JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2019 [11/19] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、ベネズエラ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2019~

ニュース

SAMURAI BLUE、ベネズエラ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2019~

2019年11月17日

SAMURAI BLUE、ベネズエラ戦へ調整開始 ~キリンチャレンジカップ2019~

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月16日(土)、アウェイで戦ったFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選のキルギス代表戦から戻り、キリンチャレンジカップ2019ベネズエラ代表戦(19日、大阪パナソニックスタジアム吹田)へ向けて堺市内で調整を始めました。
チームはキルギス戦を戦ったメンバーから欧州でプレーする選手のうちDF吉田麻也選手(サウサンプトン)やMF南野拓実選手(ザルツブルク)ら9人が入れ替わり、森保一監督体制では初参加となるMF井手口陽介選手(ガンバ大阪)とMF古橋亨梧選手(ヴィッセル神戸)ら代表初選出4人の8人が合流しました。
多くの子どもたちを含めたファンがバックスタンドを埋めて、選手たちに大きな声援を送る中で始まった練習では、MF中島翔哉選手(FCポルト)、MF山口蛍選手(ヴィッセル神戸)、FW鈴木武蔵選手(北海道コンサドーレ札幌)らキルギスから移動してきたメンバーはランニングやストレッチなどの軽めの内容で体を動かしました。
一方、当地で合流したMF大島僚太選手(川崎フロンターレ)たちは、狭いエリアでの4対4の対人練習や、サイドへ展開してクロスに合わせてシュートする攻撃の練習を実施。17日(日)に広島で行われるU-22日本代表のU-22コロンビア代表戦でチームを離れている森保一監督に代わって指導した齊藤俊秀コーチから、ペナルティエリア付近で相手をはがず動きなど指示を受けながら取り組み、約1時間半、汗を流しました。

なお、アジア2次予選4連勝としたキルギス戦に出場したFW永井謙佑選手(FC東京)、MF柴崎岳選手(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、MF原口元気選手(ハノーファー96)、DF植田直通選手(セルクル・ブルージュKSV)はコンディションを考慮してホテルでの調整でした。また、GK中村航輔選手(柏レイソル)は所属クラブでの試合の都合で17日(日)の練習から加わる予定です。
また、この日は19日のベネズエラ戦の背番号も決定。井手口選手は14番、古橋選手は9番。同じく初選出のDF進藤亮佑選手(北海道コンサドーレ札幌)、DF荒木隼人選手(サンフレッチェ広島)、FWオナイウ阿道選手(大分トリニータ)はそれぞれ19番、22番、18番をつけることになりました。
この日の練習前には、堺市文化観光局の宮前誠局長が練習場を訪れてチームを激励し、堺市のサッカー少年少女約60人の選手たちは、それぞれのチームのユニフォームに身を包んでピッチ上で選手たちと記念撮影に臨み、弾けるような笑顔を見せていました。

17日(日)には森保監督がチームに戻り、非公開練習でベネズエラとの対戦に備えます。ベネズエラ戦は19日(火)19:25キックオフの予定です。

選手コメント

GK #1 川島永嗣 選手(RCストラスブール)
キルギス戦は厳しい試合でした。相手も個々の特長をうまく引き出している印象で、自分たちもピンチを招くシーンもあって、これまでと違う展開になったと思いますが、アウェイでの予選で勝点を獲れたのは良かったです。ただ、もっと、いろいろな意味で質を高めないといけないと思います。アジアの構図も変わってきていて、いろいろなチームがより質の高いプレーを目指していると感じます。次の試合でも選手は与えられたチャンスに集中して、自分が持っている個性をどれだけチームに運んでこられるかに集中することが一番だと思います。

DF #4 畠中槙之輔 選手(横浜F・マリノス)
移動疲れは少しありますが、こういうことも増えてきてだんだん慣れてきました。いつ出てもいいように準備していますし、出た時に良いプレーができるように気持ちを持っていくことも継続していきたいと思っています。タジキスタン戦、キルギス戦ではピンチになっても体を張って最後の最後でゴール防いでいます。今回吉田選手はいませんが、誰が出てもそこは継続して無失点でいきたい。出番をもらえたら、キルギス、タジキスタンで見て来たものを出したいと思います。

DF #16 室屋成 選手(FC東京)
多少移動疲れはありますが、試合までには合わせられると思います。試合に出たいですし、出たらいいパフォーマンスを見せたいと常に思っているので、いつも通りプレーしようと考えています。次は親善試合なので自分の特長やプレーを見せないといけないので、リスクを冒してでもどんどん攻撃的に前にプレーするべきかと思っています。

MF #14 井手口陽介 選手(ガンバ大阪)
練習でもすごくたくさんの人たちが見に来てくれて、注目される場所なんだなと改めて感じました。責任もありますし、良いプレーを見せていきたいと思います。森保監督になって初めて呼んでもらったので、自分の良さを練習からしっかり出さないと残っていけません。怪我を含めて、絶対に見返してやると言う気持ちでやってきたので、「ああいう経験があってよかったね」と思えるように結果を出していきたい。ゼロからのスタートだと思っています。

MF #20 山口蛍 選手(ヴィッセル神戸)
キルギス戦では時間も残り少ない中、ゼロで抑える役割でした。入った時にあまりコンパクトに守れていなかったので、相手に剥がされるシーンもあり、パスの出所が分かっていたので、そこをうまく抑えながら出きれば良かったと思います。次の試合は、時間はそれほどないので、試合に向けてどれだけコンディションをもっていけるかだと思います。

FW #21 鈴木武蔵 選手(北海道コンサドーレ札幌)
今回は新しい顔ぶれも加わって、また違った競争がある中で、与えられた時間でしっかりやりたいと思っています。キルギス戦は試合最後での出場だったので、チームを助けることを第一に考えながらゴールチャンスを掴めたらと思ってプレーしました。相手DFの癖を早く見つけて相手の裏を取ることが大事です。得点を意識して、チームでやることもしっかりやっていけば結果はついてくると思っています。次は札幌でやってきたことを試合で出したいと思います。

  • 鈴木武蔵 選手(北海道コンサドーレ札幌)インタビュー

  • 井手口陽介 選手(ガンバ大阪)インタビュー

  • 畠中槙之輔 選手(横浜F・マリノス)インタビュー

スケジュール

11月16日(土) 18:00 トレーニング(J-GREEN堺)※一般公開
11月17日(日) PM トレーニング
11月18日(月) PM 公式会見・公式練習
11月19日(火) 19:25 キリンチャレンジカップ2019
対 ベネズエラ代表(パナソニック スタジアム 吹田)

※スケジュールは都合により変更となる場合があります。

SAMURAI BLUE(日本代表)対 ベネズエラ代表
開催日時:2019年11月19日(火) 19:25キックオフ(予定)
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田
TV放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ
  • 2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 特設ページ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー