JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 女子GKキャンプ、三日間の活動を終える
トヨタ
ニチバン
モルテン
指導者養成事業

ニュース

女子GKキャンプ、三日間の活動を終える

トヨタ
ニチバン
モルテン
指導者養成事業

2020年02月03日

女子GKキャンプ、三日間の活動を終える

2020年度第1回目の開催となる女子GKキャンプが1月31日(金)、静岡県静岡市のJ-STEPで始まりました。今回はU-23年代から10名、U-12年代から14名の計24選手が全国から集まりました。
初日はウォーミングアップから始まり、フィジカル測定、各カテゴリーに分かれてのトレーニングを行いました。また、夜はそれぞれのカテゴリーでミーティングをを実施。自己紹介やプレーの分析などを行いながら、コミュニケーションを深めました。翌日1日(土)は午前、午後と2回のトレーニング、最終日となる2日(日)は午前に1回のトレーニングを実施しました。U-23はブレイクアウェイやシュートストップ、U-12は基本姿勢などの基礎的なトレーニングを中心に行い、集中してGKのトレーニングに取り組みました。期間中は晴天にも恵まれ、限られた時間ではありましたが、同じGKのライバルであり仲間である24名の選手たちは、ともに取り組んだトレーニング、プログラム、ピッチ外での時間を通して成長した姿を見せてくれました。

女子GKキャンプ、次回は6月末にセレクションキャンプ(一般公募)として開催予定です。

コーチ・選手コメント

轟奈都子 ナショナルトレセンコーチ
今回はU-23年代の選手10名とU-12年代の選手14名を招集し、トレーニングキャンプを行いました。どちらのカテゴリーの選手たちも初日から積極的にコミュニケーション取り、トレーニングやミーティングのなかで少しでも多くのことを吸収しようと向上心を持って取り組んでいました。そのなかでU-23のグループでは、様々な状況に応じた的確な準備の重要性の理解が深まり、U-12のグループでは良い準備の意識や基本技術の理解の向上がみられ、3日間のなかでも選手たちの成長を感じることができました。今回のキャンプではテクニカルスタッフも帯同し、自分たちのトレーニングの様子をミーティングのなかで映像を観て振り返ることで自身の課題を明確に理解でき、非常に有意義な機会となりました。また、なでしこジャパンの大橋昭好GKコーチや、U-20日本女子代表の池田太監督も視察に来てくださり、選手たちにとっても多くの刺激があった充実した3日間になったのではないかと感じています。
選手を派遣していただいた各チームの関係者の皆さま、素晴らしい環境を提供してくださったJ-STEPの関係者の皆さま、今回のキャンプに対しご理解・ご協力いただき本当にありがとうございました。

水口茉優 選手(U-23/日体大FIELDS横浜)
今回のキャンプも、素晴らしい環境の中、同年代のGK選手とともに質の高いトレーニングを行うことができ、とても充実した3日間となりました。トレーニングでは映像を撮り、分析をしてフィードバックを行いました。映像を見ることによって、ポジショニングの細かいズレや自分のクセなどがわかり、また、課題だけではなく自分の強みを再確認することができました。今回学んだことと課題をしっかりと振り返り、改善して、さらにレベルアップできるようにコツコツと日々精進していきたいと思います。

伊藤有里彩 選手(U-23/前橋育英高)
今回のGKキャンプのトレーニングでは、ブロッキングやブレイクアウェイなどのゴール前での局面やプレー前、プレー中、プレー後、相手がどのように、どこにシュートやパスを狙っているかを判断する練習を行いました。その中でシュートを打たれる構えの姿勢やポジショニングを細かく、わかりやすく教えていただきました。私自身、プレー中の構えやポジショニングがシュートを止められるかどうかの大きな境目となっていて、それがどれだけ大切かを改めて感じることができました。また、同じポジションの仲間と切磋琢磨することで絶対に負けたくない気持ちと、もっともっと質の高いプレーを求めていかなければいけないと強く感じました。このキャンプに参加させていただくにあたって、全ての関係者の皆さんに感謝をし、これから活躍できるよう精一杯頑張っていきます。

梅澤ひかり 選手(U-12/児湯SCJr.)
私はダイビングが苦手で、トレーニングでは整った体勢を作ることができませんでした。なので、このキャンプで学んだことを大切にし、チームに帰っても細かいところまで意識してトレーニングに励んでいきたいです。前回参加したGKキャンプで会った選手もいましたが、今回初めて会う選手も多く、初めは名前を覚えることも難しかったのですが、たくさんコミュニケーションをとるように心がけました。今回のキャンプを通してたくさんのことを学びました。4月からは中学生になりますが、これからも努力し、サッカーを頑張っていきたいです。

福田みのり 選手(U-12/一宮FC)
今回のGKキャンプ、一日目はとても緊張していましたが、他の選手がたくさん話しかけてくれて、とても嬉しく、緊張がほぐれました。全国から選ばれた選手なのでみんなとてもうまく、私も負けていられないと強く思いました。苦手なところもトレーニングのおかげで少しずつできるようになり、とても達成感があってこれからも頑張ろうと思いました。またこのGKキャンプに参加できるよう、スキルアップしていきたいです。

スケジュール

1月31日(金) PM ミーティング・メディカルチェック
トレーニング
2月1日(土) AM/PM トレーニング
2月2日(日) AM トレーニング
PM ミーティング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

女子GKキャンプとは

将来のなでしこジャパンのゴールキーパー(GK)を発掘・育成するプロジェクト。
日本女子サッカーの強化・育成の鍵であるU-15(中学生)年代前後の選手を「強化」「育成」「普及」の観点から選出し、継続したトレーニングを行う。

詳しくはこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー