JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表~福島県Jヴィレッジでのトレーニングキャンプを終了

ニュース

U-17日本代表~福島県Jヴィレッジでのトレーニングキャンプを終了

2019年03月22日

U-17日本代表~福島県Jヴィレッジでのトレーニングキャンプを終了

今年ブラジルで行われるFIFA U-17ワールドカップ2019に出場するU-17日本代表候補は、福島県Jヴィレッジで実施したトレーニングキャンプを22日(木)に終了しました。

17日(日)に集合したチームは早速その日からトレーニングを開始。19日(火)には流通経済大学とのトレーニングマッチを行いました。結果は0-4と負けてしまったものの、その悔しさをぶつけて次の日からもトレーニングに集中しました。

この年代の日本代表合宿に初めて参加する選手も多く、ワールドカップへの生き残りをかけて自分の武器をアピールしていました。そして、最終日の22日(木)には紅白戦を実施。どちらのチームも絶対に負けたくないという気持ちをぶつけた激しい試合となりました。ハーフタイムには選手同士でアイディアをぶつけ合うシーンも見られ、日本代表に残りたいという強い気持ちを感じる合宿となりました。その後、クロージングミーティングで森山佳郎監督から、「本気で変わろうとしているのか。本気でやるかやらないかのどちらかしかない」と発破をかけられて活動を締めくくりました。

森山佳郎 監督(U-17日本代表)コメント

今回のJヴィレッジで行われたU-17国内トレーニングキャンプでは、昨年のAFC U-16選手権に出場した3名と、2月のチリ遠征に参加した4名以外は、新たな戦力になりうる選手を招集しました。長身のCBや、スピードに優れた選手、ドリブルの仕掛けが得意な選手など、特徴を持った選手を多く選出しました。
流通経済大学とのトレーニングマッチでは、JFLを戦うチーム(ドラゴンズ)に来て頂き、4年生が多く、4~5学年違う相手のスピードやコンタクトの強さに非常に苦しみました。しかし、実際にU-17ワールドカップで戦う相手は、フランスやイングランドなどの強豪国の様に、大柄でアスリート能力が高いです。対戦相手のインテンシティーの高さという部分では、本気で戦ってくれた流通経済大学がしっかりと基準を示してくれました。試合後に何もできなかったというコメントを出していた選手が多かったように、こういう相手と戦って何が出来るのか、今の自分は何が通用して何が通用していないのかを突き付けてくれた素晴らしい機会となりました。
また、今回はFIFAの国際マッチデー期間ということで各年代代表チームが一斉に活動を行い、高桑大二郎GKコーチがU-22日本代表に帯同しています。そのため今回のキャンプには、A代表からオリンピックや各年代代表までGKコーチとして長年代表活動に携わられてきた川俣則幸コーチと、ワールドカップに4回出場し日本代表の正GKの座を長年守ってこられた川口能活コーチに帯同して頂きました。
7回のトレーニングセッションだけでなく、夜のミーティングにおいても、川俣コーチの「これまで関わった選手でワールドカップに出場した選手は他の選手と何が違ったのだろう」という問いかけからスタートし、実際に川俣さんが強く感じた「高い志、考える力、強い意志力」についてお話を頂きました。
川口コーチからはご自身の経験から、2回の悔し涙を流された話をして頂き、「今日上手くいかなかった悔しさを決して忘れることなく、この代表活動でやっていることを日常化して欲しい」というお話。そして「代表で戦う誇り、プライド、覚悟、100%出し切ること、ピッチで技術を見せるだけでなく、ピッチ上で決して手を抜かずやり続けること」、「これまで一緒に戦ってきた代表選手たちはみな素直で純粋で謙虚」という話もして頂きました。
またU-17スタッフの廣山・濱崎の両コーチからも自分自身を成長させるための心構えを話して頂きました。
4泊5日と短いキャンプでしたが、選手たちからはワールドカップメンバーに名乗りを上げたい、自分自身を表現したい、もっといい選手に成長したいという意欲が伝わってきました。7回のトレーニングセッションと10回のミーティングで選手たちは、これから成長するための刺激やきっかけを掴んでくれたら幸いです。

スケジュール

3月17日(日) PM トレーニング
3月18日(月) AM/PM トレーニング
3月19日(火) AM トレーニング
0-4 トレーニングマッチ vs. 流通経済大学
3月20日(水) AM トレーニング
3月21日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-17日本代表 今後の予定

6月3日(月)~6月11日(火) 海外遠征
7月9日(火)~7月15日(月) 国際ユースサッカー in 新潟
8月13日(火)~8月16日(金) 国内トレーニングキャンプ
9月2日(月)~9月10日(火) 海外遠征
9月25日(水)~10月28日(月) 直前合宿・FIFA U-17ワールドカップ2019
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー