:檜山昇吾、篠田龍馬
FP:室田祐希、清水和也、皆本晃、安藤良平、平田ネトアントニオマサノリ、逸見勝利ラファエル、森村孝志、加藤未渚実、西谷良介、田村友貴

出場なし
FP:檜山昇吾、田村友貴

マッチレポート

フットサル日本代表にとって2020年最初の親善試合は、スペイン1部リーグに所属するパルーロフェロールと行いました。昨年末にスペインへ移籍したフットサル日本代表の森岡薫選手と滝田学選手がプレーするクラブであり、日本人対決が実現した試合は3-2でフットサル日本代表が白星をあげました。

本遠征はAFCフットサル選手権2020(以下AFC本戦)前の最後の海外遠征となり、試合前のミーティングではブルーノ・ガルシア監督より「AFC本戦に向けていよいよ最終フェーズに入ってきている。スペインで手厚いサポートを受けてこれまで充実したキャンプができているが、去年のスペイン代表との試合では悔しい思いとともに大きな収穫があったはずで、そこでの学びをこの試合で発揮して日本のフットサルをこの街で披露しよう。AFC本戦が今日から始まるという気持ちで全員で集中して1戦1戦全力で戦おう」と選手たちをピッチへ送り出します。

この日のスターティング5は星翔太選手、星龍太選手、吉川智貴選手、八木聖人選手、関口優志選手が名前を連ねました。日本ボールでキックオフすると早々に攻め込みたい日本代表でしたが前線へ送ったパスを相手選手にカットされるとゴール付近まで攻め込まれますがGK関口選手が身を投げ出して左手でボールをかき出し、ピンチの芽を摘みます。前半3分、清水和也選手が相手ゴール付近でボールを持つ相手選手へ粘り強くプレスをかけてボールを奪取すると、相手GKとの1対1を制して待望の先制点をあげてチームに勢いをもたらします。直後の5分には逸見勝利ラファエル選手が左サイドで相手選手を抜き去るとGKの意表を突くループシュートを打ちますが、僅かにクロスバーを越えてしまい追加点には至りませんが、相手選手を押し込む時間帯増えていきます。日本がパスコースを消しながらハイプレスを続け、9分にはボールを奪った星翔太選手がそのままシュートを放ちゴール左上に突き刺さる豪快な追加点をあげます。点差が開き、攻めるしかなくなったパルーロフェロールは猛攻を仕掛けると日本のファールが積み上がり、14分には6つ目のファールを取られてしまい相手に第二PKを与えてしまいます。絶好のチャンスに会場は大盛り上がりをみせますがゴールマウスに立ちはだかる関口選手が相手シュートを体で弾き、得点を許しませんでしたが、直後に相手のカウンターから失点を喫してしまいます。ゴールを奪い相手に勢いが出てくると、相手の蹴り出したボールが日本代表選手の腕に当たったとの判定から2度目の第二PKを相手に与えてします。しかしGK関口が2度目のビッグセーブを見せて失点を許しません。拮抗した試合は2-1と日本代表の1点リードで前半を折り返します。

後半も日本が積極的に相手ゴールへ攻め込み、21分に星翔太選手が見方からのパスをダイレクトで落とすとボールを受けた星龍太選手がシュートを放ちますがボールは惜しくもサイドネット側に反れてしまいます。後半最初のシュートを打った日本に流れが傾きだすと、26分右サイドで相手を抜き去った森村孝志選手の早いクロスに平田ネトアントニオマサノリ選手がしっかりと合わせて3-1とリードを広げます。後半から交代で入った篠田龍馬選手が攻めては正確なスローで好機を何度も演出すると、守っては相手のカウンターに対して体を張ってピンチを防ぎ、日本ペースで試合が流れます。35分、シュート性の相手キックインが選手に当たりコースが変わってアンラッキーな形で追加点を奪われてしまいますが、その後の相手のパワープレーもしっかりと守り切り、2020年最初の親善試合を3-2で勝利で締めくくりました。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
凄く良いゲームでした。昨年末のスペイン代表戦以来の試合だったので、相手に勝ってチームの空気を持ち直すことと海外組との融合というものをテーマに臨み、いずれも収穫を得る事が出来ました。今日の対戦相手は今季ホームゲームではバルセロナとインテルモビスターにしか敗れていないというホームで強さを発揮する力のあるチーム相手に、また移動の疲労や時差というタフな条件の中で勝利する事ができたことに満足しています。今日のポジティブな結果とともに、チームに更なる磨きをかけて次戦に臨みたいと思います。

GK #1 関口優志 選手(名古屋オーシャンズ)
AFC本戦に向けていよいよ最終調整に入った中で、スペインでの初戦を勝利することが出来て良かったです。このスペイン遠征では、AFCの予選をイメージした試合日程になっているので、疲労感やゲーム感を感じながら残り2試合を戦って行きたいと思います。

FP #9 平田ネトアントニオマサノリ 選手(ADフンダオ)
今日の試合しっかり勝つことができて良かったです。まだまだ修正していかないといけないところがたくさんありますので、1日1日を大事にしていきたいです。

FP #11 星翔太 選手(名古屋オーシャンズ)
AFC本戦に向けて大事な初戦に勝てました。チームとしての武器である守備を強度高く出来たこと、ファールの基準に合わせて強度をコントロールできたことはAFC本戦に向けて大事な一歩になりました。攻撃やセットプレーを残りの時間を使って、より良いものにしていきたいと思います。

FP #12 森村孝志 選手(ヴォスクオーレ仙台)
今日からAFC本戦に向けて始まる第一戦と位置付けて臨んだ初戦、勝つことが出来て良かったです。残り2試合あるので、しっかり勝ち切って帰国した後の親善試合、AFC本戦へと繋げていきたいと思います。

スケジュール

1月30日(木) AM/PM トレーニング
1月31日(金) AM/PM トレーニング
2月1日(土) AM トレーニング
2月2日(日) 3-2 親善試合 vs O PARRULO FERROL 
(PABELLON MUNICIPAL A MALATA)
2月3日(月) PM トレーニング
2月4日(火) 20:30 親善試合vs PESCADOS RUBEN BURELA
(PABELLON VISTA ALEGRE)
2月5日(水) AM トレーニング
PM トレーニング
2月6日(木) 20:15 親善試合 vs O ESTEO F.S.
(PABELLON MUNICIPAL DE A FRAGA)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後のフットサル日本代表のスケジュール

2月19日(水) 国際親善試合 vs フットサルパラグアイ代表(北海道/北海きたえーる)
2月26日(水)~3月8日(日) AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020(トルクメニスタン/アシガバット)
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー