JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン いよいよ一発勝負のノックアウトステージ、選手村の刺激を力に変えて臨むスウェーデン戦

ニュース

なでしこジャパン いよいよ一発勝負のノックアウトステージ、選手村の刺激を力に変えて臨むスウェーデン戦

2021年07月30日

なでしこジャパン いよいよ一発勝負のノックアウトステージ、選手村の刺激を力に変えて臨むスウェーデン戦

なでしこジャパンは29日(木)、ノックアウトステージ準々決勝 スウェーデン戦の前日トレーニングを行いました。

チームはグループステージのチリ戦翌日にオリンピック選手村に入村し、埼玉スタジアム2002で行われるスウェーデン戦に向けた準備に取り掛かりました。札幌、仙台とサッカー競技のベニューホテルでの生活から一変、各国各競技のトップアスリートが集う選手村の雰囲気に、選手たちはこれまでになかった刺激を得て、スウェーデン戦に向けた新たなモチベーションを自身の中に感じながら時間を過ごします。移動とリカバリーに費やしたチリ戦翌日を終えると、もうスウェーデン戦の前日という、改めて中2日の厳しさを味わいながらも、これぞオリンピックの醍醐味とばかりに動じることなく黙々と準備に向き合う選手たちからは頼もしさも感じます。

この日のトレーニングは、冒頭15分を報道陣に公開し、非公開後はセットプレーや戦術を確認すると同時に、引き分けのないノックアウトステージということで、GKを含む全員がPKを蹴ってトレーニングを締めくくりました。

対戦するスウェーデンはプレビューにもある通り近年の国際大会で上位に名を残し、まさに充実したチーム作りを進めてきました。優勝候補と目された女王・アメリカを初戦で3-0で下した勢いそのままにグループステージを首位で突破。なでしこジャパンにとって厳しい戦いになることは必至です。

東京2020オリンピック 準々決勝スウェーデン戦は埼玉スタジアム2002で今日30日(金)19:00キックオフ予定です。

選手コメント

DF #4 熊谷紗希 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
ここからが勝負というか、負けたら終わりですし、勝つしかない中で、連戦でコンディショニングに重きをおいてトレーニングしていますが、個人としてはいい状態で試合に向けて準備ができています。スウェーデンはサイドにスピードのある選手がいて、クロスからの攻撃が持ち味のチームです。ボールの出どころを抑えるのも一つポイントですし、自分たち守備陣が耐える時間は多くなる試合になるかもしれませんが、グループステージのカナダ戦、英国戦でできなかったことをしっかりと修正して、失点をゼロで押さえて、チャンスを呼び込んで勝利を狙いたいと思います。

MF #14 長谷川唯 選手(ACミラン/イタリア)
次からは引き分けもない状況で、やるしかない状況なので、チームとしてやるべきことを確認しながら、それを試合でぶつけるだけだと感じています。グループステージは課題の多い試合がたくさんあって、それでも準々決勝に繋がったというのは評価できると思います。試合の細かい部分の課題や修正点を上げるときりがないのですが、ここに残れたことが全てだと思いますし、チームとしてひとつになってしっかり戦えたということで、試合の中で成長できた部分もあります。そこは自信を持っていいと思うので、チャレンジャーの気持ちを忘れずに、全力でぶつかりたいです。

MF #20 林穂之香 選手(AIKフットボール/スウェーデン)
スウェーデンはいいチームで、自分たちはまずチーム一丸となって戦うというところをしっかりやって、一発勝負なので、必ず勝ちたいたいと思います。スウェーデンは体格がしっかりしていることに加えて技術もあるので、まずはきちっと止めて、自分たちがいかに攻撃に転じれるかがポイントになると思います。ここ2試合に出場して、緊張感がある中でも集中して最初から試合に入れていますし、そのあたりは自信になっています。スウェーデンでプレーしていて、予測の部分と、コンタクトするときは遠慮せず、絶対に奪い切るという強い思いで戦うことを心がけていて、その点はチームで共有したいところです。これまでの試合を経て修正点はありますが、映像も見てみんなで話し合っているので、ピッチで改善していくだけだと思っています。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー