JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会 TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURA BLUE、初戦へ向けて最終調整~EAFF E-1サッカー選手権決勝大会~

ニュース

SAMURA BLUE、初戦へ向けて最終調整~EAFF E-1サッカー選手権決勝大会~

2017年12月09日

SAMURA BLUE、初戦へ向けて最終調整~EAFF E-1サッカー選手権決勝大会~

EAFF E-1サッカー選手権決勝大会で2大会ぶりの東アジア制覇を目指すSAMURAI BLUE(日本代表)は12月8日(金)、初戦の朝鮮民主主義人民共和国戦を翌日に控えて、試合会場の東京・味の素スタジアムで公式練習に臨みました。

初戦での朝鮮民主主義人民共和国代表との対戦は前回大会と同じ組み合わせで、2015年夏に中国の武漢で行われた前回大会では、日本はその対戦を1-2で落とし、結果的に大会を最下位で終えた苦い思い出があります。2013年大会以来の優勝を目指す日本は、今回は好スタートを期しています。

FIFAマッチデー期間外のために今大会では海外組を招集できませんが、Jリーグでプレーする選手たちにとっては来年の2018 FIFAワールドカップロシア大会へのメンバー入りへ、アピールできる貴重な機会です。

「優勝するために初戦を必ず勝って勢いに乗りたい」と言うDF昌子源選手(鹿島)は、「まずはチームが勝つことを意識してやりたい。試合の入りがすごく大事になる」と話しています。

日本と朝鮮民主主義人民共和国との対戦成績は、前回大会の顔合わせを含めて7勝4分7敗です。FIFAランクは日本の55位に対して、朝鮮民主主義人民共和国は114位で、来年のロシア大会へのFIFAワールドカップ予選ではウズベキスタンと同組だったアジア2次予選で敗退しました。

現在、昨年5月に就任した元ノルウェー代表FWでオーストリアのザルツブルクなどで指揮を執ったヨルン・アンデルセン監督の下で、2019年AFCアジアカップ出場へ向けて強化を進めています。現在行われている最終予選では先月の対戦でマレーシアに勝利(4-1)。1試合を残して突破圏内のグループ2位に付けています。

今大会のメンバーにはスイスのFCルツェルンでプレーするFWチョン・イルグァン選手など、3位だった前回大会経験者数名と、J2でプレーするDFキム・ソンギ選手(町田)、MFリ・ヨンジ選手(讃岐)、FWアン・ビョンジュン選手(熊本)も含まれています。

日本はこの日、大半を非公開にして行われた練習で、チームは戦術の確認など最終調整を行ないました。

前回大会にも出場したMF倉田秋選手(ガンバ大阪)は朝鮮民主主義人民共和国について、「以前は大きなFWにロングボールというイメージだったが、繋ぐ意識もありそう。状況を見ながらやっていければ」と話しています。

また、今回初選出のFW阿部浩之選手(川崎)は、「この数日間でチームのやり方はある程度は落とし込めた。バランスを見ながら自分の特徴をうまく出せればいい」と意気込みを見せていました。

今大会では4チームが1回戦総当たりで対戦し、日本は9日(土)の朝鮮民主主義人民共和国代表戦に続いて、12日(火)には中国代表、最終日の16日(土)には前回大会優勝の韓国代表と対戦します。

9日(土)の日本代表と朝鮮民主主義人民共和国代表の試合は19:15キックオフの予定。第1試合の中国代表対韓国代表戦は16:30開始予定です。

選手コメント

DF #3 昌子源 選手(鹿島アントラーズ)
朝鮮民主主義人民共和国戦は初戦で難しいと思いますが、全力で戦いたいです。失点しなければ負けないですが、点を取らないと勝てないので、そこはしっかり意識して全員守備、全員攻撃でやっていければと考えています。チームが勝つことを考えたら、自然といいプレーができるものですし、チームが勝てば自然と出たメンバーには良いアピールになります。まずはしっかり3つ勝つことを意識したいです。

DF #6 三浦弦太 選手(ガンバ大阪)
チームはいい雰囲気でいい練習ができていると思いますし、僕自身も楽しんで充実した練習ができています。DFとして相手のFWに対して何も仕事をさせないことが大事です。高さ勝負で負けないこと、相手のストロングを出させずに、自分たちのサッカーをしっかりやって内容と結果で勝っていきたい。前回大会は結果が出なかったので、そこによりこだわってやっていきたいと考えています。

FW #7 倉田秋 選手(ガンバ大阪)
所属チームの調子が上がらない中でも呼んでもらったので、そのチャンスを活かすか活かさないかは自分次第。ここでチャンスをつかみ取りたいです。そのためにもチームで勝って優勝しないと全員が評価されないと思うので、まずはチームで優勝できるように戦っていきたいです。急に集まったチームなので上手くいかないことも多いと思うので、チーム全員で話し合って戦っていけたらと考えています。

FW #18 阿部浩之 選手(川崎フロンターレ)
監督からの要求は多いですし、高いと思いますが、選手にとって必要なことです。縦の速さなど、吸収することを楽しんでいます。明日は誰が先発か分かりませんが、(メンバーの)ほとんどの人を知っているので問題なくやれると思いますし、ちょっとしたズレがあれば、その場で修正できると思います。

スケジュール

12月4日(月) 17:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月5日(火) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月6日(水) PM トレーニング【一般非公開】
12月7日(木) PM トレーニング【一般非公開】
12月8日(金) PM 公式練習【一般非公開】
EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会
12月9日(土) 19:15 第1戦 vs 朝鮮民主主義人民共和国代表
(味の素スタジアム)
12月10日(日) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月11日(月) PM トレーニング【一般非公開】
12月12日(火) 19:15 第2戦 vs 中国代表
(味の素スタジアム)
12月13日(水) 11:00 トレーニング(味の素フィールド西が丘)【一般公開】
12月14日(木) PM トレーニング【一般非公開】
12月15日(金) PM トレーニング【一般非公開】
12月16日(土) 19:15 第3戦 vs 韓国代表
(味の素スタジアム)

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

JFA-TV

  • 昌子源 選手 (鹿島アントラーズ) インタビュー

  • 倉田秋 選手 (ガンバ大阪) インタビュー

  • 阿部浩之 選手 (川崎フロンターレ) インタビュー

Instagram フォトレポート

 

Japan Football Associationさん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 -

EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会

男女ともに、中国、日本、朝鮮民主主義人民共和国、韓国の4チーム総当りによるリーグ戦で東アジアサッカーの頂点を競います。12月8日(金)から16日(土)まで、男子は味の素スタジアム(東京)、女子は千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ/千葉)で行われます。

▼チケット好評発売中!

 

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー