JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 社会貢献活動 > 国際交流・アジア貢献活動 > 最新ニュース一覧 > 香港サッカー協会、Jリーグを視察

ニュース

香港サッカー協会、Jリーグを視察

2015年09月02日

香港サッカー協会、Jリーグを視察

8月20日から23日までの4日間、香港サッカー協会(香港FA) CEOのMark Sutcliffe氏率いる香港FA4名が、香港プロリーグ改革の参考とするため、JFAおよびJリーグの取り組みを視察、研修に臨みました。

21日は午前中にJFAによる女子サッカーやグラスルーツ活動のプレゼンテーションを、午後はJリーグによる講義を聴講し、理念、リーグ構造、放映権の仕組み、クラブライセンスについて学びました。翌22日は日本プロリーグの運営を現場で学ぶため、埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズのホームゲームへ。浦和レッズさんのご協力を得て、運営周りをじっくり視察した後、ベガルタ仙台戦を観戦しました。

スケジュール

8月20日(木)   来日
8月21日(金) AM
PM
日本サッカー協会による研修 (東京都/JFAハウス)
Jリーグによる研修、日本サッカーミュージアムの視察 (東京都/JFAハウス)
8月22日(土) AM
PM
自由行動
埼玉スタジアム2002視察、浦和レッズ対ベガルタ仙台戦 観戦
8月23日(日)   帰国

香港サッカー協会 コメント

Mark SUTCLIFFE CEO
今回の研修を通して、香港プロリーグが進むべき道が見えました。Jリーグが行っている施策のいくつかは、我々にとってレベルが高すぎますが、実施可能な施策もあり、香港流にアレンジして進めていきたいと思います。今回の研修はリーグに関する研修でしたが、次回は代表についての視察を行いたいです。今回、来日して日本という国がとても好きになりました。いろいろと調整して下さった、JFA及びJリーグの皆様に感謝します。ありがとうございました。

Paul WOODLAND Head of Football Development
まず、JFA及びJリーグの皆様に感謝を申し上げます。研修を受け、日本サッカーが持っているリソースのすごさに驚きました。香港サッカーの発展のためには、日本サッカー協会の協力が不可欠です。パートナーシップを結ぶなどの方法により、今後も我々を手助けしていただきたいと願っています。

アーカイブ
社会貢献活動
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー