JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > ローヴァーズ木更津FC(千葉県木更津市)

ローヴァーズ木更津FC(千葉県木更津市)

賛同するテーマ

  • ずっとEnjoy
  • だれでもJoin
  • 女子サッカー
  • 施設の確保
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

『人と地域をスポーツで繋ぐ』

世代、人種、障害の有無、
経済格差、性別を問わず、
すべての人がスポーツを楽しめる環境をつくる

主な活動内容

■サッカークラブ事業
■サッカースクール事業
■スポーツ施設事業

私達のグラスルーツ宣言

私達は、『人と地域をスポーツで繋ぐ』を合言葉に、世代、人種、障害の有無、経済格差、性別を問わず、すべての人がスポーツを楽しめる環境をつくることに取り組みます。

上記宣言を具現化するための活動内容

<引退なし>
小学生、中学生、高校生、社会人までの年代でチームを作り、定期的に活動しています。クラブがサッカー施設を運営しているため、卒業しても気軽にグランドに足を運び、サッカーを楽しむことができます。
<障がい者サッカー>
知的障がいサッカーの指導者ライセンスを持つコーチがいます。また、知的障がい者サッカーの日本代表やトレセン、指導者講習会といった活動にグランドを貸し出し、宿舎の手配や送迎のサポートをしています。船橋市の知的障がいを持つ小学生を対象とするサッカー教室も船橋市の生涯スポーツ課との共催で実施しています。そのサッカー教室には現役のJリーガーや、元Jリーガーを招待し、講師として一緒にサッカーを楽しんでいます。
<女子サッカー>
全ての女子が日常的にサッカーを楽しめるように、なでしこ広場の開催をしたり、女子サッカーチームとして活動をしています。下部組織の選手のお母さんを対象にしたママさんクリニックも毎週実施しています。
<施設の確保>
地域の人々が気軽にサッカーをはじめとするスポーツを楽しめるように、千葉県木更津市と印西市に2つのサッカー施設を運営しています。今後は茂原市にもサッカー施設をつくり、さらに木更津市で廃校を活用したスポーツ合宿施設を建設します。
<社会課題への取り組み>
ひとり親家庭や、住んでいるエリアにサッカーをする環境がなく、遠方から通っている選手のクラブ会費を減免する制度を導入しています。また、地元木更津市の児童養護施設に、毎年クリスマスプレゼントとしてサッカーボールを寄付しています。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー