JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 優勝や残留に向けて!順位の近い同士の対決も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022第16節

ニュース

優勝や残留に向けて!順位の近い同士の対決も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022第16節

2022年09月30日

優勝や残留に向けて!順位の近い同士の対決も 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022第16節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022は10月1日(土)と2日(日)に第16節を開催します。

EAST

首位の川崎フロンターレU-18(神奈川)は前橋育英高校(群馬)との一戦を迎えます。開幕から第12節まで無敗を誇った川崎Fですが、リーグ中断明けからまさかの2連敗。スコアはいずれも0-1と僅差なだけに終盤戦に向けての踏ん張りどころと言えそうです。対する前橋育英はリーグ戦では7位と中位にいますが、夏に開催された令和4年度全国高等学校総合体育大会 サッカー競技大会では2009年以来、2度目の優勝を果たしました。自信を持って川崎Fとの勝負に臨むことでしょう。

2位の横浜F・マリノスユース(神奈川)は3位のFC東京U-18(東京)との上位対決に臨みます。中断明けの2試合を1勝1分けで勝ち点を伸ばしている横浜FMは、首位の川崎Fとの勝ち点差はわずかに1まで迫っています。前節は延期となりましたが、ここ2戦で7得点とリーグ最多の得点数を誇る攻撃陣は依然として好調を維持しています。一方のFC東京も直近3試合は2勝1分けと好成績を残しています。3試合で挙げた5得点のうち4得点が後半に生まれており、終盤に掛けての得点力が結果に直結しています。両者の勝ち点差は6と少し離れていますが、横浜FMが突き放すか、FC東京が食らいつくかで優勝争いの行方も大きく変わっていきそうです。

横浜FCユース(神奈川)と青森山田高校(青森)も順位が近い同士の戦いになります。6位の横浜FCは6勝3分け6敗、5位の青森山田は7勝1分け7敗で両者の勝ち点差はわずかに1です。前節、横浜FCはJFAアカデミー福島U-18(静岡)に、青森山田は前橋育英に勝利しており、連勝を懸けた一戦になります。横浜FCとプレミアプレーオフ出場圏の10位との勝ち点差も6と決して安心できるものではありません。ここで勝利して上位進出の足がかりをつかむのはどちらのチームになるでしょうか。

その他、桐生第一高校(群馬)とAC福島、流通経済大学付属柏高校(千葉)と大宮アルディージャU18(埼玉)、柏レイソルU-18(千葉)と市立船橋高校(千葉)の対戦が予定されています。

WEST

首位のサガン鳥栖U-18(佐賀)は7位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)と対戦します。リーグ最多タイの得点数とリーグ最少の失点数を誇る鳥栖ですが、第14節の大津高校(熊本)戦では90分に同点ゴールを決められ、今季2度目の5連勝はならず。前節は延期となっていますが、それでも2位のジュビロ磐田U-18(静岡)との勝ち点差は6としており、今節こそ勝利して首位固めといきたいところでしょう。第7節まで1分け6敗と未勝利だった広島は第8節から無敗をキープしています。現在5勝4分け6敗と勝率5割まであと1勝。前節の大津戦は86分にFW妹尾颯斗選手(#13)が決勝ゴールを決めて勢いの付く白星を挙げています。広島の快進撃はどこまで続くでしょうか。

2位の磐田は、8位のセレッソ大阪U-18(大阪)をホームに迎えます。開幕から上位をキープしている磐田は第11節の鳥栖戦から3連敗と苦しみましたが、第15節のガンバ大阪ユース(大阪)戦で連敗をストップ。9月25日(日)に行われた延期分の第6節の東福岡高校(福岡)戦は引き分けに終わりましたが、首位追走には白星が必要です。鳥栖と並んで最多ゴール数を誇るC大阪を抑え込んで勝利を目指します。対するC大阪は、8月以降は3連敗中と厳しい戦いが続きます。チームの最大の特長である攻撃力も影を潜め、この3試合はいずれも1得点。まだまだ上位に進出する可能性は残されているだけに、上位陣との対戦となる今節で久々の勝利を挙げたいところでしょう。

9位の履正社高校(大阪)と12位のG大阪の大阪対決も白熱必至です。履正社は15試合を戦い、8敗のうち1点差で敗れた試合が6試合と僅差のゲームで勝ち点に見放されている印象を受けます。プレーオフ出場圏の10位との勝ち点差は2と迫っているため、残りのゲームでどれだけ勝ち点を積み上げられるか注目されます。対するG大阪は2勝3分け8敗で最下位に位置しています。前節の磐田戦は62分までに3点をリードされる厳しい展開に。しかし、90分にキャプテンのFW南野遥海選手(#9)が意地の1点を決めて1-3で試合終了。この1点が次につながる一撃となるでしょうか。終盤の残留争いに向けて重要な一戦を迎えます。

その他、静岡学園高校(静岡)と名古屋グランパスU-18(愛知)、ヴィッセル神戸U-18(兵庫)と東福岡、大津と清水エスパルスユース(静岡)が対戦します。

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー