JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 最新ニュース一覧 > 2020年度 第12回理事会を開催

ニュース

2020年度 第12回理事会を開催

2020年11月20日

2020年度 第12回理事会を開催

日本サッカー協会(JFA)は、11月19日(木)、オンラインで第12回理事会を開催しました。

理事会では、9地域サッカー協会および47都道府県協会に交付する一括補助金について協議されたほか、先月の理事会でWEリーグの概要や方針が決まったことを受けて、WEリーグを含む女子リーグのクラブと選手に適用される「女子プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則」を制定することが決まりました。

また、フィジカルフィットネスライセンス(フィジカルフィットネスA/B/C級コーチ養成講習会)が新設されることも承認されました。
このフィジカルフィットネスライセンスは、日本人選手のフィジカルパフォーマンスのさらなる向上に向け、フィジカルの知識を持った指導者とフィジカルコーチの養成のために新設されるもので、2021年にフィジカルフィットネスC級コーチ養成講習会を、2022年以降にB級とA級コーチ養成講習会を開催することにしています。
なお、JFAフィジカルC級はC級指導者ライセンスを保有していること、フィジカルBはB級指導者ライセンスおよびフィジカルC級の保有者であること、フィジカルAはフィジカルB級を保有していることが受講条件となります。

そのほか、2022年以降の国体について報告がありました。
今年開催する予定だった第75回鹿児島国体は、2023年に延期されることが決まっています。国体実施委員会は10月15日に会議を行い、同国体の延期と2022年からサッカー競技に「少年女子(U-16)」の種別を導入することに伴う成年種別の開催順序について審議。その結果、2024年以降の国体への影響を最少限にとどめるため、成年男子を、第77回栃木国体(2022年開催予定)と鹿児島国体(2023年開催予定)の2年連続で実施し、その後、成年男子/成年女子を隔年で開催することとしました。
また各ブロック代表チーム数と決定方法が決まったことも報告されました。詳しくは「第12回理事会報告事項1」をご参照ください。

理事会の詳しい資料はこちら。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー