JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、年内最終戦でキルギス代表に4-0快勝~キリンチャレンジカップ2018(11/20 vsキルギス代表@愛知)~

ニュース

SAMURAI BLUE、年内最終戦でキルギス代表に4-0快勝~キリンチャレンジカップ2018(11/20 vsキルギス代表@愛知)~

2018年11月21日

SAMURAI BLUE、年内最終戦でキルギス代表に4-0快勝~キリンチャレンジカップ2018(11/20 vsキルギス代表@愛知)~

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月20日(火)、キリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦し、DF山中亮輔選手(横浜F・マリノス)の代表デビュー戦初ゴールやMF原口元気選手(ハノーファー96)の前半のゴールなどで4-0と快勝。年内最後の国際親善試合を勝利で締めくくりました。

来年1月のAFCアジアカップに出場する両チームにとって、この一戦は大会を前に選手の力量や組み合わせ、チームの戦い方の浸透度などをチェックする良い機会。選手層に厚みを持たせたいと話していた森保一監督は、16日(金)のベネズエラ戦から先発全員を入れ替えて臨みました。

山中選手は初先発で代表デビューとなり、9月のコスタリカ戦ではサイドバックで交代出場したMF守田英正選手(川崎フロンターレ)は初先発で本職のボランチを担当。森保監督の下でここまで共に交代出場だったFW北川航也選手(清水エスパルス)とFW杉本健勇選手(セレッソ大阪)も初のスタートからのプレーで、DF三浦弦太選手(ガンバ大阪)は2試合ぶり、MF伊東純也選手(柏レイソル)、原口選手、MF三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)、DF槙野智章選手(浦和レッズ)、DF室屋成選手(FC東京)、GK権田修一選手(サガン鳥栖)は3試合ぶりの先発でした。

フレッシュな顔ぶれの日本は、開始2分でいきなり試合を動かしました。中盤で北川選手が相手を背負ってボールキープして杉本選手へつなぐと、杉本選手は左サイドを上がってきた山中選手へパス。これを受けた山中選手は「最初のチャンスだったので思い切って振り抜いた」と、左足で先制点をマークしました。

日本は三竿選手、守田選手の両ボランチを中心に前線へ縦のボールを送り、伊東選手と原口選手がサイドで仕掛けます。

すると、19分にドリブルで切り込む原口選手が相手に倒されてFKを獲得。これを原口選手自らが蹴ると、回転のかかったボールは相手GK手前でワンバウンドしてゴールに吸い込まれました。原口選手は7月の2018 FIFAワールドカップでのベルギー戦以来の得点です。

日本は25分と29分に伊東選手が左からのクロスにシュートを狙い、31分には杉本選手、37分には北川選手が相手ゴールに迫りました。

FIFAランキングで50位の日本に対して90位のキルギスは5-4-1で守備を固め、3トップ気味にシフトして攻撃しようと試みますが、伊東選手に再三ペナルティエリアまで持ち込まれ、35分に左サイドDFを交代。前半終了直前になってようやく右サイドからMFカイラト・ジルガルベク・ウール選手が中へ切れ込んでシュートを打ちましたが、枠を捕えることはできません。

後半も日本の一方的な展開になりましたが、少し攻めあぐねるようになるとベンチが動きます。59分にFW大迫勇也選手(ベルダー・ブレーメン)、MF堂安律選手(FCフローニンゲン)、MF柴崎岳選手(ヘタフェCF)を送り込み、その2分後には負傷退場となったDF槙野智章選手(浦和レッズ)に代わってDF吉田麻也選手(サウサンプトン)が入ります。

すると、再び前線での動きが活発になり、72分には、守田選手からの縦パスを受けた北川選手がヒールで大迫選手へ落し、大迫選手が相手GKの動きを見ながら冷静に右足を振って3-0とします。

その直後にMF中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)とMF南野拓実選手(ザルツブルク)も交代で登場すると、1分後の73分に南野選手―堂安選手―中島選手と素早くパスをつなぎ、最後は中島選手が右足でゴール。今年3月のマリ代表戦以来の得点で、森保監督の下で躍動してきた若手トリオで1点を生み出しました。

その後も中島選手、南野選手が相手ゴールを脅かし、89分には中島選手のCKに三浦選手が頭で合わせましたが、シュートがポスト内側を叩いたところをGKが捕えました。日本は代表経験の浅い選手と経験のある選手たちで4ゴールを挙げ、アジアカップ前最後の試合を勝利で終えました。

日本の次の戦いは来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で行われるAFCアジアカップで、2大会ぶり通算5度目の優勝を目指して戦います。

監督・選手コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督
今日の試合でスタジアムやメディアを通して応援してくださったみなさんにお礼を申し上げます。選手には「相手がどこでも高い基準を持って最後まで戦い抜こう」と伝えましたが、選手たちは自分たちが成長するための試合にしようと声を掛け合って試合に入り、点差が開いてもチャレンジを忘れずに、意思統一をしながらやってくれました。縦パスを入れるタイミングや、縦パスが入った後に個で局面を崩すだけでなく、連係連動の形をもっと多く出すところは課題ですが、現段階で選手たちがトレーニングでやっていることをやろうとしていたことは評価したいです。途中出場の選手が試合を活性化してくれたことは、ベネズエラ戦からチームの戦い方として修正できた点です。これからも途中出場の選手がしっかり役割を果たすことをやっていきたいと思います。たくさんの選手が経験してくれたことをこれからの成長につなげてくれると思っていますし、今できる最善のことはしてこられたと思っています。アジアカップ前最後の試合で、より高いレベルを目指して戦うことを選手たちが示したことは、大会へ向けて良い準備になりました。大会でも大会中に成長しながら結果を出したいと思います。

DF #5 山中亮輔 選手(横浜F・マリノス)
思ったよりも緊張せずに普通に試合に入れました。ああいうシュートは得意なので、吹かさないことを意識して、それ以外は体が勝手に動いた感じです。(デビュー戦で)出来過ぎたかと思いますが、試合全体で細かいミスがあったので反省して、また一からチームでやっていきたいと思います。

DF #22 吉田麻也 選手(サウサンプトン)
アジアカップへ今日の試合だけで評価するのは非常に難しいですが、相手どうこうではなく、自分たちがどうプレーするかに執着して、強度を落さないようにトライしたつもりです。アジアカップでは相手がベタ引きしてくると想定できますが、個で剥がせる選手が前にいることは武器になると思います。後ろはカウンターでやられないように90分間集中を切らさないことです。暑さや気候の違いもあるので、簡単にはいかないだろうと思っています。

MF #8 原口元気 選手(ハノーファー96)
チーム全体でどうやったらうまく行くかを考えながらプレーしました。キルギスが引いてきたので、引いた相手への良い練習になりましたが、アジアカップはそういう相手ばかりでもないので、臨機応変にチームと自分たちの良さを出せるようにしたいと思います。

MF #10 中島翔哉 選手(ポルティモネンセSC)
前回外していたので、今日は得点できてよかったです。チームメイトに感謝したい。前の選手だけでなく良い選手がたくさんいて、毎回ここに来るたびにみんなが引き出してくれるので、それをゴールや勝利につなげていけるようにプレーしたいです。

MF #17 守田英正 選手(川崎フロンターレ)
前半は自分のリズムでできましたが、後半のラスト10分は自分のミスが続いてボールの奪われ方が悪かったので課題だと思います。(大迫選手の得点場面の)縦パスはゴールにつながったので良かったです。今回、自分の特長は見てもらえたかと思います。

FW #13 北川航也 選手(清水エスパルス)
自分のパフォ―マンスは、前を向くところでは良かったところもありましたが、まだミスもあって、途中から入ってきた選手との差も感じられたので、そこは埋める必要があると思います。その選手たちよりも高い意識をもって、日々の練習をしないとならないと思いました。

アレクサンデル・クレスティニン キルギス代表監督
我々には残念な結果になりましたが、この試合を分析して今後のチーム強化につなげていきたいと思います。日本はいつものように自分たちのプレーをしていました。そうさせないようにしようとしたのですが、できませんでした。

スケジュール

SAMURAI BLUE(日本代表)のスケジュールはこちら

11月20日(火) 19:20キックオフ(予定)
愛知/豊田スタジアム
SAMURAI BLUE(日本代表)vs キルギス代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー