JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表、オランダ遠征初戦を勝利で飾る

ニュース

U-16日本女子代表、オランダ遠征初戦を勝利で飾る

2019年06月25日

U-16日本女子代表、オランダ遠征初戦を勝利で飾る

フレンドリーマッチ U-16日本女子代表 vs. PEC Zwolle
2019年6月24日(月) キックオフ時間16:00(現地時間) 試合時間80分(40分ハーフ)
Zwolle / MAC3PARK stadion(オランダ/ズヴォレ)

U-16日本女子代表 8-0(1本目4-0、2本目4-0)PEC Zwolle

得点
4分 藤野あおば(U-16日本女子代表)
13分 猪瀨結子(U-16日本女子代表)
25分 箕輪千慧(U-16日本女子代表)
40分 藤野あおば(U-16日本女子代表)
63分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
65分 根府桃子(U-16日本女子代表)
70分 根府桃子(U-16日本女子代表)
79分 朝倉加奈子(U-16日本女子代表)

1本目メンバー
GK:服部茜汐香
DF:小山史乃観、井手ひなた、石川璃音、櫨川結菜
MF:猪瀨結子、天野紗、太田萌咲、箕輪千慧
FW:西尾葉音、藤野あおば

2本目メンバー
GK:西川佳那
DF:朝倉加奈子、井手ひなた、平中響乃、佐藤千優
MF:猪瀨結子、林愛花、及川小枝、丹野凛々香
FW:生田七彩、根府桃子

サブメンバー
GK:大熊茜

マッチレポート

U-16日本女子代表は、6月24日(月)にオランダのクラブチームPEC ズヴォレとトレーニングマッチを行いました。

キックオフ直後、日本は相手に右サイドを攻め込まれますが、クロスボールをGK服部茜汐香選手がキャッチし、ピンチを防ぎます。
4分には代表初招集となるDF井手ひなた選手のロングパスに、同じく初招集のFW藤野あおば選手が相手DFの背後へ抜け出し、先制点を挙げます。
13分には、右サイドから相手DFの背後に抜け出したMF箕輪千慧選手がゴール前へクロスを送り、MF猪瀨結子選手がシュートを決め、2-0とリードを広げます。続く25分には相手のコーナーキックを防ぎ、ボールを奪うと、DF小山史乃観選手、MF箕輪選手、FW藤野選手が連動したカウンターから最後は箕輪選手が3点目を決めます。前半終了間際の40分にはDF小山選手のロングパスにFW藤野選手が反応し、4点目。
4-0で前半を折り返します。
後半開始後、なかなか決定機を作り出せず、相手ボールの時間帯が続きますが、63分に左サイドでボールを持ったMF丹野凛々香選手がドリブルで相手DFを抜き去り、5-0。
続く65分には右サイドでDF猪瀨選手が体を張って奪ったボールがFW生田七彩選手と渡り、生田選手からのクロスに合わせたFW根府桃子選手が得点します。
70分にも右サイドから再びFW生田選手がクロスを送り、FW根府選手がゴール。7-0とさらに点差を広げます。
試合終了間際の79分には、右サイドのコーナーキックをDF朝倉加奈子選手が押し込み、8-0で試合を終えました。

U-16日本女子代表は6月26日(水)にU-16オランダ女子代表と対戦します。

選手コメント

DF 朝倉加奈子 選手(大阪学芸高)
前回のイタリア遠征の時と比べて、時差対策をきちんとし、コンディションを整える工夫をしました。足のむくみなどはありましたが、良いコンディションで今回の活動に臨むことができました。初戦での目標は、得点に関わるプレーをすることと、1対1で負けないことでした。得点を決めることができて良かったです。1対1では、前向きの相手対しては、ボールを奪うことができましたが、後ろ向きの相手に対しての対応が課題です。次の試合でも得点に関わるプレーをしたいです。

DF 平中響乃 選手(浦和レッズレディースユース)
後半からの出場になると感じていたので、限られた時間でも自分のプレーを出せるように準備をしました。海外の選手を見て、初めは大きいなと感じましたが、実際に試合で対戦してみると体の大きさに加え、強さも感じました。DFラインの背後に抜けられてしまうとスピードでは勝てないと思ったので、パスを出される前に相手に体を当てて背後に走られないよう工夫をしました。中盤での相手へのアプローチが甘くなってしまったので、センターバックから声をかけて修正していきたいです。

FW 根府桃子 選手(ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレ)
代表初招集で慣れない部分もありましたが、時間を重ねるにつれ、慣れてきて自分のプレーを出せるようになり、初戦に臨むことができました。フィジカルやスピードの面では相手に敵わない部分もあったので、体が小さいなりに有利な点を探してプレーするきっかけになりました。ボールを奪った後のパワーを持ったアクションは、練習でも取り組んでいたので、それを活かして得点で来てよかったです。FWとして得点に絡むこと、得点をすることを一番に考え、今日の試合で出た課題を次に活かして頑張りたいです。

スケジュール

6月21日(金) PM トレーニング
6月22日(土) AM/PM トレーニング
6月23日(日) AM/PM トレーニング
6月24日(月) 8-0 トレーニングマッチ vs. PEC Zwolle
6月25日(火) AM/PM トレーニング
6月26日(水) 15:30 国際親善試合 vs. U-16オランダ女子代表
(Sportmedisch Centrum KNVB)
6月27日(木) AM/PM トレーニング
6月28日(金) AM/PM トレーニング
6月29日(土) AM トレーニングマッチ vs. U-17 DZC'68

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

今後の予定

8月初旬 国内合宿
9月5日(木)~9月9日(月) AFC U-16女子選手権タイ2019直前合宿
9月9日(月)~9月28日(土) AFC U-16女子選手権タイ2019(直前合宿含む)

※日程は変更になる可能性があります。

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー