JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 最新ニュース一覧 > 「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」を策定

ニュース

「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」を策定

2022年01月27日

「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」を策定

技術委員会は小学校4年生以下の年代に応じたゲーム形式を明確に示すため、「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」を作成しました。今後、各地域・都道府県サッカー協会等へ提案、展開し、「小学校1-4年生のゲーム環境整備」の一環としてガイドラインの普及に取り組んでいきます。

JFAスモールサイドゲーム ガイドライン
JFA Small Sided Game(SSG)Guideline

内容

1. はじめに
2. ガイドラインの基本的な考え方
3. 各年代での心身の特性とゲーム
4. ピッチマネージャーの配置・役割
5. 8人制との比較
6. スモールサイドゲームガイドラインに基づいた事業開催
7. 指導者の関わりの重要性

こちらからダウンロードしてご覧ください。

背景・経緯

2003年から始まったJFAキッズプロジェクトでは、U-10(小学校4年生)での8人制サッカーを推奨していました。当時はまだ、U-12(小学校6年生)年代では11人制サッカーを主流に行っていましたが、世界基準での選手育成の流れの中で、JFAは2011年にUー12(小学校6年生)年代の試合を8人制に変更しました。

小学校4年生以下については、指導指針等では「年代、発育・発達にあわせた少人数制サッカーを導入する」ことを伝えてはきたものの、2011年の変更の際に「Uー12以下は8人制」というイメージが強くなり、そのため小学校4年生以下であっても、小学校6年生と同じ8人制で行われることが多くなっています。

そこでのゲームの多くは、ボールを中心に人が集まる団子状態で、個々のプレーヤーがボールを扱うスペースがなく、サッカーの基礎的な技術を発揮することができない状況になっています。小学校4年生以下の子どもたちがゲームを楽しむためには、8人からさらに人数を減らし、ボールを扱うスペースを広くし、時間的な余裕がある中で技術を発揮しながらプレーできるゲーム環境がより適切です。

この考え方は世界のスタンダードでもあり、大人の都合や楽しみが優先されることなく、子ども、プレーヤーを中心に考えたゲーム環境の整備が急務です。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)資料請求&お問合せ
  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー