JFA.jp

JFA.jp

EN

ビーチサッカー日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2022年 > Intercontinental Beach Soccer Cup Dubai 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 【Match Report】ビーチサッカー日本代表 打ち合いの末、パラグアイに敗れる ~Emirates Intercontinental Beach Soccer Cup 2022

ニュース

【Match Report】ビーチサッカー日本代表 打ち合いの末、パラグアイに敗れる ~Emirates Intercontinental Beach Soccer Cup 2022

2022年11月03日

【Match Report】ビーチサッカー日本代表 打ち合いの末、パラグアイに敗れる ~Emirates Intercontinental Beach Soccer Cup 2022

日時:2022年11月2日(火)16:00キックオフ(現地時間)
会場:ドバイ/Kite Beach

ビーチサッカー日本代表 5 (2-21-42-2) 8 ビーチサッカーパラグアイ代表

【得点経過】
<1p>
1分 失点
2分 赤熊卓弥(ラソアペーゴ北九州)
6分 大場崇晃(レーヴェ横浜)
9分 失点
<2p>
3分 失点
6分 失点
9分 木船祐樹(アヴェルダージ熊本BS)
11分 失点
11分 失点
<3p>
1分 大場崇晃(レーヴェ横浜)
6分 失点
10分 松尾那緒弥(アヴェルダージ熊本BS)
11分 失点

スターティングメンバ
GK 河合雄介
FP 茂怜羅オズ、大場崇晃、松尾那緒弥、赤熊卓弥

サブメンバー
GK 宜野座寛也
FP 山内悠誠、奥山正憲、上里琢文、木船祐樹、齋藤凱也、田中颯

マッチレポート

試合開始のキックオフで、まさかの失点からのスタート。しかし、ビーチサッカー日本代表は大きく乱れることなくボールを回していきます。1分後には、前日の試合でも意識していた高い位置での守備時の駆け引きの中、大場崇晃選手(レーヴェ横浜)がタイミングよくプレッシャーをかけ、相手のバックパスを狙っていた赤熊卓弥選手(ラソアペーゴ北九州)がダイレクトで流し込み同点に追いつきます。6分には、見事な崩しを披露します。大場選手が相手コート中央からペナルティーエリア内の齋藤凱也選手(ソーマプライア沖縄)へスコップパスを送り、ワンタッチで逆サイドの赤熊選手に折り返すと、赤熊選手は胸で落とし、スペースに走りこんだ大場選手がジャンピングボレーで逆転ゴールを奪いました。終了間際、相手CKのリスタートに一瞬反応が遅れ失点。同点で1ピリオドが終了しました。

2ピリオド3分、相手に崩されてしまいます。GKからワンタッチで浮き球パスをアラに渡し、アラもワンタッチでサイドに逃げたピヴォに送り、ダイレクトでオーバーヘッドを決められリードを奪われます。ここからはボールを握る時間はあるものの、セットプレーに苦しめられます。2ピリオド6分には、再度CKからファーに走りこまれた選手にヘディングを決められます。9分には、松尾那緒弥選手(アヴェルダージ熊本BS)がサイドの1対1で相手を抜き、シュート性のボールをファーにいた木船祐樹選手(アヴェルダージ熊本BS)が決め1点差にします。しかし11分、立て続けに失点します。6分のCKの時と同じようにスローインからファーに走られた選手に決められ、続くCKでは、真ん中に走りこんだ選手がフリーになってしまい決められてしまいます。2ピリオドで3点差をつけられる苦しい状況のまま3ピリオドに入ります。

3ピリオドでは、相手の足も止まりはじめ、日本が主導権を握ります。1分には、ピッチ中央でボールを持った松尾選手から相手コート深いところに走りこんだ大場選手に浮き球パス、大場選手がそのパスをダイレクトオーバーヘッドで豪快に決めます。しかし6分、ハンドの反則をとられ、ピッチ中央付近からのFKを決められ三度3点差になります。10分には、相手フィクソとGKの間にうまく入り込んだ松尾選手に、GKの河合雄介(東京ヴェルディBS)からタイミングよくスコップパスが通り、松尾選手がヒールキックで得点をあげますが、3ピリオド終了間際、前のめりになった場面でバックパスがずれたところを相手に奪われて無人のゴールへ流し込まれ、3点差のまま試合終了しました。

準決勝進出に向けて勝利がほしかった試合でしたが、セットプレーに苦しめられる試合となりました。

次戦は、11月3日(木)20:00(日本時間25:00)から、アジアの強豪・ビーチサッカーイラン代表と対戦します。

選手コメント

FP #2 田中颯 選手(東京ヴェルディBS)
昨日のアメリカ戦では、チームでやろうとしていたことが上手く機能していたので、今日のパラグアイ戦でも、引き続きやろうというのが、チームでの共通認識としてありましたが、今日は難しい状況を自分たちで作ってしまいました。
ただ、下を向いている時間はないので、切り替えて、イラン戦で必ず勝利し、次のラウンドへ進めるように全員で戦っていきます。

FP #17 木船祐樹 選手(アヴェルダージ熊本BS)
今大会、優勝を目標に掲げている中で第2戦を落としてしまいました。ビーチサッカーではセットプレーが勝敗を左右すると言っても過言ではないと思います。セットプレーで多くの失点をしてしまったことは反省すべき点ですが、しっかり修正して切り替えて、第3戦のイラン戦に勝つことだけに集中し良い準備をしたいと思います。
個人としては限られた出場時間の中でゴールを決めることができたことは自信になりましたが、より相手の嫌がるプレーができるよう熱く冷静にプレーしたいと思います。
現地会場でのたくさんの応援、映像を通してたくさんの応援本当にありがとうございます。ビーチサッカー日本代表として勝ちにこだわり、体現出来るように明日はチーム一丸となって戦いたいと思います。

Intercontinental Beach Soccer Cup Dubai 2022

大会期間:2022年11月1日(火)~2022年11月6日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー