JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > なでしこジャパン > MS&ADカップ2021 [7/14] TOP > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 東京オリンピック登録メンバーを発表

ニュース

なでしこジャパン 東京オリンピック登録メンバーを発表

2021年06月19日

なでしこジャパン 東京オリンピック登録メンバーを発表

日本サッカー協会(JFA)は18日(金)、千葉県内でオンライン会見を開き、東京オリンピックの登録メンバー18名とバックアップメンバーの4名を発表。18人という限られた枠に入る選手を「心を込めて選ぶ」と話していた高倉麻子監督が、会見でポジションと背番号、名前を読み上げました。

なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)サッカー競技(女子)【7.21~8.6】 MS&ADカップ2021【7.14@京都】

この会見で改めてキャプテンに指名された熊谷紗希選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)と、「チームの浮き沈みを背負う責任に期待する」と10番を与えた岩渕真奈選手(アーセナル/イングランド)は2012年のロンドン大会に続いて2回目の選出ですが、他の選手は初のオリンピック挑戦となります。しかし、18人中15人が2019年のFIFA女子ワールドカップを経験しており、さらにその中にはU-17世代、U-20世代のワールドカップで世界一に輝いた選手も多く、世界大会の経験には事欠きません。さらには、昨年10月の代表チーム活動再開時に代表初選出となった塩越柚歩選手(三菱重工浦和レッズレディース)や北村菜々美選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)といった新戦力の猛烈な台頭があったことも見て取れます。

また、バックアップメンバーには、なでしこジャパンでの経験が豊富な平尾知佳選手(アルビレックス新潟レディース)や三宅史織選手(INAC神戸レオネッサ)、活動の場を海外に移して成長著しい林穂之香選手(AIKフットボール/スウェーデン)と、飛び級でなでしこジャパン入りを果たした木下桃香選手(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が選ばれ、18人の登録メンバーを支えます。

世界の頂点に上り詰めた偉大な「奇跡のチーム」に追いつき、追い越す、そして再び日本を元気にするという思いを持って22名で東京オリンピックに臨みます。

女子委員長コメント

今井純子 女子委員長
このコロナ禍にあって、最前線でご尽力されている皆様に感謝申し上げます。本当に多くの方のご協力によってここまで代表チームの強化活動を重ねてくることができました。なでしこジャパンは10年前、ワールドカップに優勝し、社会に大きく、ポジティブなインパクトを残しました。この東京オリンピックでしっかりとしたパフォーマンス、最後まで諦めない心、粘り強く戦う姿をお見せすることで、現在の日本社会に再びポジティブなインパクトをお伝えしたいです。そして、多くの選手が当時のなでしこジャパンの活躍に影響を受けたように、今サッカーを頑張っている女子選手たちに勇気を与え、より多くの女子選手がサッカーをやりたいと思い、そして周りの大人もこの選手にサッカーをやらせたいと思ってもらえるような、そんな姿をぜひともお見せしたいと思います。今秋9月の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」開幕に向けていい波が作れるように、そしてこの開幕が女子サッカーの大きな大きな契機を作り出せるように、この東京オリンピックを頑張ってまいります。7月21日、オリンピック開幕に先駆けて女子サッカーが先陣を切って戦いを始めます。日本代表団にいい波を送れるように頑張ってまいりますので、応援よろしくお願いいたします。

監督コメント

高倉麻子 監督
これまでのトレーニングキャンプや遠征にたくさんの素晴らしい選手を招集してきました。まずは気持ち良く選手を送り出してくださった各チームに御礼を申し上げたいと思います。また、代表の活動に参加してくれた選手たち、一緒にトレーニングをしてレベルアップするために努力してきてくれた選手たちにも御礼を言いたいと思います。
先日のウクライナ女子代表戦、メキシコ女子代表戦を戦う中で、選手のパフォーマンスを注意深く見てきました。すぐ目の前に東京オリンピックが迫っている中で、選手の身体のコンディション、心の様子、そうしたものを観察しながら、選手の持つ特異性や特殊性を考え、あちらを立てればこちらが立たないという矛盾に向き合いながら、サッカーの中で起きる混沌にも似た状況の中で、誰を選べば今の日本の女子サッカーが持ち得るベストなチームを作れるかということを考え抜き、そして心を込めて18名を選びました。最後の1ピース、2ピースをどうするか、今朝まで悩みました。1時間ほど近所を散歩して、決心を固めて選んできました。選手個々の日頃の努力を間近で見て、どの選手も世界で戦える要素は持っています。メンバーを今朝決断して、自国開催となる東京オリンピックに向かう覚悟は決まりました。世界の女子サッカーの流れはレベルアップの速度が早く、フィジカルの強さを全面に押し出すチームが多い中で、私たちは自分たちの武器で戦うことを忘れずに、2011年、2012年、2015年に世界のトップで結果を出してきた「奇跡のチーム」に追いつき、追い越しせるようにがんばります。皆さんの熱い、温かい応援をどうぞよろしくお願いします。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

なでしこジャパン(日本女子代表)対 TBC
開催日:2021年7月14日(水)
会場:京都/サンガスタジアムby KYOCERA

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー