JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-23フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン池田太監督、MS&ADカップ2022を前に荻原健司長野市長を表敬訪問

ニュース

なでしこジャパン池田太監督、MS&ADカップ2022を前に荻原健司長野市長を表敬訪問

2022年09月30日

なでしこジャパン池田太監督、MS&ADカップ2022を前に荻原健司長野市長を表敬訪問

なでしこジャパン(日本女子代表)の池田太監督が9月29日(木)、長野県サッカー協会の戸谷典孝会長、MS&AD インシュアランス グループ ホールディングス株式会社の松浦俊嗣 広報・IR部長と共に、荻原健司長野市長を表敬訪問しました。

10月9日(日)になでしこジャパンがニュージーランド女子代表と対戦する「MS&ADカップ2022」の開催を前に行われた今回の表敬訪問は、2017年以来の長野県でのなでしこジャパンが戦う試合に向けてということもあり、荻原市長、松山大貴副市長からも温かく歓迎いただきました。冒頭の挨拶で池田監督は「来年の女子ワールドカップに向けた貴重な強化試合を、長野Uスタジアムという素晴らしい会場で戦わせていただけることに感謝申し上げます」と話し、日頃から女子サッカー発展にも注力いただいている長野という地域への御礼を述べました。また、今大会の特別協賛社であるMS&ADグループ 松浦広報・IR部長からのご挨拶に対して荻原市長は「(MS&ADグループ主催の)恐竜口公園からスタジアムまでのウォーキングイベントがあるんですよね」と応え、試合当日のイベント「MS&ADなでしこウォーク in 長野」についても話題を広げていただきました。

歓談の中で、かつてアルベールオリンピックやリレハンメルオリンピックのノルディック競技で金メダルを獲得したオリンピアンである荻原市長と池田監督は、今回対戦するニュージーランド女子代表の特徴についてや、来年のFIFA女子ワールドカップに向けた南半球の気候に対する環境適応の準備についてなど、元アスリート同士ならではの会話を弾ませました。その後、「10·OGIWARA」のネーム加工を施した日本代表の新ユニフォームを荻原市長に贈呈し、それを着用いただきながらフォトセッションを行い、表敬訪問は終了しました。

市長表敬訪問の後は、池田監督とMS&ADグループ松浦 広報・IR部長が、試合の行われる長野Uスタジアム近隣の児童養護施設・三帰寮を訪問しました。今大会ではMS&ADグループによる同施設の子どもたちの観戦招待企画があり、松浦部長より寮長の野中宣彦様へ、手渡しで今大会の観戦チケットと記念品のサッカーボールが贈呈されました。贈呈後は訪問時に施設内にいた子どもたちや職員の方と記念撮影を行い、短い時間ながら池田監督が子どもたちとボールを蹴るなど、楽しい時間を過ごしました。

なでしこジャパンは10月6日(木)に兵庫県でナイジェリア女子代表との国際親善試合を、そして10月9日(日)にニュージーランド女子代表とのMS&ADカップ2022を戦います。

訪問者コメント

松浦俊嗣 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社 広報・IR部長
10月9日(日)長野Uスタジアムで開催される、サッカー日本女子代表・なでしこジャパンの国際親善試合「MS&ADカップ2022」に先立ち、9月29日(木)になでしこジャパン池田監督と共に、長野市役所を訪問し、荻原長野市長をはじめ関係者の方へご挨拶をしました。荻原市長はご自身も超一流のアスリートということもあり、お話からもスポーツ、とりわけサッカーで長野を盛り上げたいという想いが良く伝わってきました。その後、試合会場近くの児童養護施設・三帰寮を訪問し、観戦チケットやサッカーボール等を寄贈しました。子どもたちが、自分のサッカーボールを持って来て、池田太監督にサインをもらい、嬉しそうにしている笑顔が印象的でした。地元長野の皆さまと一緒に、MS&ADグループを挙げて「MS&ADカップ2022」盛上げます。頑張れ!なでしこジャパン!!

池田太 なでしこジャパン監督
なでしこジャパンが来年の7月に行われるFIFA女子ワールドカップに向けての強化として、10月に国際親善試合を行う中で、9日にはMS&ADグループさんの特別協賛をいただいて、長野Uスタジアムでニュージーランド女子代表と戦えることを嬉しく思っています。こういった一つひとつの試合を大切にしながら強化を進めていきたいと思います。
日本の方々に観てもらえる国内開催の試合も大切にしたいと思っています。なでしこジャパンの選手たちのゴールに向かう推進力や諦めない姿、ひたむきに戦う姿をお見せすることで、どんどん女子サッカーの素晴らしさを伝えて、「これからサッカーやりたいな」と思ってもらえるような試合にしたいです。そういった積み重ねによって来場者が増えて人気が上がり、普及に繋がり、そして応援されるチームになっていくのだと思います。選手たちもその意味を考えて戦ってくれると思います。
私は長野Uスタジアムには何度も訪れていますが、ピッチとスタンドが近くて選手の動きが見やすいですし、臨場感もあり、選手のプレー中の声もスタンドまで届くと思います。そういった素晴らしいスタジアムで試合ができることを楽しみにしています。

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー