JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 最新ニュース一覧 > eラーニングにフットボールカンファレンス2019と障がい者サッカー指導の新コンテンツが登場

ニュース

eラーニングにフットボールカンファレンス2019と障がい者サッカー指導の新コンテンツが登場

2020年10月30日

eラーニングにフットボールカンファレンス2019と障がい者サッカー指導の新コンテンツが登場

現在多くの講習会・研修会が中止や延期を余儀なくされている中、ご自宅などで好きな時間に受講でき、リフレッシュポイントを獲得(※)できる「eラーニング」に新規コンテンツを追加いたしました。

昨年2019年に高知で開催されたフットボールカンファレンスより、「ベンチ―マーク国の取り組み」として取り上げたアイスランドとイングランドの講演を追加しました。また、クラブやスクールに障がいを持つ選手を受け入れる時や、そうした選手の指導に役立てられるように「障がい者サッカー指導」のコンテンツを作成しました。是非この機会に受講されてはいかがでしょうか。

(※)リフレッシュポイントについて
C級以上の指導者は、ライセンスを更新するためにリフレッシュポイント有効期間内に「必要獲得リフレッシュポイント数」の獲得が必要です。
eラーニングによるリフレッシュポイント獲得は、同一のリフレッシュポイント有効期間内に10ポイント(2コンテンツ)までと制限されております。3コンテンツ以降はポイント付与されませんのでご注意ください。誤って受講料をお支払いいただいても返金処理は致しかねますので、再度受講状況をご確認の上、お申し込みください。

新規コンテンツ

第11回フットボールカンファレンス2019 ベンチマーク国の取り組み アイスランド

アイスランドサッカー協会テクニカルダイレクター兼指導者養成ダイレクター アルナール・ビル・グンナーソン氏による講演です。

高知市と同じ人口34万人の国・アイスランドの代表チームの躍進についてグンナーソン氏は「選手一人ひとりの役割が明確である」ことを理由のひとつとして挙げ、その背景には「同じことを繰り返して明確化すること」に加え、「アイスランドでは小さい頃から友達同士でサッカーをして育っていき、親友たちでチームを結成する」と少ないチーム数の下でチームを成熟させていく、小さな国ならではの特徴を説明しました。

[サッカーライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002365]
[フットサルライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002366]

第11回フットボールカンファレンス2019 ベンチマーク国の取り組み イングランド[1]

U-18/20イングランド代表GKコーチ リチャード・ハーティス氏による講演です。

ハーティス氏による2018FIFAワールドカップロシアにおけるイングランド代表の活動やイングランドDNAの紹介、またイングランド代表のPK戦の戦略をガレス・サウスゲート監督のインタビュー映像も交えて紹介してくれました。

[サッカーライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002367]
[フットサルライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002368]

第11回フットボールカンファレンス2019 ベンチマーク国の取り組み イングランド[2]

イングランドサッカー協会指導者養成ダイレクター ジョン・ピーコック氏による講演です。

U-17イングランド代表監督でありながら指導者養成ダイレクターを長年務めてきたピーコック氏によるイングランドの躍進が決して偶然ではなく、様々なクラブのレベル、指導者、選手のパスウェイなど多岐にわたりイングランドDNAを教えてくれました。

[サッカーライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002369]
[フットサルライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002370]

障がい者サッカー 指導

障がい者サッカーのeラーニング教材が出来上がりました。誰にとっても生活しやすく、過ごしやすい環境にするための取り組みの一つです。
ワークブックをダウンロードしていただき、活動を通して学びの発見や気づきを書き込めるようにしています。楽しみながら学習していくうちに日々の指導現場に活かされるアイデアが生まれるかもしれません。また、よりよい指導者像が明確になっていくことと思います。
指導者としてのご自身と向き合う機会ととらえていただければ幸いです。

[サッカーライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002371]
[フットサルライセンス向け 講習会・研修会番号:000R10002372]

※「サッカーライセンス向け」、「フットサルライセンス向け」の違いについて
講義内容は同じです。サッカー指導者ライセンスにリフレッシュポイントを加算する場合は「サッカーライセンス向け」、フットサル指導者ライセンスにリフレッシュポイントを加算する場合は「フットサルライセンス向け」の研修会を受講してください。
対象を間違って研修会を受講されても、両ライセンス間のリフレッシュポイントの付け替えは行っておりません。また、受講前であっても受講料の返金は行っておりませんので、ご注意ください。

その他現在受講可能なeラーニング

・FIFA U-20ワールドカップポーランド2019 TSG報告
 [サッカー:000R10002297/フットサル:000R10002298]
・第43回全日本U-12 サッカー選手権大会報告
 [サッカー:000R10002299/フットサル:000R10002300]
・FIFA U-17ワールドカップブラジル2019 TSG報告
 [サッカー:000R10002301/フットサル:000R10002302]
・フットサルC級からB級への発展
 [サッカー:000R10002179/フットサル:000R10002180]
・JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12
 [サッカー:000R10001923/フットサル:000R10001925]

関連情報
アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー