JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ミーティングとトレーニングでチームコンセプトを共有

ニュース

なでしこジャパン ミーティングとトレーニングでチームコンセプトを共有

2020年10月21日

なでしこジャパン ミーティングとトレーニングでチームコンセプトを共有

10月20日(火)、福島県にあるJヴィレッジで行われているなでしこジャパンのトレーニングキャンプ2日目は、午前がチームミーティング、そして午後がトレーニングと、頭と体に働きかける1日となりました。

まず午前中に行われたチームミーティングでは、「久しぶりに集まったこともあるし、新しい選手もいるので」(高倉麻子監督)と、なでしこジャパンが目指すサッカーとはどういうものか振り返りました。サッカーの4つの局面(攻・守・攻から守・守から攻)におけるチームとしての約束事や、それを表現するために求められる個人の技術やグループとしての戦術について高倉監督が資料を使いながら説明します。最後は過去の試合映像を使い、狙い通りにプレーできていたシーンを見直すことで、全員で共通理解を深めました。

午後のトレーニングでは、なでしこジャパンのサッカーにとって命綱となるボールポゼッションをコンセプトにしたトレーニングが行われました。4対4や5対5のスモールサイドゲームに、常に攻撃側に加わるフリーの選手を1人配置したり、中央に1人しか入れないゾーンを作ることで工夫を促し、状況の変化に応じて細かくポジションを取り直すことや、課題のパススピードを意識した指導の声が飛びます。天候にも恵まれたこの日の2時間弱のトレーニングを終えた選手たちは充実した表情でホテルに引き上げていきました。

JFAは、乳がんの啓発活動である「ピンクリボン運動」に賛同し、「ピンクリボン月間」となる10月に行われる各種事業において同活動の啓発に取り組んでまいります。なでしこジャパンでも自ら学び、少しでも啓発活動に取り組めるようにと、チームにピンバッジや同活動内容が記された小冊子を配布しています。たくさんの方に支えて頂いているなでしこジャパンとして、こうした社会課題に向き合い、解決の一助となれるよう取り組んでいきます。

選手コメント

DF 松原有沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
久しぶりの代表活動ですが、この大変な状況の中で活動ができることに関して喜びを感じています。リーグでしっかりと結果を残した選手がなでしこジャパンに呼ばれていると思うので、私自身も、所属チームでやってきたことをここで、プレーで表現できればいいと思って参加しています。東京オリンピックの延期は残念ですが、個人的にはプラスに捉えている部分もあり、予定通り開催されていたら18人というメンバー枠に入ることは難しいと思っていました。1年延期になったことで、自分の長所や短所に向き合う時間ができましたし、なでしこジャパンとしてプレーを合わせていく時間が増えたことは良かったと思っています。

MF 塩越柚歩 選手(浦和レッズレディース)
正直なでしこジャパンのキャンプに選ばれるとは思ってなく、喜びもありますが、正直驚いています。初招集メンバーは高倉監督と個人で面談する時間があり、そこでこういうプレーがいいとか、足りないところについては話をしました。高倉監督はリーグ戦を見てくれていて、ボールを蹴る・止めるという部分はしっかりしているし、ミスも少ないと評価してもらいましたが、その分セーフティーなプレーが多く、もっと自分で突破したり、足を振ることができると思うという指摘ももらいました。なでしこジャパンでは、まずは自分を出すことが大事だと思っていて、その上でレベルが上がるチームの中で、状況判断も含めてもっといいものを出さないといけないと感じています。約1週間という限られた時間の中で自分のプレーをどれだけ発揮できるのか、そして貴重な経験になると思うので、多くの選手から色々なことを吸収したいです。

FW 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
7か月ぶりの活動ですが、久しぶりになでしこジャパンとして集まれたことは素直に嬉しいです。この合宿を開催するにあたり、たくさんの人が力を尽くしてくれたおかげだと感謝していますし、だからこそ有意義なものにしないといけないという自覚を持っています。やはりなでしこジャパンは目標とする場でもありますし、高いレベルの環境の中で、久々に一緒にプレーする選手も多く、初日は軽いメニューでしたが会話も弾み、久しぶりに楽しかったという感じでした。高倉監督と話すのも久々で、所属チームの話や他にもいろいろな話をしました。東京オリンピックが延期になって、色々と不安もある中で活動してきましたが、改めて東京オリンピックは大きな目標にしなければと思っています。チームとしていい準備をして、いいものを作り上げていきたいです。

スケジュール

10月19日(月) PM トレーニング
10月20日(火) PM トレーニング
10月21日(水) AM/PM トレーニング
10月22日(木) PM トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高
10月23日(金) AM トレーニング
10月24日(土) AM トレーニング
10月25日(日) PM トレーニングマッチ vs. いわきFC U-18
10月26日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー