JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > グラスルーツ > JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度 > 一般社団法人キッズブーケプロジェクト(東京都港区)

一般社団法人キッズブーケプロジェクト(東京都港区)

賛同するテーマ

  • だれでもJoin
  • 社会をSupport

団体の理念・ビジョン・方針

サッカーを応援することも「だれでもJoin」出来る方法だと思います。

子供達にとっては、好きなことを見つけ、夢に向かって一生懸命取り組んでいる大人に会い、交流したり体験することは、自分の夢や目標を見つけるきっかけになるかもしれない素晴らしい体験となっています。その感動やエールを伝えるために、花に気持ちを込めてブーケを制作し、選手に届けることで、スポーツに主体的に関わり、運営や選手を支えることで、小中学生に、ボランティアとして活躍する機会を作っています。

主な活動内容

子供達が作ったブーケ(花束)を持って、試合を応援し、選手に贈呈する。

私達のグラスルーツ宣言

私達は、『障がい者サッカー』の考え方を大切にし、子供達に様々な障がいがあることを知ってもらったり体験することにより、子供達のボランティア精神や個性を大切にする力を育み、共生社会を実現していってほしいです!

上記宣言を具現化するための活動内容

  • ・障がい者サッカー選手と、元日本代表サッカー選手とが一緒にサッカーを楽しむイベントを企画し、子供達はそれを見学・体験することにより障がい者サッカーを楽しむ。
  • ・オリパラ学校授業にて障がい者サッカー体験会を企画する。
  • ・オリパラ学校授業で、体験会について振り返りの授業をし、ブーケ制作する。
  • ・実際の試合に,学校授業やイベント・または当日制作したブーケを持参に、会ったことのある選手を応援!子供達は実際の試合を観ることで、障がい者サッカーのファンになる。
  • ・障がい者サッカーの試合に、子供達がブーケを贈呈するボランティアとして主体的に関わることで、沢山の子供達が試合会場に足を運び盛り上げる活動をしています。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー