JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > JYDパートナー企業:モルテン株式会社 > 最新ニュース一覧 > インターハイ優勝の青森山田が大宮との接戦を制して首位を堅守 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第14節
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

インターハイ優勝の青森山田が大宮との接戦を制して首位を堅守 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第14節

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年10月11日

インターハイ優勝の青森山田が大宮との接戦を制して首位を堅守 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第14節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021EASTの第14節が10月9日(土)、10日(日)に行われ、各地で熱戦が展開されました。

ピックアップマッチ

大宮アルディージャU18 0-1(前半0-1、後半0-0)青森山田高校

所沢航空公園サッカー場では、残留争いの渦中にある大宮アルディージャU18(埼玉)と首位を走る青森山田高校(青森)が対戦。新型コロナウイルスの影響を受けてリーグ後半戦に当たる第10節以降の各節が順延になった中で迎えた試合は、双方にとって難しい部分のあるゲームでした。

大宮はこの中断期間に順延分の第9節と第10節を消化し、「8日間で3試合のプレミアリーグを戦うという初めての経験」(丹野友輔監督)に挑む形となりました。対する青森山田は全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会終了後から青森県の方針で県内全域の部活が制限されることとなり、対外試合やトレーニングに制限を受けながら難しい時間を過ごしてきました。8月の「高校総体決勝以来」(黒田剛監督)の試合となり、「ゲーム体力・ゲーム感覚の部分に不安はあった」(同監督)中での再開戦となりました。

双方それぞれの不安要素がある中で、試合は拮抗した状態で推移します。厳しいプレッシングを武器とする青森山田に対し、大宮はロングボールを使ってこれを回避する形を多用していきます。これは「前回の青森山田戦でもうまくいったやり方」(FW前澤拓城選手/#17)であり、「序盤は(相手が前から来たら)長いボールでいこうと決まっていた」(DF小澤晴樹選手/#15)ことでした。相手のもっとも得意とするショートカウンターの形を出させないことに成功した大宮でしたが、「ずっと蹴り過ぎてしまったかもしれない」と小澤選手が振り返ったように、大宮の良さが出にくい試合展開にもなっていました。

また丹野監督が「セカンドボールのところがポイントだった。あそこが緩くなって主導権を持っていかれてしまいました」と語ったように、アバウトなボールによる展開が増える試合の中で、セカンドボールの回収率で青森山田が上回り、徐々にゲームの流れを掴みます。そして迎えた33分でした。中央から右サイドに流れて抜け出したFW名須川真光選手(#9)のクロスボールに、逆サイドのMF田澤夢積選手(#16)がしっかりと合わせて先制点を流し込みます。

「高校総体で得点やアシストをできて自信がついた。シュートにも自信がありますし、(逆サイドからのクロスに対してゴール前へ詰めるプレーは)ずっとやっている形なので」と胸を張った3年生の一発が、均衡していたゲームの流れを大きく動かすこととなりました。

後半に入ると、1点のリードを保つ青森山田が攻守のバランスを保ちながらゲームを展開。田澤選手のシュートがクロスバーをたたき、CKに対するカウンターから絶好機を掴むなどチャンスもつくりましたが、ここは大宮の守備陣も粘ってゴールは生まれず。逆に大宮はボールを持つ時間が前半より長くなったものの、最後まで守備の意識と強度を保った青森山田を崩し切れず。終了間際にCKから交代出場のDF市原吏音選手(#27)が頭で合わせたプレーが最大のチャンスでしたが、これも枠の上へと逸れました。

結局、試合は1-0で終了。大宮の丹野監督は「やれることはやったし、今、日本一強いチームを相手にこの日程でこれだけ戦えた」と収穫に口にしましたが、「最後のところをやらせてくれなかった」と青森山田の堅守をこじ開ける方策を見出せなかったことを悔やみました。一方、青森山田の黒田監督は「体力的にはやはり戻っていなかったですが、この状況下で迎えた試合を勝ち切れたのは大きいですね」と、首位をキープする選手たちの奮闘を讃えました。

監督・選手コメント

丹野友輔 監督(大宮アルディージャU18)
中3日で臨む試合だったので、その間のトレーニングは相手対策というよりも回復に充てる時間が長くなりました。いろいろな考え方があると思いますが、こうした厳しい日程の中で戦うことは選手育成にとっても価値のあることだと考えています。ただ、最後のところではやはり連戦の疲労は出てしまったと思いますし、(守備時に)スカスカになってしまっているポジションも出てきたので、選手交代で補いました。

DF #15 小澤晴樹 選手(大宮アルディージャU18)
相手が前から来ることは分かっていたので、前半の立ち上がりにまずロングボールを使うことは考えていました。ただ、ずっと蹴ってしまう形になって自分たちの時間帯をつくれなかったのは反省点です。(青森山田は)クロスの質もそうですし、中で待つ選手の入り方もすごくうまくて、難しい相手でした。1年生だった昨年もこのリーグを経験させてもらっているので、そのときよりもやれている感覚はありますが、ビルドアップのところもリーダーシップのところももっとやれないといけないと感じています。

黒田剛 監督(青森山田高校)
90分の公式戦は本当に久しぶりだったので、どこまでやれるか分からない中での試合でした。それだけに一つの指標になるとも考えていましたが、後半の飲水タイム以降の選手たちを見ていると、やはりゲーム体力のところは戻っていないとも感じています。大宮は縦パスを中央に入れてからの攻撃が巧みなので、まずそこを抑えることを意識していました。得点シーンで逆サイドの選手が詰めるところは繰り返し言ってきたことなので、うまく決まった良かったです。

DF #3 多久島良紀 選手(青森山田高校)
(コロナ禍で試合や練習に制限を受けたが)「自分たちの番が来た」ということだと受け止めていました。ただ、90分ゲームをしていなかったので、やっぱりキツさも感じました。ホームの大宮戦もギリギリで勝っていたので、今日もギリギリの戦いになると思っていました。(大宮U-15から青森山田に来たのは)フィジカル面でもメンタル面でも、もっと成長するためだったので、今日の試合もそれを見せたいと思っていました。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 0-1(前半0-1、後半0-0)横浜FCユース
FC東京U-18 1-3(前半0-2、後半1-1)流通経済大学付属柏高校
市立船橋高校 0-1(前半0-0、後半0-1)横浜F・マリノスユース
柏レイソルU-18 2-2(前半2-0、後半0-2)清水エスパルスユース

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と横浜FCユース(神奈川)の一戦は、22分に生まれたDF本木紀慶選手(#2)のゴールで横浜FCが勝利しました。FC東京U-18(東京)のホームに乗り込んだ流通経済大学付属柏高校(千葉)は前半にMF小林恭太選手(#14)が2ゴールを挙げます。後半に1点ずつを加え、3-1で流経大柏に軍配が上がりました。市立船橋高校(千葉)と横浜F・マリノスユース(神奈川)は、互いに無得点のまま試合を進めていきましたが、64分にFW横溝広太選手(#10)のゴールによって横浜FMが勝利をつかみました。柏レイソルU-18(千葉)はFW山本桜大選手(#18)の2ゴールで先行しましたが、後半に清水エスパルスユース(静岡)に追いつかれ、勝点1を分け合う結果になりました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • PHILIPS

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー