JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > さいたまホワイトベースSS(埼玉県深谷市)

さいたまホワイトベースSS(埼玉県深谷市)

賛同するテーマ

  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

①知的障がいを有する中学・高校生の活動機会の確保
②生涯スポーツ及びインクルーシブフットボールの推進
③障がい者スポーツ指導者の育成

主な活動内容

・月2~3回の練習、他チームとの練習試合や大会参加
・障がい者のサッカー社会人チームとの合同練習
・社会活動及び交流


私達のグラスルーツ宣言

「サッカーで教える」をモットーに、共生社会の実現を目指しています。

上記宣言を具現化するための活動内容

・特別支援学校や特別支援学級等に所属する13歳~18歳の知的障がい者を中心として月に2~3回のスクール活動をおこない、活動機会の確保をしていく。
・全ての選手がゲームに参加してお互いに全力でプレーをする機会を確保することで、モチベーションを高めてスポーツを楽しむ活動経験を創造し、生涯スポーツの実現を目指していく。
・スクール卒業生に対して、本人や保護者の希望に応じた活動の場を確保するために、障がい者サッカーチームや社会人サッカーチームとの連携を図り、その橋渡しをしていく。
・スクール卒業後に所属したチームへスクール指導者を派遣して、フォローアップをおこなっていく。
・知的障がい者以外の障がい種サッカーとの交流やボランティア活動など、社会活動に取り組むことで社会活動の機会を確保していく。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー