JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 流経大柏と青森山田との激戦は引き分けに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第18節

ニュース

流経大柏と青森山田との激戦は引き分けに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第18節

2022年10月17日

流経大柏と青森山田との激戦は引き分けに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EAST第18節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022EASTは10月15日(土)、16日(日)に第18節が行われ、各地で熱戦が展開されました。流通経済大学付属柏高校グラウンドでは流通経済大学付属柏高校(千葉)と青森山田高校(青森)が対戦。高体連のライバル校同士が熱い火花を散らせる攻防となり、1-1の痛み分けとなりました。

ピックアップマッチ

流通経済大学付属柏高校 1-1(前半1-0、後半0-1) 青森山田高校

「前半はかなり良かった」と流経大柏・榎本雅大監督が振り返り、「後半は相手を圧倒できた」と青森山田・黒田剛監督が語った通り、前後半で好対照なゲーム内容となります。

序盤から優勢に立ったのは流経大柏。「アウェイの雰囲気が初めての選手もいて、のまれてしまっていたところがあった」と青森山田のFW小湊絆選手(#10)が振り返ったとおり、流経大柏が攻勢を強めていきます。

それでも22分にはMF小栁一斗選手(#8)のクロスボールに小湊選手が合わせるチャンスなどをつくりましたが、先制点は流経大柏でした。32分、MF竹原伸選手(#10)のスルーパスから抜け出したMF菅野倖生選手(#44)が放ったシュートはポストを直撃。このこぼれ球をFW大堀柊人選手(#9)が蹴り込んで先制点を奪い、試合を動かしました。

苦しい流れになった青森山田はハーフタイムに3人の選手を一挙に交代。「監督に活を入れられた」(小湊選手)チームは、本来のプレーを取り戻して流経大柏を逆にのみ込んでいきます。シンプルに鋭く速くボールを運び、スローインを含めたセットプレーを駆使してゴールに迫ります。

対する流経大柏も「よく受けていたと思う」と指揮官が振り返ったように、この試合に向けて守備的MFとして新たに抜擢されたDF塩川桜道選手(#41)が中盤で奮闘を見せるなど青森山田の攻勢に対抗し続けます。「高校サッカー選手権でありそうな試合」と流経大柏DF大川佳風選手(#2)が振り返ったように、まるでカップ戦の決勝戦のような意地と意地のぶつかり合いとなりましたが、最後に粘りを見せたのは青森山田でした。

「最後のところで青森山田のほうがまだこだわっている」と大川選手が悔しがったプレーが生まれたのはアディショナルタイムに入った直後でした。MF芝田玲選手(#6)のCKから生まれた混戦で、DF西脇虎太郎選手(#3)が押し込み、同点ゴールが生まれます。

さらに追加点を狙う青森山田は後半のラストプレーでも交代出場のMF奈良岡健心選手(#11)の鋭い突破からのクロスを、ファーサイドでフリーとなった同じく交代出場のMF川原良介選手(#17)が合わせるビッグチャンスをつくり出しますが、このシュートが枠外へ外れたところで終了のホイッスル。笛と同時に両チームの選手たちが次々と倒れ込む死闘は、勝ち点1を分け合う形での決着となりました。

監督・選手コメント

榎本雅大 監督(流通経済大学付属柏高校)
前半の内容はかなり良かったと思っています。ただ、後半になって相手がガンガン来る中で受け身になってしまった。それが全てとも言えますし、あそこで相手をうっちゃる方法もある中で、それを出せないのは経験不足もあったと思います。ただ、逆転されてもおかしくない流れの中でドローに持っていったことは良かったと思います。

DF #2 大川佳風 選手(流通経済大学付属柏高校)
後半はかなり苦しかったです。前半のサッカーをそのままやれるのが一番でしたが、相手が選手交代とかで変わっている中でもやらないといけなかったですし、竹原選手が下がってからは攻撃のテンポも悪くなってしまいました。新しい選手が出て来ているけれど、プリンスリーグや県1部リーグで活躍している選手たちなので、すぐにこっちにも対応できていると思います。

黒田剛 監督(青森山田高校)
これはリーグ戦なので、たとえ(勝ち点)1でも積み上げることが大切になります。後半は保持率を上げて相手を押し込んでというサッカーもできましたし、そういう意味でも悪い結果ではなかったと思います。今年はメンバーを固定できていないと言われますが、逆に言うと誰が出ても問題ないくらいになってきたとも言えるのではないでしょうか。

FW #10 小湊絆 選手(青森山田高校)
(本来の主将である)多久島選手がけがをしてしまっているので、(キャプテンマークを巻いた)自分が引っ張らなければという気持ちはありますし、多久島が帰ってきてもポジションがないくらいのプレーをしようと話しています。後半は相手にチャンスもつくらせなかったし、いっぱいチャンスもつくれましたが、もっと前半からやらないといけませんでした。

その他の試合結果

桐生第一高校 1-5(前半0-0、後半1-5) 前橋育英高校
川崎フロンターレU-18 2-0(前半0-0、後半2-0) 横浜FCユース
市立船橋高校 0-2(前半0-1、後半0-1) FC東京U-18
柏レイソルU-18 延期 大宮アルディージャU18
横浜F・マリノスユース 2-3(前半0-2、後半2-1) JFAアカデミー福島U-18

桐生第一高校(群馬)と前橋育英高校(群馬)による群馬県高体連対決は、前半をスコアレスで折り返しましたが、後半に前橋育英が大量5得点を挙げて快勝しました。川崎フロンターレU-18(神奈川)は横浜FCユース(神奈川)と対戦し、MF岡野一 恭平選手(#11)とFW五木田季晋選手(#9)のゴールで勝利しました。市立船橋高校(千葉)と対戦したFC東京U-18(東京)は、FW熊田直紀選手(#11)の2ゴールで勝ち点3を手にしました。横浜F・マリノスユース(神奈川)とJFAアカデミー福島U-18の一戦は、33分までにAC福島が2点を先行し、このリードを生かして4試合ぶりの白星を挙げました。なお、柏レイソルU-18(千葉)と大宮アルディージャU18(埼玉)の一戦は延期となっています。

高円宮杯 プレミアリーグ 大会公式Twitter

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー