JFA.jp

JFA.jp

EN

U-19日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2019年 > AFC U-19女子選手権タイ2019 TOP > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表、初戦を大量5得点で勝利! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

ニュース

U-19日本女子代表、初戦を大量5得点で勝利! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

2019年10月29日

U-19日本女子代表、初戦を大量5得点で勝利! ~AFC U-19女子選手権タイ2019~

U-19日本女子代表は28日(月)、AFC U-19女子選手権タイ2019のグループステージ第1節・ミャンマー戦に臨みました。

来年のFIFA U-20女子ワールドカップへの出場権が懸かった大会の初戦は、GKに大場朱羽選手、DFラインに長江伊吹選手、高橋はな選手、田畑晴菜選手、松田紫野選手が並び、中盤にはボランチに中尾萌々選手、菅野奏音選手、右サイドに瀧澤千聖選手、左に伊藤彩羅選手、そして山本柚月選手と大澤春花選手のツートップという布陣でスタートしました。

立ち上がりからボールを保持した日本でしたが、ミャンマーのセンターライン付近まで上げた高いDFラインに苦戦を強いられます。DFラインの裏を狙ったプレーはことごとくオフサイドトラップにはまり、なかなか攻撃のリズムをつかむことができません。それでも17分の伊藤選手のドリブルシュートやセットプレーから徐々に相手ゴールに迫っていきます。

焦れるような展開が続く中、スコアが動いたのは36分でした。大澤選手から右に展開し、攻め上がった右サイドバックの長江選手がクロスを入れ、最後は山本選手が押し込み、日本に待望の先制ゴールが生まれました。そのわずか3分後、相手の高いラインを打開した日本は、伊藤選手の自陣からのロングボールに大澤選手が抜け出し、右足で追加点を挙げ、2-0で試合を折り返します。

後半立ち上がりには左サイドの松田選手が大きくサイドを変えるクロスボールを送り、途中出場の三浦晴香選手が折り返し、ゴール前で山本選手が押し込んで3点差とします。

勢いに乗る日本は66分に左サイドを突破した菅野選手がグラウンダーのパスを送り、中央で大澤選手が落としたボールを途中出場の廣澤真穂選手がペナルティーエリアの外から左足を振り抜いて豪快にゴールネットを揺らします。

その1分後には高い位置からプレスを掛け、相手DFが乱れたところで伊藤選手がボールを奪取し、自らペナルティーエリア内にドリブルで持ち込み、左足でシュート。チーム5点目を挙げます。

70分には主審が交代するという珍しいアクシデントもありましたが、集中力を切らすことなく攻め続けた日本。追加点こそ奪えませんでしたが、守ってもキャプテンの高橋選手を中心に相手にチャンスをつくらせず5-0で試合終了を迎えました。

試合詳細はこちら

初戦から大量得点による勝利で好スタートを切った日本は、中2日でグループステージ第2節の韓国戦に臨みます。

監督・選手コメント

池田太 監督
前半は少し硬い部分もありましたが、選手も時間が経つにつれ、少しずつ動きも改善され、しっかり勝点3を取れたのはよかったです。今日は勝利しましたが、まだまだ改善点もあるので、みんなで共有して次の韓国戦に向けて準備したいと思います。

GK #21 大場朱羽 選手(JFAアカデミー福島)
この大会のスタートを切るとても大事な一戦だったので、日本らしくアグレッシブにプレーすることを意識しました。緊張もあり最初は硬くなってしまいミスが目立ちましたが、だんだんと自分たちのプレーが出せるようになりました。初戦で勝ちきれたのは良かったと思いますが、まだまだ自分たちのミスから危ないシーンを作ることがあったので、中2日と短いですが練習で修正し次の韓国戦に向けていい準備をしていきたいと思います。

MF #16 三浦晴香 選手(日体大FIELDS横浜)
今日の初戦は今までのトレーニングキャンプで積み上げてきたことを試合で出すことを意識して挑みました。ゲームの入りは初戦ということもあって、落ち着いてプレーができていなかったり、パスやクロスを相手に当ててしまうことが多かったです。ですが、だんだんペースを掴むことができ、相手ゴールに何回も迫り、得点も奪うことができました。後半も自分たちのペースで試合を運ぶことができたと思います。また、無失点で試合を終えることができたのでよかったです。次の試合まで中2日という短い時間ですが、しっかり良い準備をしてチーム一丸となって勝利できるように頑張ります。

FW #19 山本柚月 選手(日テレ・メニーナ)
初戦の難しさもあって、みんなも緊張していて最初は動きが硬かった部分もありましたが、点が入るごとにチームで積み上げてきたものが発揮できてきて、それはよかった部分だと思います。得点シーンは1点目は決めるだけのボールだったので、(長江)伊吹さんや、みんなのおかげのゴールだったと思います。韓国戦は今日よりも厳しい戦いになると思うので、チーム一丸となって頑張っていきたいです。

スケジュール

AFC U-19女子選手権タイ2019
10月27日(日) AM/PM トレーニング
10月28日(月) 5-0 グループステージ第1戦 対 U-19ミャンマー女子代表
(IPE Chonburi Stadium)
10月29日(火)
~30日(水)
AM/PM トレーニング
10月31日(木) 19:00 グループステージ第2戦 対 U-19韓国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月1日(金)
~2日(土)
AM/PM トレーニング
11月3日(日) 16:00 グループステージ第3戦 対 U-19中国女子代表
(Chonburi Stadium)
11月4日(月)
~5日(火)
AM/PM トレーニング
11月6日(水) 16:00/20:00 準決勝(Chonburi Stadium)
11月7日(木)
~8日(金)
AM/PM トレーニング
11月9日(土) 16:00/20:00 3位決定戦/決勝(Chonburi Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-19女子選手権タイ2019

大会期間:2019/10/27(日)~2019/11/9(土)

グループステージ:
2019/10/28(月) 18:00キックオフ(日本時間)
vs ミャンマー代表

2019/10/31(木) 21:00キックオフ(日本時間)
vs 韓国代表

2019/11/3(日) 18:00キックオフ(日本時間)
vs 中国代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー