JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

FIFA World Cup Qatar 2022 ™

コスタリカ代表

11.27 SUN 19:00
Costa Rica

基本情報

国情報

正式名称
コスタリカ共和国
(英)Republic of Costa Rica
国旗
国面積
51,100平方キロメートル
人口
約509万人(2020年)
首都
サンホセ
言語
スペイン語

連盟情報

コスタリカサッカー連盟
(西)Federación Costarricense de Fútbol
(英)Costa Rican Football Federation
設立
1921年
FIFA加盟
1927年

最新FIFAランキング

31位
*2022年10月6日発表

ワールドカップ通算成績

出場回数
6回
最高成績
ベスト8

FIFAワールドカップカタール2022予選成績

北中米カリブ海 1次、2次予選免除
最終予選【4位/大陸間プレーオフ進出】
7勝 4分 3敗 得点13 失点8
対戦日 勝敗 スコア
2021/09/01 0 - 0(A)パナマ
2021/09/04 0 - 1(H)メキシコ
2021/09/07 1 - 1(H)ジャマイカ
2021/10/07 0 - 0(A)ホンジュラス
2021/10/10 2 - 1(H)エルサルバドル
2021/10/13 1 - 2(A)アメリカ
2021/11/12 0 - 1(A)カナダ
2021/11/16 2 - 1(H)ホンジュラス
2022/01/27 1 - 0(H)パナマ
2022/01/30 0 - 0(A)メキシコ
2022/02/02 1 - 0(A)ジャマイカ
2022/03/24 1 - 0(H)カナダ
2022/03/27 2 - 1(A)エルサルバドル
2022/03/30 2 - 0(H)アメリカ
大陸間プレーオフ
対戦日 勝敗 スコア
2022/06/14 1 - 0(ドーハ)ニュージーランド

SAMURAI BLUE 対戦成績

3勝 1分(得点10 失点2)

選手一覧

Goalkeeper
  • ケイロル・ナバス
    Keylor Navas
    パリ・サンジェルマン
    (フランス)
  • エステバン・アルバラド
    Esteban Alvarado
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • パトリック・セケイラ
    Patrick Sequeira
    クラブ・デポルティボ・ルゴ
    (スペイン)
Defender
  • フアン・パブロ・バルガス
    Juan Pablo Vargas
    ミジョナリオス
    (コロンビア)
  • ケイシェル・フジェル
    Keysher Fuller
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • オスカル・ドゥアルテ
    Oscar Duarte
    アルワフダ
    (サウジアラビア)
  • ブライアン・オビエド
    Bryan Oviedo
    レアル・ソルトレーク
    (アメリカ)
  • フランシスコ・カルボ
    Francisco Calvo
    コンヤスポル
    (トルコ)
  • カルロス・マルティネス
    Carlos Martinez
    サンカルロス
    (コスタリカ)
  • ケンダル・ワストン
    Kendall Waston
    デポルティボ・サプリサ
    (コスタリカ)
  • ロナルド・マタリタ
    Ronald Matarrita
    シンシナティ
    (アメリカ)
Midfielder
  • ダニエル・チャコン
    Daniel Chacon
    コロラド・ラピッズ
    (アメリカ)
  • セルソ・ボルヘス
    Celso Borges
    アラフエレンセ
    (コスタリカ)
  • ジェウィソン・ベネット
    Jewison Bennette
    サンダーランド
    (イングランド)
  • ブライアン・ルイス
    Bryan Ruiz
    アラフエレンセ
    (コスタリカ)
  • ヘルソン・トーレス
    Gerson Torres
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • ジュスティン・サラス
    Youstin Salas
    デポルティボ・サプリサ
    (コスタリカ)
  • イエルツィン・テヘダ
    Yeltsin Tejeda
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • ブランドン・アギレラ
    Brandon Aguilera
    ノッティンガム・フォレスト
    (イングランド)
  • ドウグラス・ロペス
    Douglas Lopez
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • ロアン・ウィルソン
    Roan Wilson
    グレシア
    (コスタリカ)
  • アントニー・エルナンデス
    Anthony Hernandez
    プンタレナスFC
    (コスタリカ)
  • アルバロ・サモラ
    Alvaro Zamora
    デポルティボ・サプリサ
    (コスタリカ)
Forward
  • アントニー・コントレラス
    Anthony Contreras
    エレディアノ
    (コスタリカ)
  • ホアン・ベネガス
    Johan Venegas
    アラフエレンセ
    (コスタリカ)
  • ジョエル・キャンベル
    Joel Campbell
    レオン
    (メキシコ)
Coach
  • ルイス・フェルナンド・スアレス
    Luis Fernando Suárez

マッチプレビュー

快挙を演じた8年前の主力に若い力の融合でサプライズを起こせるか

コスタリカは日本より早く、FIFAワールドカップでベスト8という新しい景色を見ることができた。2014年のブラジル大会である。グループステージで対戦したのはいずれもワールドカップ優勝歴を持つウルグアイ、イタリア、イングランド。この包囲網を2勝1分で首位突破を果たすと、ラウンド16ではギリシャと延長戦を含む120分間を1-1の後のPK戦で下し、初出場で16強入りした1990年イタリア大会を上回る準々決勝進出。2010年大会準優勝のオランダにも同じくスコアレスで食い下がったが、PK戦の末に力尽きた。スペイン、ドイツというワールドカップ優勝国と対峙するカタール大会で、その再現を夢見ていたとしても不思議はない。

8チームがホームアンドアウェイの2回戦総当たりで戦う北中米カリブ海最終予選では、前半戦と後半戦でくっきりとその戦いぶりが分かれた。最初の7試合は1勝3分3敗と勝ち点を伸ばせなかったが、その後は一転、6勝1分の快進撃。自動的に本大会出場権を獲得できる3位のアメリカと勝ち点で並び、4位となって大陸間プレーオフへ。ニュージーランドとのその決戦では、2014年大会でも活躍したジョエル・キャンベル(レオン/メキシコ)の決勝点、守護神ケイロル・ナバス(パリ・サンジェルマン/フランス)の好守などで1-0と競り勝ち、カタールへの切符をつかんだ。

カタール大会に臨むチームを支えるのは、前述のキャンベル、ナバス、MFセルソ・ボルヘス(アラフエレンセ)、センターバックのオスカル・ドゥアルテ(アルワハダ/サウジアラビア)、37歳となったMFブライアン・ルイス(アラフエレンセ)ら、2014年大会で快挙を演じたベテラン勢。22歳のストライカーであるアントニー・コントレラス(エレディアノ)、サイドアタッカーで起用される18歳のジェウィソン・ベネット(サンダーランド/イングランド)など、新鋭が成長中の力を発揮できれば、サプライズの可能性も膨らむ。

コロンビア人のルイス・フェルナンド・スアレス監督によれば、チームの持ち味は「高い要求に応えられる能力、献身性、気骨」。前回のロシア大会はグループステージ敗退に終わったものの、ブラジルにアディショナルタイムの2点を許すまでは、強豪の猛攻をはね返し続けた。逆に続くスイス戦では88分に勝ち越されながらも、アディショナルタイムに追い付き、2-2の引き分けに持ち込むという粘りを見せている。コスタリカとの試合は、最後まで気が抜けない我慢比べになるかもしれない。

FIFAワールドカップ 過去出場大会:5回
1990(ラウンド16)、2002、2006、2014(準々決勝)、2018

他の対戦国情報

ここでしか読めないコンテンツ満載!! JFA.jp SAMURAI BLUE トップページはこちら
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー