JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2020年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表候補 トレーニングマッチに快勝してキャンプを終える

ニュース

フットサル日本代表候補 トレーニングマッチに快勝してキャンプを終える

2020年11月12日

フットサル日本代表候補 トレーニングマッチに快勝してキャンプを終える

フットサル日本代表候補は、11月9日より高円宮JFA夢フィールドで活動をスタートし、10日に2部のトレーニングを実施、最終日の11日にはFリーグ所属の立川・府中アスレティックFCとトレーニングマッチを行い今回のトレーニングキャンプを打ち上げました。

2日目は、先月各セッション2時間しっかりと強度の高いトレーニングを行っていたのに対して、今月は代表チームの戦術やセットプレーの確認に多くの時間を割き、試合に向けた戦う準備をしっかりと行いました。その中でも、ブルーノ監督がミーティングで触れたピッチでは120%の力で取り組むという部分は要求し、選手たちは動きの細部にこだわり、ピッチ内外で積極的にコミュニケーションを取っている姿が見られました。

最終日は10時から立川・府中アスレティックFCとトレーニングマッチを行いました。ブルーノ監督はチームミーティングで「シーズン中にこのような機会を提供してくれた対戦相手に感謝しよう。その上で、最初の1秒から最後の1秒まで代表エンブレムを胸に全力でプレーしよう。トレーニングでは高いパフォーマンスを全員が発揮していたが、試合のピッチで表現してほしい。また今回参加できなかった代表チームのファミリーの分までしっかりと戦おう」と伝えて選手達をピッチへ送り出しました。

トレーニングマッチはプレーイングタイム方式の1ピリオド20分2本で実施されました。第1ピリオド、相手チームに積極的に攻め込む日本代表候補チームでしたが相手の守備やGKの好セーブでなかなか得点が奪えませんでしたが、9分に仁部屋和弘選手が待望の先制点を奪います。その後は互いが攻撃を仕掛け合い、得点が生まれない緊張感の溢れる時間が続きますが、17分に皆本晃選手、18分に平田ネトアントニオマサノリ選手のゴールが立て続けに決まり、第1ピリオドを3-0で折り返します。第2ピリオドは日本代表のコンセプトである強度の高い守備で相手の攻撃の芽を摘んでいき、相手を圧倒する時間が増えていきます。23分に2度目の代表候補招集となった水谷颯真選手が味方の浮き球のパスを豪快にボレーで決めて追加点を奪うと、そこから立て続けに室田祐希選手、内田隼太選手、平田選手の複数得点が決まり、最終スコア8-1でトレーニングマッチを終えました。

度重なるAFCフットサル選手権の延期に活動スケジュールの変更を余儀なくされている日本代表チームですが、来月に年内最後の活動を行い継続的な強化を図ります。

選手コメント

FP 星翔太 選手(名古屋オーシャンズ)
なかなか勝てずに苦しい時間を過ごしていましたが、メンバー全員で最初の瞬間から最後まで戦い続けたことが結果につながりました。今日の試合の結果で何かが大きく変わるわけではないですが、今回の試合でできたことをスタンダードにして、自分達からアクションをとり続ける姿勢を変えずに進み続けます。

FP 皆本晃 選手(立川・府中アスレティックFC)
クラブチームとの練習試合で2連敗している状況だったので、より一層負けられない試合でした。2連敗する中で得られた大きな教訓を忘れることなく試合に挑むことができました。点差こそ最終的には開きましたが決して簡単な試合ではありませんでした。代表チームとしてこれ以上絶対に負けることができない大きなプレッシャーの中で勝てたことは次に繋がっていくと思います。また自分の所属するクラブとの対戦は特別な試合となりました。

FP 室田祐希 選手(ペスカドーラ町田)
この合宿を開催するにあたって関わってくれた方々のおかげで、今回も無事にキャンプを終えることができました。ありがとうございます。
自分は前回怪我で招集を辞退しましたが、またこの場に戻ってくることができて嬉しく思います。3日間という短い期間でしたが、全員が同じベクトルで練習することができました。最終日の府中とのトレーニングマッチも無事に勝利し、良い形でキャンプを終えることができました。また呼んでもらえるようにクラブチームに戻ってもがんばります。

FP 内田隼太 選手(立川・府中アスレティックFC)
直近の試合で2連敗していることもあり、代表の誇りや覚悟を再認識した上でこの試合に臨みました。自チームとの試合は複雑で不思議な感覚でしたが、代表チームの一員として結果を残せたことは大きな収穫だと思っています。しかし、チームとしても個人的にも改善すべき点は多々あります。ここで成長を止めず、より上を目指していけるように日々精進していきます。

スケジュール

11月9日(月) PM トレーニング
11月10日(火) AM/PM トレーニング
11月11日(水) 8-1 トレーニングマッチ vs 立川・府中アスレティックFC

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー