JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、男子高校生との合同トレーニングを実施 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

ニュース

なでしこジャパン、男子高校生との合同トレーニングを実施 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

2019年11月07日

なでしこジャパン、男子高校生との合同トレーニングを実施 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

なでしこジャパン(日本女子代表)は11月6日(水)、MS&ADカップ2019南アフリカ女子代表戦に向けて本格的にトレーニングをスタートしました。

予定していた午前中のトレーニングをキャンセルして行われたミーティングでは、10月に行われたカナダ女子代表戦を映像で振り返りました。なでしこジャパンらしさが表現できたシーンを切り出して、これまで以上に分析的に説明がなされ、追求していくなでしこジャパンのサッカーのディテールについてチーム全体で共有しました。試合翌日に行われたトレーニングマッチにおいても評価の高いプレーが多く出ていたこともあり、チーム全体が自信を深めるフィードバックとなりました。

この日の午後のトレーニングは男子高校生をトレーニングパートナーに招いて合同練習になりました。なでしこジャパンでは恒例となりつつある男子との合同練習では、キック力、スピードなどのフィジカルに勝る海外のチームとの対戦を想定し、特に守備面のトレーニングに取り組みます。単純に試合を行うわけではなく、試合の局面を切り出して再現し、その局面における対応についてチームの約束事を共有し、意思の疎通を図ります。

毎回の合同トレーニングで時間をかけて繰り返しトレーニングするのは、相手の大きなサイドチェンジに対する守備です。海外のチームとの対戦においては、1本のロングキックで逆サイドに展開されることも多く、守備の陣形が乱れたところから失点するケースがあるため、重点的に取り組みます。高校生の大きな展開に守備陣が素早くスライドしてボールにアプローチし、同時に中央に寄せてくる相手攻撃陣のマークやカバーリングを徹底します。パワーで押し切られそうな場面でも体を投げ出してクロスを上げさせないなど、国際試合を意識した強度の高いトレーニングとなりました。

夜のミーティングでは、トレーニングと同じく重要な休息や水分・栄養摂取について説明がありました。夏場の東京オリンピックで戦い抜ける身体と意識づくりをイメージしながら、日々のコンディショニングの重要性を再認識する時間となりました。

なでしこジャパンは2019年国内での最後の活動となるトレーニングキャンプを9日(土)まで北九州市内で行い、10日(日)12:45キックオフ予定の南アフリカ女子代表とのMS&ADカップ2019に臨みます。

選手コメント

MF #3 栗島朱里 選手(浦和レッズレディース)
前回のカナダ戦でなでしこジャパンに初めて呼ばれ、「緊張しないように」と思いながらも緊張してしまっていました。ここでアピールできないと後はないと覚悟して臨んだキャンプでしたが、緊張のせいか、活動の前半では自分の良さを出せず、普段どおりにできずに判断を誤ったりなど、苦労しました。徐々に慣れていったこともあってトレーニングマッチでは気持ち的にも戦えたと思っています。
今回も連続して声がかかって、「生き残ったな」という感じです。でも、まだ先は続きますし、ゴールは個々ではないので、アピールを続けていかないといけません。東京オリンピックまでのことを考えたら、もっともっとやらないと、と思います。中盤の選手ということで、運動量を発揮することや相手より先に動いてボール奪取の回数を増やすことをアピールしていきたいです。

MF #12 猶本光 選手(SCフライブルク)
なでしこジャパンに復帰して、久しぶりの合流で嬉しかったです。今日は時差調整ということで途中から別メニューでしたが、明日から本格的にトレーニングに加わります。ドイツでやっていることも求められると思うので、チームのことを色々学びながら、合わせながらやっていきたいです。活動の場所はどこであれ、代表に呼ばれるのは嬉しいことですが、今回は出身地の福岡ということで家族や友人も観に来てくれるのでなおさら嬉しいです。まずは試合に絡めるようにトレーニングからアピールしたいですし、
なでしこのサッカーは世界的にも特徴があるので、合わせていきたいです。味方のサポートの位置が細かいことや、短いパスでつなぐところ、コンパクトな守備ラインからボールを奪ったり、組織的なサッカーを展開するところは大きく違います。東京オリンピックに向けてチャンスをもらえていると思うので、大きな目標ととらえながら、自分らしさを出して、チームのやり方もあるので、ひとつひとつ取り組んでいきたいと思います。

スケジュール

日付時間内容一般公開
11月5日(火) 15:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月6日(水) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月7日(木) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月8日(金) 10:00 →11:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
16:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
11月9日(土) AM/PM 公式練習・公式会見
11月10日(日) 12:45
※2
MS&ADカップ2019
対 南アフリカ女子代表(北九州スタジアム)
11月11日(月) AM トレーニングマッチ vs 南アフリカ女子代表

※1 スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。
※2 天皇陛下御即位による「祝賀御列の儀(パレード)」と重なることから、キックオフ時間を「12:45(予定)」に変更させていただきます。

なでしこジャパン(日本女子代表)対 南アフリカ女子代表
開催日:
2019年11月10日(日)  12:45キックオフ(予定)
会場:福岡/北九州スタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー