JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-22 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表、最終戦を前にコンディション調整~AFC U-23選手権タイ2020予選~

ニュース

U-22日本代表、最終戦を前にコンディション調整~AFC U-23選手権タイ2020予選~

2019年03月26日

U-22日本代表、最終戦を前にコンディション調整~AFC U-23選手権タイ2020予選~

2020年1月に開催されるAFC U-23選手権の出場権をかけて、ミャンマーで予選を戦っているU-22日本代表は25日(月)、翌日の最終戦を前にコンディション調整に務めました。

第1戦から中3日、第2戦からは中1日で迎える第3戦。キックオフ時刻は18:00と日が落ちてからとなるものの、蒸し暑さやマッチスケジュールの厳しい条件に変わりはありません。そのため、この日はグラウンドには向かわず、前日の試合に出場したフィールドプレーヤーはウォーキング、サブメンバーだった選手たちはジョギングをしてからアイスバス、ストレッチなどでリフレッシュ。コンディションの回復を図りました。

第3戦で対戦する地元・ミャンマーは、1月にブルガリア国籍のヴェリザール・ポポフ監督をU-23代表に招へい。予選に向けて、3月上旬にはアルビレックス新潟シンガポールを招いて国際親善試合をするなど強化を進めてきました。ミャンマーサッカー連盟は近年、Zaw Zaw会長を中心に育成年代から力を入れ、2015年にはFIFA U-20ワールドカップに初出場。地元メディアからの注目も高く、公式会見では鋭い質問が矢継ぎ早にポポフ監督へ。「新しいスタイルを取り入れるには時間もかかる。だが今は結果を求めている。AFC U-23選手権に出場したい」と監督もしっかり応戦していました。AFC U-23選手権への出場を虎視眈々と狙っています。

「非常に攻撃的なチーム。前線にタレントもいて、自分たちでボールを持ちながら攻撃に人数をかけてくる。攻守において難しい試合になる」と話すのは横内昭展監督代行。Iグループは勝点6で日本とミャンマーと並び、得失点差は日本が+14、ミャンマーは+11です。日本は引き分け以上でグループ首位となり、AFC U-23選手権の予選突破が決定。Iグループ2位となると、他グループ2位の上位4チームに入らなければいけません。

予選第3戦・対ミャンマー戦は26日(火)18:00(日本時間20:30)キックオフです。

選手コメント

DF #19 大南拓磨選手(ジュビロ磐田)
クラブでリーグ戦にも出場できるようになり、自覚や責任感も変わりましたし、自分がやってやろうという気持ちも強くなっています。コンディションもより作りやすくなって、良い感覚を持って試合に臨めています。明日の第3戦、まずはチームとして勝ち切ることが大事です。集中して試合に挑む準備がしたいですし、(ピッチに立てば)試合に出ている責任感を持って、無失点で切り抜けたいです。

MF #6 長沼洋一 選手(愛媛FC)
思った以上に暑く、(第2戦では)いつもより走る量が少なかったと悔しい思いです。もっと走りたかった。代表は活動機会が少ないので、コンビネーションで崩すことはもっとやっておきたいです。合わせることは難しいことですが、コミュニケーションを取って味方とのすり合わせを意識していきたい。(移籍して)新たな環境になりましたが、いろんなチームや監督、サッカーへの適応能力が上がったと感じますし、まだまだ上がると思います。シーズンを通して出続けながら良くしていくことは、試合に出なければわからないこと。出場しながら、アシストなど数字にもこだわりたいです。今回の予選でも、昨日は得点に絡むアシストができなかったので、対人の強さを出しつつチームの勝利に貢献したいです。

FW #13 岩崎悠人選手(北海道コンサドーレ札幌)
初戦に90分出場して、後半のゴールラッシュの波に絡めなかったことが悔しいです。あと1試合あるので、自分のかたちで思い切りよくゴールに向かっていければと思います。どんなところでも戦えるのは自分の強み。戦う姿勢、攻守の入れ替えは誰にも負けたくないです。日本は五輪への出場は決めていますが、U-20日本代表のときもそうだったように、予選はチーム作りにおいては本当に大事な試合。ホームである相手のペースに持っていかれないように、ミャンマー相手にしっかりゴールを決めて、勝ちたいです。

スケジュール

AFC U-23選手権タイ2020予選
3月22日(金) 8-0 第1戦 vs マカオ(ヤンゴン/Thuwanna Stadium)
3月23日(土) AM トレーニング
3月24日(日) 6-0 第2戦 vs 東ティモール(ヤンゴン/Thuwunna Stadium)
3月25日(月) AM トレーニング
3月26日(火) 18:00 第3戦 vs ミャンマー(ヤンゴン/Thuwunna Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-23選手権タイ2020予選

大会期間:2019年3月22日(金)~2019年3月26日(火)
大会会場:Thuwunna Stadium

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー