JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > “横浜ダービー”は終盤に壮絶な点の取り合いに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第4節
アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

“横浜ダービー”は終盤に壮絶な点の取り合いに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第4節

アイリスオーヤマ
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2020年10月05日

“横浜ダービー”は終盤に壮絶な点の取り合いに 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東第4節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020関東の第4節が10月3日(土)、4日(日)に日産フィールド小机などで行われ、各地で熱戦が繰り広げられました。

ピックアップマッチ

横浜FCユース 2-2(前半0-1、後半2-1)横浜F・マリノスユース

3日の日産フィールド小机では、横浜FCユース(神奈川)と横浜F・マリノスユース(神奈川)による“横浜ダービー”が実現。「負けたくない相手」(横浜FC・MF中川敦瑛選手/#10)である同地域のチーム同士が、期待に違わぬ「ダービーにふさわしいゲーム」(横浜FC・早川知伸監督)を繰り広げました。

横浜FMの筒井紀章監督が「前半の最初は守備がはまっていた」と振り返り、逆に横浜FCの中川選手が「前半は守備のところで機能していなかった」と語ったように、序盤の主導権は横浜FMが握る展開に。6分には先発出場のビッグチャンスを得た1年生FW川村舞弥選手(#35)の見事なゴールで先制点も奪い取りました。

その後は横浜FCが盛り返す時間帯もあり、特に前半の終盤には相手ゴールへ迫るシーンも増やしましたが、得点は奪えず。ただ、「ハーフタイムで守備のスライドなどの戦術的なところと、気持ちの部分」(中川選手)を修正したことで、後半は開始から「全員でプレスに行くところが機能するようになりました」(中川選手)。

しかし、この勢いもPKのビッグチャンスを逃すなど得点には結びつきません。「絶対に負けられない相手だったので、僕が特に何かを言ったわけでもなく、選手たちが燃えてくれました。PKの失敗で逆に火がついたくらいです」と早川監督は振り返ります。PK失敗後の飲水タイムを使って「もう一度気持ちの部分で立て直せたことが大きかった」(中川選手)。86分に再び得たPKを中川選手が決めて同点とすると、88分にはまたしても中川選手が「DFもGKも見えていて、イメージ通りにボールを運べました」と振り返るドリブルからのファインゴールを突き刺し、横浜FCが逆転に成功しました。

ただ、「体力的に厳しくなっている中で逆転されてからも、『絶対に負けられない』という気持ちを選手たちが出してくれました」と筒井監督が言うとおり、ここから今度は横浜FMの選手たちが奮起します。90分、諦めずに再度の攻勢に出た横浜FMがMF角田惠風選手(#13)のミドルシュートで土壇場で同点に追い付き、試合は終了。双方の「絶対に負けたくない」という気持ちがぶつかり合ったダービーは、2-2の痛み分けとなりました。

監督・選手コメント

早川知伸 監督(横浜FCユース)
勝ちたかったですね。でも本当に選手たちは諦めることなくよく戦ってくれたと思います。横浜F・マリノスユースさんが相手ということもあって、選手たちは『負けてなるものか』という気持ちを出してくれたんだと思います。僕が活を入れたとか、そういうことではありません。選手たちが自分たちでああいう熱い気持ちを出してくれました。

MF #10 中川敦瑛 選手(横浜FCユース)
得点の一つはPKなので、自分が決めるだけでした。でも、2点目のゴールは自分でもイメージした通りにやれたと思います。(ボールを持ったあとに)DFが来ているのも分かっていて、うまく対応できたと思います。後半の飲水タイムのところが本当に試合のポイントだったと思います。最後は自分も足がつりそうになっていて、体力的な部分が失点につながってしまったと思います。

筒井紀章 監督(横浜F・マリノスユース)
90分間の最後まで選手たちはよく戦ってくれたと思います。最後に追い付くことができたことは本当に良かったと思います。後半は体力的な部分で難しくなってしまった面があったのは確かですが、私たちはアグレッシブに前から守備をするサッカーを目指しているので、そこを変えるつもりはありません。失点してしまった時間帯で、もっと試合をコントロールできれば良かったと思います。

MF #6 植田啓太 選手(横浜F・マリノスユース)
(第3節の)柏レイソルU-18戦では2点リードしてから追い付かれてしまい、そのまま試合終了にしてしまいました。今回の試合では、逆転されてしまう中でも最後まで諦めずにチーム全体で盛り返していけたところは良かったと思います。ただ、そもそも2失点してしまったところが課題ですし、自分自身のプレーについては満足していません。ボランチ(である自分)がもっとしっかりしなければいけない試合でした。

その他の試合

FC東京U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)流通経済大学付属柏高校
大宮アルディージャU18 1-1(前半1-0、後半0-1)市立船橋高校
浦和レッドダイヤモンズユース 1-0(前半0-0、後半1-0)柏レイソルU-18

FC東京U-18(東京)は58分のDF小林慶太選手(#13)のゴールで流通経済大学付属柏高校(千葉)を破り首位を奪還しました。市立船橋高校(千葉)をホームに迎えた大宮アルディージャU18(埼玉)は17分にFW大澤朋也選手(#9)のゴールで先制しますが、終了間際の90分に同点とされ勝点1を分け合いました。浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と柏レイソルU-18(千葉)の一戦は、89分にFW木下翼選手(#10)のゴールが生まれ、1-0で浦和が勝利しています。

大会期間:2020年9月5日(土)~2020年12月6日(日)

大会情報はこちら
高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 大会公式Twitter(外部サイト)

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー