JFA.jp

JFA.jp

EN

U-20フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-20フットサル 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けてトレーニングキャンプを開始

ニュース

U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けてトレーニングキャンプを開始

2019年05月28日

U-20フットサル日本代表候補 AFC U-20フットサル選手権2019に向けてトレーニングキャンプを開始

U-20フットサル日本代表候補は5月27日(月)から立川市で、6月に開催されるAFC U-20フットサル選手権2019(以下、AFC本戦)に向けた最後の国内トレーニングキャンプを開始しました。今回は先月のチャイニーズタイペイ遠征メンバー14名に、国内で活躍する中澤航選手、松川網汰選手、村上拓也選手の3名が加わった17名でのキャンプとなりました。

1か月ぶりに集合したチームは、トレーニング前の全体ミーティングで鈴木隆二監督より大会までのスケジュール感やチームの目指す方向性が説明され、北澤豪フットサル委員長からは代表エンブレムを背負うための意識や自覚について説明を受け、気持ちを新たにトレーニングへ向かいました。

トレーニング冒頭は下地フィジカルコーチのもと入念にウォーミングアップを行い、その後はクリアランス、定位置攻撃、コーナーキックからのセットプレーの確認を実施しました。後半はミニコートでゲーム形式・2対2に取り組み、最後にフルコートで紅白戦を行い2時間のトレーニングを終えました。今回代表初招集となった中澤選手は内山GKコーチの指導をしっかりと受けて、代表チームで求められるGK像を理解するとともに、全員とコミュニケーションを取り、積極的にチームに溶け込んでいました。

平日にもかかわらず、トレーニング会場には地元の子ども達を中心に50名近くのサポーターが見学に訪れました。ゲーム形式のトレーニング中には、選手たちの華麗な足技や豪快なシュートが決まるたびに大きな歓声や拍手が起こり、選手たちもその声援に応えるように精力的に初日のトレーニングに取り組みました。

チームは明日からFリーグのトップチームとトレーニングマッチ(2日目:立川・府中アスレティックFC、3日目:ペスカドーラ町田)を行い、更なる強化を図ります。

選手コメント

GK 中澤航 選手(S.B.F.C LONDORINA)
自分は今回初招集で1番強く感じたのは雰囲気の良さと強度の高さです。自分はチャイニーズ・タイペイ遠征にも参加していないのでかなり難しい立場からのスタートとなりましたが、周りはそういったことを気にせずにしっかりと自分に要求をしてくれたので、とてもやりやすかったです。強度はやはり自チームよりも高く、球際のところや寄せるスピードが早いので一瞬迷ってしまうとパスが出せなかったりしました。明日からトレーニングマッチが2試合続きます。限られたチャンスの中で最大限アピールできるように良い準備をしていきたいです。

FP 松川網汰 選手(Fリーグ選抜)
昨年11月の合宿に参加した際は自分の得意なドリブルやハードワーク、スピードといった面が出せずに東地区予選のメンバーに選ばれなかったので、今回の合宿ではそこを全面的に出していきたいと思います。そういった意味では初日の練習では全面的に出せて行けたと思うので、明日以降のトレーニングマッチやトレーニングで続けていけるようにやっていきたいです。昨年11月ぶりの参加ということで難しい立ち位置ですが、しっかりとアピールしていきたいと思います。AFC本戦に向けて、チームの中で遠慮なく要求して、全員でレベルアップしていけるようにやっていきたいです。

FP 山田凱斗 選手(Fリーグ選抜)
最後の国内合宿ですが、まず今日はチームコンセプトの確認も含め、コミュニケーションを取ることが出来ました。明日、明後日とFリーグのチームと試合に臨みますが、チームとして全員で大会に向けて良い準備を行いたいと思います。

FP 木村優太 選手(エスポラーダ北海道)
キャンプ最初のトレーニングでしたが良い強度でトレーニングが出来たと思います。大会まで時間が限られているので、毎セッション集中して取り組み、自分の良さを出してメンバーに残れるようにトレーニングに取り組んでいきたいと思います。

コーチコメント

内山慶太郎 GKコーチ
いよいよAFC本戦前の最後の国内キャンプを迎えました。今回のキャンプではトレーニングに加え、Fリーグの府中アスレティックFCとペスカドーラ町田の2クラブとのトレーニングマッチを実施し、実戦の中で先月のチャイニーズタイペイ遠征で出た課題の改善、そして成果のより大きな向上を目指していきます。厳しい来月のAFC本戦に向かってチームとしての目標を明確にし、選手・スタッフともに多くのコミュニケーションをとりながら緊張感を持って取り組んでいきたいと思います。

スケジュール

5月27日(月) PM トレーニング
5月28日(火) AM トレーニングマッチ vs. 立川・府中アスレティックFC
PM トレーニング
5月29日(水) AM トレーニングマッチ vs. ペスカドーラ町田

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー