JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島女子がサッカー教室を開催
トヨタ
ニチバン
モルテン
JFAアカデミー

ニュース

JFAアカデミー福島女子がサッカー教室を開催

トヨタ
ニチバン
モルテン
JFAアカデミー

2020年02月05日

JFAアカデミー福島女子がサッカー教室を開催

JFAアカデミー福島女子は2月1日(土)、第26回御殿場招待少女サッカー大会で小学生を対象にサッカー教室を開催しました。当日は大会に出場したU-12、U-10の選手たち、小学2年生から4年生の子供たちが約120名参加しました。

アカデミー生コメント

城和怜奈 選手(高2:10期生)
シュート、ドリブル、ポゼッション、GKの4つのグループに分かれて行いました。私のグループはポゼッションをやりました。小学生にどうやったらわかりやすく伝わるかを考えながら教えるのがとても難しかったですが、笑顔でプレーをしてくれ、終わった後に楽しかったと言ってくれたのがとても嬉しかったです。人にサッカーを教えることの大変さを改めて知ることができました。このような機会を作っていただき、ありがとうございました。

大場朱羽 選手(高2:10期生)
私はキーパーのグループを担当しました。人数が少ないかなと不安もありましたが、たくさんの子どもたちが参加してくれました。意外にも、フィールドプレーヤーでキーパーに興味を持ってくれている子が多くて、嬉しかったです。ジャグリングやスローイン、キャッチなどを教えて、最後は実践的なシュート練習とゲームを行いました。子供たちに教えるときはどうしたらうまく伝わるのか、楽しんでもらえるのかを考えながら取り組みました。教えることは簡単ではなかったですが、プレーがうまくいった時や感謝の気持ちを伝えられたときは嬉しい気持ちになりました。短い時間でしたが、元気な子どもたちと一緒にサッカーをすることでパワーをもらうことができました。サッカー教室に参加していただき、ありがとうございました。

佐藤朱莉 選手(高1:11期生)
私はポゼッションの担当でした。どのくらいの人数が参加するのか、どのくらいのレベルなのか分からない中でメニューとコートをつくりました。想像していたよりも参加人数が多く、元のコートのサイズだと狭くてごちゃごちゃしてしまい、サイズを大きくするなど状況に応じて変更することが多くて大変でした。実際に人数が多く、一人一人がボールに触る回数が少なくなってしまったのも事実です。それでも、終わったあとには「楽しかった」と笑顔で言ってくれる子が多くすごく嬉しかったです。サッカー教室の時間が試合の合間だったので疲労があったと思いますが、そんな疲労に負けず元気いっぱいの笑顔でボールを蹴っていた姿に私自身もたくさんの元気をもらいました。サッカー教室に参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー