JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2019年 > AFC U-19女子選手権タイ2019 TOP > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表、中国を下し3連勝でグループステージ首位通過! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

ニュース

U-19日本女子代表、中国を下し3連勝でグループステージ首位通過! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

2019年11月04日

U-19日本女子代表、中国を下し3連勝でグループステージ首位通過! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

U-19日本女子代表は3日(日)、AFC U-19女子選手権タイ2019のグループステージ第3節・U-19中国女子代表戦に臨みました。

グループステージ突破を争う一戦で、日本の先発はGKに伊能真弥選手、DFラインに船木和夏選手、後藤若葉選手、高橋はな選手、富岡千宙選手が並び、中盤にはボランチに中尾萌々選手と菅野奏音選手、右サイドに瀧澤千聖選手、左に森田美紗希選手。ツートップは大澤春花選手と加藤もも選手が組んで、前節から4人の選手を入れ替えました。

日中の暑さが残る天候の中、10分に先制点を決めたのは今大会初出場の加藤選手でした。菅野選手からボールを受けた森田選手が、ゴール前に走り込む加藤選手にボールを渡すと、加藤選手は冷静に相手GKを見ながらゴール右に流し込み1-0としました。

日本は先制後も、中盤から前にボールを運ばせない守備で試合を進めます。29分に3トップの一角であるZhang Linyan選手にシュートを放たれても、GK伊能選手のセーブで防ぎました。

日本はハーフタイムに、伊藤彩羅選手と武田菜々子選手をピッチに送り出し、森田選手はボランチにポジションチェンジ。70分には、その森田選手が追加点を決めました。右サイドの瀧澤選手からボールを受けた森田選手は、前のスペースにドリブルで攻め込み右足を振り抜くと、これが左下にゴールイン。相手GKが右手を伸ばすも届かず、日本が2-0としました。

しかしその2分後、ペナルティーエリア内からDou Jiaxing選手が打ったシュートのこぼれ球を、Sun Pingwei選手に押し込まれて今大会初失点。2-1となりました。

勢いに乗る中国に対し、日本は途中出場の渡邊真衣選手が中盤で何度もボールを奪うなど、粘り強い守備を見せます。高橋選手のインターセプトや後藤選手のカバーリングも光り、2-1のまま試合は終了。

日本は登録選手全23人が出場したグループステージで3連勝とし、グループB首位通過を決めました。

試合詳細はこちら

中2日で行われる6日(水)の決勝ラウンド準決勝では、グループAで2位のU-19オーストラリア女子代表戦に臨み、勝利するとFIFA U-20女子ワールドカップ2020出場が決まります。

監督・選手コメント

池田太 監督
湿度が高い厳しい環境の中、選手たちがしっかり戦って勝点3を積み上げ、グループステージを首位通過できたことをうれしく思いますし、選手たちを誇りに思います。難しい試合になると思っていましたが、最後まで集中力を保ち戦ってくれたと思います。(中国の)3人のディフェンスからのボールの運び出しに、どのようにアプローチして守るかを整理し、後ろの選手からコーチングしたり、練習の中で組織を作ったりして準備しました。次の試合まで中2日なので、選手の回復やコンディションを整えることを第一に考え、準決勝に臨みます。

GK #18 伊能真弥 選手(日体大FIELDS横浜)
最初はとても緊張しましたが、試合を楽しもうと心がけてプレーしました。日本がボールを持つ時間が長かったですが、自分たちのミスでボールを失うことがあったので、自分の声かけで相手にボールが渡らないように気をつけていました。中国は日本のDFラインの間に立つことが多かったので、そのマークの受け渡しにも注意していました。次戦のオーストラリアは大きい選手がいて、フィジカルが強いイメージがあるので、改善するところは改善し、強度も上げていきたいです。

DF #15 富岡千宙 選手(JFAアカデミー福島)
決勝ラウンド進出が確定していない状況でしたが、この試合でそれを決められてよかったです。相手が3-4-3の形で守備で枚数が足りないところも出てくると思っていたので、自分たちのサッカーをしつつ、そこをしっかりマネジメントすることを気をつけていました。3連勝で決勝ラウンドに進めるのは、私たちが望んでいた形ですが、これからも変わらず1試合ずつ優勝に向けて進んでいきます。オーストラリアはスピードとパワーがある相手。次も自分たちらしいプレーを見せたいです。

MF #8 森田美紗希 選手(岡山県作陽高)
厳しい状況の時間はありましたが、DFラインや全員で守り切り、勝てて本当によかったです。先制点のアシストはボランチからボールを受けた時、(加藤)ももさんがフリーだったのでGKとDFラインの間にいいボールが配球できました。自分の得点は、相手DFラインのプレスが甘い時間帯でしたし、ロングシュートは自分の武器なので、足を振り切れてよかったです。次もFIFA U-20女子ワールドカップ2020に向けて、今大会で優勝するための通過点。しっかり勝ち切りたいです。

ハイライト動画

スケジュール

AFC U-19女子選手権タイ2019
10月27日(日) AM/PM トレーニング
10月28日(月) 5-0 グループステージ第1戦 対 U-19ミャンマー女子代表
(IPE Chonburi Stadium)
10月29日(火)
~30日(水)
AM/PM トレーニング
10月31日(木) 2-0 グループステージ第2戦 対 U-19韓国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月1日(金)
~2日(土)
AM/PM トレーニング
11月3日(日) 2-1 グループステージ第3戦 対 U-19中国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月4日(月)
~5日(火)
AM/PM トレーニング
11月6日(水) 20:00 準決勝 対 U-19オーストラリア女子代表
(Chonburi Stadium)
11月7日(木)
~8日(金)
AM/PM トレーニング
11月9日(土) 16:00/20:00 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-19女子選手権タイ2019

大会期間:2019/10/27(日)~2019/11/9(土)

グループステージ:
2019/10/28(月) 18:00キックオフ(日本時間)
vs ミャンマー代表

2019/10/31(木) 21:00キックオフ(日本時間)
vs 韓国代表

2019/11/3(日) 18:00キックオフ(日本時間)
vs 中国代表

決勝ラウンド:
2019/11/6(水) 22:00キックオフ(日本時間)
vs オーストラリア代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー