JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 8日間のキャンプを打ち上げる

ニュース

なでしこジャパン 8日間のキャンプを打ち上げる

2020年10月27日

なでしこジャパン 8日間のキャンプを打ち上げる

なでしこジャパンは26日(月)、キャンプ最終日となる8日目を迎えました。この日は午前中にトレーニングを行った後に、解散となりました。

前日の25日(日)にいわきFC U-18と負荷の高い合同トレーニングを行ったこともあり、解散前のトレーニングではリカバリーをメインに楽しい雰囲気の中で1時間強体を動かしました。

期間中は全日好天に恵まれ、そのおかげで身体的にも気持ちの面でも最小限の負荷で活動することができました。最後のトレーニングもゲーム感覚の強いメニューでリラックスしますが、一方では、個々に取り組むべきテーマに向き合い、自チームに持ち帰ってそれぞれが次回までに強化してくる宿題が与えられます。

「このコロナ禍で世界の平和や人々の健康があった上で私たちはサッカーをさせてもらえていることを強く感じた」とミーティングで高倉麻子監督は話し始めました。「東京オリンピックが1年延期になるなど、大変な状況にある。でも、こんな状況だからこそ、スポーツの持つ力を自分から発信していってほしい」と続けると、その東京オリンピックに触れて、「私は金メダルが欲しい。みんなが金メダルを授与される姿を見たい」とあらためてチームの目標を共有して、8日間の活動を締めくくりました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
久しぶりの活動ということで、選手がどんな雰囲気で集まってくれるのか、楽しみでもあり、不安でもありましたが、選手たちは非常にポジティブな空気を出してくれて、新しい選手も今まで呼んできた選手もすごくフレッシュな気持ちできてくれたなというのが最初の印象でした。ピッチの上では、これまで取り組んできたことを振り返りつつ、それを思い出しながらトレーニングで再現して、新しく呼んだ選手にそれを落とし込みながら全体で精度を高めるという作業を行いました。今回の活動では守備に重点を置いてトレーニングしましたが、守備的なサッカーを目指すということでは全くなくて、あくまでチームを安定させるための土台となるのは守備という観点や、海外勢との対戦においては国内のレベルとは違う強度やスピードで外されることが多々あったという経験に基づいて、もう少し細部を詰めながら、その経験を生かして選手が想像できるように取り組みました。私たちの選手への要求と選手の成長がうまくリンクするように取り組んできましたが、選手の理解度は高まってきていると感じています。今回新しく呼んだ選手は代表に定着している選手に引けを取るとは思いませんし、合宿序盤で「これは選考が大変になるぞ」と頭を抱えそうになりましたが、それは嬉しい悲鳴でもあります。今回の活動では、Jヴィレッジの方々の支えの中で活動させて頂き、選手も窮屈な中できちっと感染予防をしてくれました。特にチームのメディカルチームには感謝したいです。

DF 南萌華 選手(浦和レッズレディース)
2018年のFIFA U-20女子ワールドカップが終わってからなでしこに定期的に呼んでもらい、若手の中では経験も多い立場だと思うので、上の人についていくだけではなく、オンの部分でもオフの部分でも自分からの発信を増やしていかなければという自覚はあります。ポジションがセンターバックということで、守備の声掛けはより一層やっていかないとという自覚も芽生えてきています。今回のキャンプでは守備に重点を置いて取り組んだのですが、これまでより細かくラインの上げ下げや横の選手同士の距離感を意識して取り組みました。男子相手にできた部分もありましたし、エラーが出た部分もありましたが、いいトライができた合宿になりましたし、今後につながるチャレンジができました。男子との合同トレーニングや試合を通じて、まだまだだなと感じた部分も多いので、まずはチームに戻って、腕の使い方や体を入れるタイミングをさらに強化していきたいと思います。

MF 北村菜々美 選手(セレッソ大阪堺レディース)
キャンプ初日はすごく緊張してて、全然話せなかったのですが、3日目、4日目から上の人とも話せるようになりました。代表はみんなひとりひとり技術があって、ボールを預けても取られないという安心感がありますし、細かいところまで言わなくても動いてくれるのでやりやすかったです。トレーニングではなかなか自分の良さを出せませんでしたが、前日の男子とのトレーニングマッチで自分の持ち味であるスピードに乗った攻撃参加からシュートまでいけたのはよかったです。海外のチームとの対戦を想定してトレーニングマッチも行いましたが、男子選手に置いていかれますし、今からスピードを上げることは難しいので、体作りをしないといけないと感じています。

スケジュール

10月19日(月) PM トレーニング
10月20日(火) PM トレーニング
10月21日(水) AM/PM トレーニング
10月22日(木) 2-1 トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高
10月23日(金) AM トレーニング
10月24日(土) AM トレーニング
10月25日(日) 1-3 トレーニングマッチ vs. いわきFC U-18
10月26日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー