JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2019年 > AFC U-19女子選手権タイ2019 TOP > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表、韓国に勝利し2連勝! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

ニュース

U-19日本女子代表、韓国に勝利し2連勝! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

2019年11月01日

U-19日本女子代表、韓国に勝利し2連勝! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

U-19日本女子代表は31日(木)、AFC U-19女子選手権タイ2019のグループステージ第2節・U-19韓国女子代表戦に臨みました。

共に初戦で勝利したチーム同士の一戦で、日本の先発はGKに田中桃子選手、DFラインに船木和夏選手、後藤若葉選手、高橋はな選手、松田紫野選手が並び、中盤にはボランチに中尾萌々選手と菅野奏音選手、右サイドに森田美紗希選手、左に伊藤彩羅選手、そして山本柚月選手と大澤春花選手のツートップ。初戦から4人の選手を入れ替えました。

日本は立ち上がりから攻撃を仕掛け、開始10秒に山本選手がファーストシュート。これはゴール右に外れましたが、果敢に得点を狙います。

先制点は16分。森田選手のパスを受けた菅野選手が、左足で強烈なミドルシュートを放つと、これが鮮やかに決まり、日本が1-0としました。27分には菅野選手が蹴った右CKから、高橋選手がヘディングシュートを放ちましたが、これはクロスバーに当たり追加点とはなりませんでした。

2大会ぶりのFIFA U-20女子ワールドカップ出場を目指す韓国は、初戦で2得点のKang Ji-Woo選手を中心に攻めますが、フィニッシュの精度を欠き、日本リードのまま後半に入りました。

韓国が中盤や前線の選手を入れ替えて同点を狙うのに対し、日本は高橋選手のカバーリングや、中尾選手の素早いパス回しで対抗。うまく攻撃を組み立てられない我慢の時間もありましたが、その一方ピンチも未然に防いで試合を優位に進めます。

83分、韓国のChun Ga-Ram選手が放ったシュートは、ゴール右下に飛びましたが、これはGK田中選手の好セーブで切り抜けます。日本の追加点が決まったのは、その2分後でした。右サイドから船木選手がアーリークロスを上げると、ペナルティーエリア内左に走り込んだ山本選手の左足にぴたりと合ってゴール。山本選手の2試合連続弾で2-0とリードを広げ、そのまま日本が勝利を収めました。

試合詳細はこちら

これで2連勝とした日本はグループAの1位をキープ。グループステージ突破に前進した日本は、中2日でグループステージ第3節のU-19中国女子代表戦に臨みます。

監督・選手コメント

池田太 監督
今日は本当にタフなゲームになると予想していましたが、選手は試合開始から、高い集中力としっかりとした組織を持って戦ってくれたと思います。相手の前線にはパワフルな選手がいて、特に10番(Kang Ji-Woo選手)、11番(Choo Hyo-Joo選手)、9番(Cho Mi-Jin選手)は特に警戒していました。ロングボールの対応をしっかりとして、クロスボールにも気をつけました。1対1でスピードある相手のドリブルをもっと止められればよかったですが、チームとしてはいい守備ができたと思います。第3節の中国戦に向け、選手のコンディションを見て、しっかり戦える選手で臨みたいです。中国の高さある選手に対して、どのように試合を進めるべきか、これから考えたいと思います。

DF #4 高橋はな 選手(浦和レッズレディース)
韓国は勢いがある相手だったので警戒していました。苦しむ時間があり、最後も攻め込まれましたが、無失点で抑えられたのは収穫だったと思います。初戦から守備陣の選手が変わりましたが、チームとしてやろうとしていることは全員で共有できているので、選手が代わっても同じサッカーができると思っていたし、大きな心配はありませんでした。本当に守備陣を含め全員が集中していたので、それが今日の無失点につながったのかなと思います。前半、相手にターンされて抜かれてピンチを招いたので、強くいくところと味方のプレスバックを待つところなど、自分の判断の選択肢をもう少し増やし、守備の幅を広げていかないといけないと思いました。個人としてもまだまだ課題が多いですが、3連勝してグループステージ1位突破が一つの目標なので、次も勝てるように準備していきたいです。

MF #10 菅野奏音 選手(日テレ・ベレーザ)
厳しい試合でしたが、勝てたことがよかったです。(先制点の場面は)相手GKの身長が低かったので、試合前からミドルシュートを狙っていこうとみんなで話していました。ファーストタッチでいいところに置くことができ、足を振り抜いたら入ったので本当によかったです。スカウティングによって、韓国はボールを蹴ってくることや球際で強くくることは分かっていたので、受け身にならず、こちらからどんどんチャレンジして、球際でも負けないように試合前から話していました。2試合無失点で終われたのは大きいと思います。次も全員で戦って、無失点で決勝ラウンドにいきたいと思います。

スケジュール

AFC U-19女子選手権タイ2019
10月27日(日) AM/PM トレーニング
10月28日(月) 5-0 グループステージ第1戦 対 U-19ミャンマー女子代表
(IPE Chonburi Stadium)
10月29日(火)
~30日(水)
AM/PM トレーニング
10月31日(木) 2-0 グループステージ第2戦 対 U-19韓国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月1日(金)
~2日(土)
AM/PM トレーニング
11月3日(日) 16:00 グループステージ第3戦 対 U-19中国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月4日(月)
~5日(火)
AM/PM トレーニング
11月6日(水) 16:00/20:00 準決勝(Chonburi Stadium)
11月7日(木)
~8日(金)
AM/PM トレーニング
11月9日(土) 16:00/20:00 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-19女子選手権タイ2019

大会期間:2019/10/27(日)~2019/11/9(土)

グループステージ:
2019/10/28(月) 18:00キックオフ(日本時間)
vs ミャンマー代表

2019/10/31(木) 21:00キックオフ(日本時間)
vs 韓国代表

2019/11/3(日) 18:00キックオフ(日本時間)
vs 中国代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー