JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第26回全日本U-15フットサル選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > U-15年代フットサル日本一を懸けた戦いが開幕 JFA 第26回全日本U-15フットサル選手権大会

ニュース

U-15年代フットサル日本一を懸けた戦いが開幕 JFA 第26回全日本U-15フットサル選手権大会

2021年01月10日

U-15年代フットサル日本一を懸けた戦いが開幕 JFA 第26回全日本U-15フットサル選手権大会

JFA 第26回全日本U-15フットサル選手権大会が9日(土)に開幕しました。会場の三重県営サンアリーナでは、新型コロナウイルス感染対策が徹底された中で、全国各地から集まった16チームが熱戦を繰り広げています。大会初日、各チームは1次ラウンドの2試合を戦い、グループDのドリームFC(関西2/大阪)が決勝ラウンド進出を決めました。

グループAでは、初出場のインテルナシオナルジャパン(関西1/兵庫)が唯一の2連勝を飾り、首位に立っています。今年は多くのサッカーの大会が開催されず、これまではスケジュールが重なり出場できていなかったクラブの参戦が実現しました。インテルナシオナルジャパンも、そんなクラブの一つで、フットボールスキルを遺憾なく発揮しています。大会2日目は、開催地代表の津ラピドFC(三重)と対戦し、初出場にして4強進出を目指します。

Fリーグ所属・フウガドールすみだの下部組織であるフウガドールすみだウイングス(関東/東京)、長岡JYFC(北信越/新潟)の入ったグループBでは、両クラブが2連勝をおさめています。1次ラウンドの最終節で対戦する両チームの一戦は、大会2日目で最も大きな注目を集める一戦となるでしょう。

2大会ぶりの優勝を目指すブリンカールFC(東海/愛知)は、初戦で北谷中学校(九州/沖縄)に10-2で勝利すると、第2戦でもエフスリーU-15に7-3で勝利し、このグループで唯一の2連勝。7人という少数で戦いながらも、際立った強さを示しています。第2節で初勝利を挙げたアスルクラロ函館U-15(北海道)が、どのように対抗するかは見どころになります。

グループDでは、ドリームFCがJフィールド岡山F.C(中国/岡山)とエスフォルソ(北海道)を破り、2連勝を飾りました。勝点が並んだ場合、当該チーム内の対戦成績で順位が決定する今大会。第3節で対戦する高知中学校(四国/高知)が2連敗を喫したため、ドリームFCの決勝ラウンド進出が確定しました。2大会前の準優勝チームである高知中に勝ち、1次ラウンド3連勝で決勝ラウンド進出を決めるか注目されます。

大会2日目の10日(日)には、1次ラウンドの最終節が行われ、いよいよ4強が出そろいます。今年最初のU-15年代王者に名乗りを上げるのは、どのチームになるでしょうか。

監督・選手コメント

若原宏昌 監督(インテルナシオナルジャパン)
僕自身もフットサルをやっていた時期がありましたが、フットサルのエッセンスを、サッカーを教える中で入れていきたいと思っています。球際、切り替えの部分、シュートでしっかり終わることなどに特化して取り組んできました。ゴール前の攻防で、サッカーのプレーにも有益なものが出ていると思います。2連勝を収めましたが、私たちは初出場なので1戦1戦、勝ちを目指して全力で戦いながら、新たな課題を見つけられたらと思います。

FP #22 山口大輝 選手(フウガドールすみだウイングス)
僕たちの世代にとっては、初の全国大会ということもあり、最初は動きが硬く、FKから先制される試合になりました。それでもベンチから声を出して逆転し、大量得点できました。2試合目も先制されましたが、練習から取り組んできた切り替えの早さを意識して逆転できました。高校サッカーにも多くの選手を送り出している長岡JYFCとの試合は初めてですが、この状況をしっかりと楽しんで勝って、全国優勝したいと思います。

FP #8 前原琉生 選手(北谷中学校)
初めての全国大会で2試合を戦いましたが、どの相手も強いです。菱形になった時のサイドの戻りがしっかりできなかったこと、キックインの時の守備の寄せの甘さもあって、失点が多かったと思うので、第3戦には修正したいと思います。フットサルの大会は、今大会初めて出ましたが、一人一人が役割をしっかり果たさないとすぐに失点をするので面白いと思いますし、サッカーにもつながると感じています。

FP #4 森紺 選手(高知中学校)
自分たちが練習したものの全てを出し切れないまま、終わってしまったかなと思います。ただ、今年は3年生の人数が少なく、メンタル面の弱さが課題でした。「点を取られても、ふてくされずにプレーしよう」と先生に言われ続けましたが、全国大会で差を付けられた中でもゴールを目指して戦い抜けたのは良かったです。明日の試合、勝っても決勝ラウンドには行けませんが、全敗で終わりたくはありません。力の差はあるかもしれませんが、全員で勝ちにいきたいと思います。

大会期間:2021年1月9日(土)~11日(月・祝)
大会会場:三重県/三重県営サンアリーナ

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー