JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会 TOP > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、連勝をかけていよいよ中国女子代表戦 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

ニュース

なでしこジャパン、連勝をかけていよいよ中国女子代表戦 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

2019年12月14日

なでしこジャパン、連勝をかけていよいよ中国女子代表戦 ~EAFF E-1 サッカー選手権 2019 決勝大会~

なでしこジャパン(日本女子代表)は中国との大会第2戦を翌日に控えた12月13日(金)、午前にトレーニング、また夕食前にはミーティングを行い、中国戦に向けてチームの意思統一を図りました。

冒頭15分のウォーミングアップ以降メディア非公開となったこの日のトレーニングでは、紅白戦形式で攻守の連携や約束事を確認。また、セットプレーにも時間を割いて、中国との試合に向けて具体的なトレーニングを1時間強行いました。しかし、このトレーニングの後、別メニュー調整が続いていた土光真代選手の離脱が発表され、これ以降は22人での戦いを余儀なくされます。「残り2試合、絶対に勝って」と言い残して帰国した土光選手を見送る選手たちは、中国戦、そして最後の韓国戦に向けて気持ちを新たにしていました。

夜のミーティングでは、中国戦に臨むにあたってチームとして押さえるべきポイントについて、高倉麻子監督から説明がありました。高さ・強さを全面に押し出して攻め込んでくる中国の特徴を十分に理解した上で最大限の警戒を払いながらも、近年の対戦結果(2017年E-1選手権〇1-0、2018年AFC女子アジアカップ〇3-1、アジア競技大会〇1-0)を冷静に受け止め、まずはなでしこらしいサッカーを表現することを強調します。高倉監督は続けて「1試合1試合、全力でやりきらないと意味がない。ギリギリの戦いの中から得られた課題に対して取り組んでいくことで更に成長することができる」と話し、絶対に優勝して帰ると定めた目標に加えてチームの、そして個々の選手の成長を促します。

なでしこジャパンの大会第2戦中国女子代表戦は、14日(土)15:55キックオフ予定です。

選手コメント

DF #13 清家貴子 選手(浦和レッズレディース)
チャイニーズ・タイペイ戦はどういった展開になるか分からない中で試合に入りました。早い時間帯に点が入って、チーム全体として硬さが抜けましたし、そこから個々の良さも出せてよかったと思います。初めて試合で組む選手も多かったですが、それぞれの特徴を把握することもできました。FKから得点することができましたが、点は常に取りたいと思っています。いつもイメージはあるものの、タイミングや飛んでくるボールのこともあるので、先日の試合ではうまくはまってよかったです。今のなでしこは、1試合ごとにしっかり課題を出して、それに対してひとつひとつ取り組む作業ができているチームです。ひとつひとつステップアップしているなという手応えを感じることができています。

DF #16 宮川麻都 選手(日テレ・ベレーザ)
チャイニーズ・タイペイ戦は9-0というスコアでしたが、どのゴールも日本らしさが出ていました。清家選手がセットプレーからヘディングで決めましたが、あのシーンはベンチから見ていてゴールの予感しかありませんでした。夏のワールドカップに出れなかったこともあり、今大会は自分らしく、持ち味の積極的な攻撃参加でチャレンジしたいと思っています。熊谷選手が不在ですが、こうした機会に、誰が出てもなでしこらしいサッカーをすることができる、そして結果を残せるようなチームにしていければと思います。

MF #6 杉田妃和 選手(INAC神戸レオネッサ)
初戦はベンチから見ていて、これまでのように中央から崩すとか、アーリークロスを上げるというプレーに加えて、深い位置からのクロスや、個人での突破が増えて、それも得点が奪えた要因かなと考えています。率直に、外から見ていて面白かったです。攻撃的な展開であれば、自分も積極的に前線に関わりたいと思ってプレーしています。ワールドカップで中国を見た印象として、フィジカルも強く、日本にはないがむしゃらさや泥臭さがあり、警戒しないと、と思います。そんな中で自分自身どんなプレーができるか楽しみです。

スケジュール

12月9日(月) PM 公式会見
TBC トレーニング
12月10日(火) TBC トレーニング
12月11日(水) 9-0 第1戦 vs.チャイニーズ・タイペイ女子代表(Busan Asiad Main Stadium)
12月12日(木) TBC トレーニング
12月13日(金) TBC トレーニング
12月14日(土) 15:55 第2戦 vs.中国女子代表(Busan Gudeok Stadium)
12月15日(日) TBC トレーニング
12月16日(月) TBC トレーニング
12月17日(火) 19:30 第3戦 vs.韓国女子代表(Busan Gudeok Stadium)

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

EAFF E-1サッカー選手権2019 決勝大会

大会期間:2019年12月10日(火)~18日(水)
会場:韓国/Busan Gudeok Stadium、Busan Asiad Main Stadium
女子出場国:チャイニーズ・タイペイ、中国、日本、韓国

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー