JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 大会方式について
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 大会方式について

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2020年06月18日

天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 大会方式について

6月18日(木)に実施された公益財団法人 日本サッカー協会2020年度第7回理事会において、天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会の大会方式が下記の通り決定しました。
先般ご案内した通り、9月16日(水)に都道府県32チームによる1回戦が開幕。9月23日(水)の2回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表15チームが出場します。J1チームは2020明治安田生命J1リーグ上位2チームが12月27日(日)に予定している準決勝から出場し、2021年1月1日(金・祝)に決勝を開催しますが、今回の理事会で承認された新たな大会方式では、2020明治安田生命J2・J3リーグより各上位1チームがそれぞれ準々決勝から出場して、計52チームによる8回戦のノックアウト方式で開催することに変更されました。
また、大会方式の変更および出場チームが通常の88チームから52チームに減少となっていることに鑑み、今大会に限り上位入賞チームの強化費を変更することが決まりましたので併せてお知らせします。

下線部が変更箇所】天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会 概要

スケジュール

1回戦 9月16日(水) ※都道府県代表32チーム出場
2回戦 9月23日(水) ※アマチュアシード、都道府県代表15チーム出場
3回戦 10月28日(水)
4回戦 12月12日(土)、13日(日)
5回戦 12月20日(日)
準々決勝 12月23日(水) ※J2・J3リーグ 各1チーム出場
準決勝 12月27日(日) ※J1リーグ 2チーム出場
決勝 1月1日(金・祝)

大会方式

52チームによるノックアウト方式
・J1リーグ2チーム(2020明治安田生命J1リーグ成績上位2チーム/決定方法は検討中)
J2・J3リーグ各1チーム(2020明治安田生命J2・J3リーグ成績上位各1チーム/決定方法は検討中)
・アマチュアシード1チーム(Honda FC/JFL)
・都道府県代表47チーム(所属する第1種加盟チームで、Jクラブを含まない)

※組合せ、会場は決定次第お知らせします。
※AFCチャンピオンズリーグ出場権について
 Jクラブ(AFCクラブライセンス取得クラブ)が優勝したら、AFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得します。
 上記以外のチームが優勝した場合は、AFCクラブライセンス未取得のため、J1クラブに振り替えられます。
都道府県選手権大会を含めた今大会の参加チーム総数は今大会2,432チームとなる予定です。(前回大会は2,619チーム)

◆チーム強化費について
<優勝>  150,000,000円(税別)⇒ 100,000,000円(税別)
<準優勝> 50,000,000円(税別)⇒   30,000,000円(税別)
<第3位>  20,000,000円(税別)⇒   10,000,000円(税別)*1チームあたり

【1回戦】9月16日(水)
【2回戦】9月23日(水)
【3回戦】10月28日(水)
【4回戦】12月12日(土)、13日(日)
【5回戦】12月20日(日)
【準々決勝】12月23日(水)
【準決勝】12月27日(日)
【決勝】2021年1月1日(金・祝)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

twitter

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー