JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島 委員会活動紹介(part 2)
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
JFAアカデミー

ニュース

JFAアカデミー福島 委員会活動紹介(part 2)

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
JFAアカデミー

2021年05月27日

JFAアカデミー福島 委員会活動紹介(part 2)

JFAアカデミー福島では寮内生活において委員会活動を実施しています。中学生から高校生までの選手たちが各委員会に所属し、日々の生活の中で活動を行います。委員会は、食事・エコ美化・用具・文化・保健の5つからなっていて、選手はいずれかに所属しています。また、寮内のルールなどを自分たちで決める自治委員会もあります。
どの委員会も、アカデミーでの生活を自分たちでより良いものにするために活動しています。そのためスタッフからの指示だけで行うのではなく、選手たちで話し合い、必要なことを自分たちで率先して行う姿も見られます。今回も前回に引き続き、各委員会の活動目的や内容を選手たちが紹介します。

アカデミー生コメント

西眞之介(12期生/高校2年:エコ美化委員)
私たちエコ美化委員会は、寮の綺麗さを保つことを目的として活動しています。具体的には、朝活動の際に部屋を見回ったり、ランドリーや学習室などみんなが使う公共の場を綺麗にしたりしています。毎週火曜日に定期的に活動しています。週の初めでもある火曜日に見回ったり公共の場の掃除をすると気持ちよく週のスタートをきれる、とても良い習慣になっています。そのためこれからは活動を継続して、より寮が綺麗になるように呼びかけや掃除を努力していきます。そしてアカデミー生がそれぞれ自覚を持ち、寮を常に綺麗な状態を保ち、活動を行わなくても済むようになってほしいです。

藤田颯斗(12期生/高校2年:保健委員)
私たち保健委員会は新型コロナウイルス感染症対策や、選手個人の清潔さなどを保つことを目的としています。そのためにシーツの回収と返却、それらの呼びかけやメディカルバッグの補充、コロナウイルスの対策として除菌のためのCELA水の補充、手洗いうがいの励行、それらを呼びかけるポスターの作成・寮内掲示をしています。保健委員会として、感染者が出ないように対策を徹底させていけるように活動していきます。

余田碧(13期生/高校1年:文化委員)
文化委員は、アカデミー生の生活が送りやすくなるように活動しています。活動内容は、朝の中学生の登校の見送りや公式戦の戦績表の更新、試合の写真撮影とそれらの寮内掲示です。登校の見送りの際には、時間に余裕がないアカデミー生が多いため余裕を持って行動できるように呼びかけています。他には戦績表も色々な方に見られるものなので、工夫して見やすく更新していこうと思います。文化委員の活動をもっと充実させてアカデミー生全員が時間に余裕を持って生活をして、生活を送りやすくしたいと思います。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー