JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2022年 > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】フットサル日本代表、インドネシアに苦戦も4強進出を決める! AFCフットサルアジアカップクウェート2022 準々決勝

ニュース

【Match Report】フットサル日本代表、インドネシアに苦戦も4強進出を決める! AFCフットサルアジアカップクウェート2022 準々決勝

2022年10月05日

【Match Report】フットサル日本代表、インドネシアに苦戦も4強進出を決める! AFCフットサルアジアカップクウェート2022 準々決勝

フットサル日本代表は10月4日(火)、AFCフットサルアジアカップクウェート2022の準々決勝でフットサルインドネシア代表と対戦しました。

苦しみながらもグループステージを首位通過し、16大会連続のノックアウトステージ進出を果たした日本。初のベスト8進出で非常に勢いのあるインドネシアとの一戦を迎えました。

木暮賢一郎監督は、韓国戦、ベトナム戦に続き、GKピレス・イゴール選手、FP水谷颯真選手、オリベイラ・アルトゥール選手、吉川智貴選手、平田ネトアントニオマサノリ選手という5人を先発としてピッチに送り出しました。

グループステージでは、相手を圧倒して毎試合のように50本近くのシュートを放っていた日本でしたが、この試合ではインドネシアに危ない場面をつくられます。第1ピリオド2分にはGKのロングキックをゴール前でSAMUEL EKO選手に頭で合わせられ、ボールがポストをたたく場面もありました。

第1ピリオドの10分過ぎまでは日本が攻める展開となりましたが、それ以降は危ない場面が続きます。13分には左サイドから崩されましたが、ゴール前で吉川選手が体を張ってシュートをブロック。17分には攻撃参加したGKイゴール選手のシュートが相手GKに止められて、逆にカウンターを受けましたが、戻ってきた石田健太郎選手が相手の攻撃を食い止めます。第1ピリオドはどちらも譲らずにスコアレスで終了しました。

第2ピリオド開始早々、日本は水谷選手が出した横パスをカットされると、SAMUEL EKO選手にボールを運ばれてシュートを決められ、今大会初めて先制される展開となりました。それでも「まだ時間はあったので、慌てることはありませんでした。僕はむしろ吹っ切れました」という金澤空選手の言葉通り、日本はここから勢いを増していきます。

なかなかチャンスを生かすことができなかった日本でしたが、31分には右サイドでボールを持った18歳の原田快選手の仕掛けからチャンスをつくり、逆サイドに流れたボールを金澤選手がダイレクトでゴールに決め、同点に追いつきます。さらにその直後、相手のキックオフから日本はプレスを掛け、吉川選手が相手のミスを誘発。こぼれ球を狙っていたのは水谷選手でした。「自分が決めないといけないと思った」と言うレフティーが、ボールを相手のゴールに蹴り込んで日本が一気に逆転します。

残り時間が5分を切ると、インドネシアはパワープレーを仕掛けてきました。日本もGKイゴール選手を中心にゴールを守ります。35分には、カウンターの応酬となりインドネシアがチャンスをつくりかけましたが、日本の石田選手が倒れていたことからプレーを切り、場内はフェアプレーによって拍手に包まれました。残り2分を切ったところで、日本は相手の攻撃を食い止めるとGKイゴール選手が、無人のゴールへパントキックを決めて3-1とリードを2点に広げました。

このまま勝ち切りたい日本でしたが、残り7秒でCKから1点を返されてしまいます。さらに日本はキックオフから時間をうまく使えず、もう一度カウンターを受けてしまい、相手のシュートがゴールネットを揺らしますが、シュートの前に試合終了のブザーが鳴ったため、このゴールは認められませんでした。

急速に力をつけているインドネシア相手に、薄氷を踏む勝利となりましたが、日本は2大会連続での準決勝進出を決めました。10月6日(木)の準決勝では、開催地クウェートを破ったウズベキスタンと戦い、2大会連続の決勝進出を目指します。

監督・コーチ・選手コメント

木暮賢一郎 監督
アジアカップのベスト8に簡単な試合はないと思います。終わってみてスコアが開くことは経験がありますが、基本的にはどのゲームもタフになることは間違いありません。点がなかなか取れずに、先制されるシチュエーションでしたが、短期間で全選手が成長した姿をピッチ上で示してくれたと思っています。チームは間違いなく、優勝するチームに値する成長曲線を描いていて、タフに強く団結している状況がつくれていると思います。

高橋健介 コーチ
2020年のアジアカップはインドネシア代表監督として指揮する予定だったので、複雑な思いはあります。インドネシアは素直に良いチームだったと思いましたし、今回、4人、5人は主力選手がけがで来られていなかったことを考えると、これからアジアの中でも上位に入ってくる力のある国なのではないかと思いました。知っていることを日本の選手たちに伝えて、サポートした試合で、一生の思い出になる試合になりました。

GK #1 ピレス・イゴール 選手(バルドラール浦安)
インドネシア代表はとても高いレベルにあり、本当に難しい試合でした。最初に失点をしましたが、試合に集中することができ、逆転を信じて戦えました。タフな試合でも一人一人が良い仕事をすると同時に、チームワークを示せたと思います。とてもうれしいですし、少し喜んでから準決勝のことを考えたいと思います。日本代表で初ゴールを決められたこともうれしいですが、それ以上に準決勝進出を決められたことが何よりもうれしいです。

FP #3 水谷颯真 選手(名古屋オーシャンズ)
自分のミスで先制を許したことで、メンタルは崩れていましたが、逆に「自分が絶対に点を取らないといけない」というメンタルに変えることができて、「どうしても点を取りたい」という気持ちでいました。絶対にチャンスはあると思っていましたし、自分が決めないと帳消しにはならないと思って絶対に点を取ろうと思っていました。吉川選手がプレスを掛けて足を出せば、絶対にこぼれてくると思ったので、いち早く反応できました。ミスをした悔しさもありますが、勝って反省ができるので前向きに捉えたいと思います。

ハイライト

YouTube(AFC):#ACFutsal2022 - Quarter-finals | Japan 3 - 2 Indonesia

AFCフットサルアジアカップクウェート2022

大会期間:2022年9月27日(火)~2022月10月8日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー