JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン トレーニングもいよいよ大詰め ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

ニュース

なでしこジャパン トレーニングもいよいよ大詰め ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

2019年11月09日

なでしこジャパン トレーニングもいよいよ大詰め ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

11月10日(日)に開催されるMS&ADカップ2019南アフリカ女子代表戦に向けて北九州市内でトレーニングを続けているなでしこジャパン(日本女子代表)は8日(金)、スタジアムに練習会場を移す前の最後のトレーニングを行い、南アフリカ戦に向けて仕上がりをチェックしました。

選手たちは、南アフリカや外国勢の速さ、強さを想定した連日の男子サッカー部との合同練習を経て、具体的なイメージを持ってトレーニングに取り組みます。日本サッカーの生命線となるポゼッションではサポート、パス、コントロールの質にこだわってリズムよくボールを回します。一般的に「得点力不足」と評されるゴール前のシーンでは、ただなんとなくボールを放り込むのではなく、明確な狙いを持ってクロスを供給することを意識して一球ずつ丁寧かつ大胆に蹴り込みます。トレーニングの合間には大部由美コーチから「昨日までのトレーニングを忘れないように」と要所で声が飛び、男子サッカー部との合同練習で体感した強度の高さを常に意識して選手たちは動いていました。最後は11対11のゲームでトレーニングを締めました。

この日はちょうど昼時のトレーニングということで太陽が高く、雲なく晴れ渡った青空の下で、11月とは思えない日差しを浴びて、選手たちは汗でシャツの色を変えながら集中した時間を過ごしました。

なでしこジャパンは9日(土)に試合会場となる北九州スタジアムで公式練習を行い、10日(日)12:45キックオフ予定の南アフリカ女子代表とのMS&ADカップ2019に臨みます。

選手コメント

DF #4 熊谷紗希 選手(オリンピック・リヨン/フランス)
代表チームとして集まれる時間は貴重で限られていますが、チーム全体で合わせていけるように、そして積み上げていけるように、チーム内でいいコミュニケーションが取れています。ワールドカップを経験して、皆で世界で戦ってみて、チーム力の積み上げが出来ていることはカナダ戦でも感じました。まだまだ足りないところは多いので、さらに詰めていきたいです。選手の入れ替えもありますが、一緒に戦う選手が代わっても個人の特徴が出るようにやっていかなければいけませんし、選手選考の争い、競争でもあるので、誰が選ばれても大きな変化なくできるように取り組んでいます。ワールドカップではアフリカ勢と対戦していませんが、欧米勢とは違う特徴を持った相手で、東京オリンピック本番で戦う可能性もあるので、この試合はいいチャレンジの場になると思います。新しいユニフォームは斬新な、今まで見たことのないデザインで、個人的にも好きですし、着るのが楽しみです。

MF #19 遠藤純 選手(日テレ・ベレーザ)
左サイドバックでのトレーニングは自チームでもやっていますが、いつもと一つポジションが下がることでGKも含めたビルドアップ、チームの組み立てに入るという難しさもありますが、自分の幅を広げられるいいチャンスだと思って、ポジティブに捉えています。サイドハーフとの連携で、例えばサイドハーフが中に入った時に、仮にボールが出てこなくても前の空いたスペースにスピードを持って走り込んだりすることで自分の良さを出せると思っています。前線にはアタッカータイプの選手が多く、競争も激しい中で、自分は攻撃を得意としているのでそこで勝負したいという思いはありますが、ひとつ後ろのポジションでもオーバーラップなどでチャンスを作れると思っています。まずは試合に出ることが大事なので、ポジションは色々ありますが、チャンスをものにしたいと思います。新しいユニフォームのコンセプトムービーを見て、自分の中にも印象として残るものがあって、そういった様々な想いが詰まったユニフォームに見合うパフォーマンスを見せたいと思います。

スケジュール

日付時間内容一般公開
11月5日(火) 15:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月6日(水) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月7日(木) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月8日(金) 10:00 →11:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
16:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
11月9日(土) AM/PM 公式練習・公式会見
11月10日(日) 12:45
※2
MS&ADカップ2019
対 南アフリカ女子代表(北九州スタジアム)
11月11日(月) AM トレーニングマッチ vs 南アフリカ女子代表

※1 スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。
※2 天皇陛下御即位による「祝賀御列の儀(パレード)」と重なることから、キックオフ時間を「12:45(予定)」に変更させていただきます。

なでしこジャパン(日本女子代表)対 南アフリカ女子代表
開催日:
2019年11月10日(日)  12:45キックオフ(予定)
会場:福岡/北九州スタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー