JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、南アフリカ戦に向けて北九州市で活動を開始 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

ニュース

なでしこジャパン、南アフリカ戦に向けて北九州市で活動を開始 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

2019年11月06日

なでしこジャパン、南アフリカ戦に向けて北九州市で活動を開始 ~MS&ADカップ2019 南アフリカ女子代表戦

なでしこジャパン(日本女子代表)は11月5日(火)、福岡県北九州市に集合し、11月10日(日)に行われるMS&ADカップ2019南アフリカ女子代表戦に向けてトレーニングを開始しました。

10月6日(日)に行われたカナダ女子代表戦から約1ヶ月での再集合となったこの日に集まったのは25人。FIFA女子ワールドカップフランス大会のメンバーを中心に、カナダ戦に続いて松原有沙選手(ノジマステラ神奈川相模原)、土光真代選手、宮澤ひなた選手(ともに日テレ・ベレーザ)、清家紀子選手、栗島朱里選手(ともに浦和レッズレディース)が招集され、浅野菜摘選手(ちふれASエルフェン埼玉)がなでしこジャパン初招集、猶本光選手(SCフライブルク/ドイツ)、増矢理花選手(INAC神戸レオネッサ)、植木理子選手(日テレ・ベレーザ)が久しぶりの代表選出という顔ぶれになりました。

11月2日(土)になでしこリーグの全日程を終えて、集合前日の4日(月・振休)に行われたリーグ表彰式に出席した選手も多く、代表選手たちに与えられる休息の時間は多くありません。しかし、2020東京オリンピックへの大事な強化となる南アフリカ戦に向けて選手たちのモチベーションも高く、やる気に満ちた雰囲気をまとって集合しました。

トレーニングの冒頭、ピッチ中央に選手を集めた高倉麻子監督は、「カナダ戦はなでしこジャパンのいいところが多く出た。取り組んできたことが着実に積み上がっていると感じることが出来た」とカナダ戦を評価し、「特徴の違う南アフリカを相手にする貴重な機会。未来に向かって一人ひとりがレベルアップできるように、自分と向き合って取り組んでほしい」という言葉でキャンプをスタートさせ、選手たちは明るい表情で初日のトレーニングに取り組みました。

なでしこジャパンは2019年国内での最後の活動となるトレーニングキャンプを9日(土)まで北九州市内で行い、10日(日)12:45キックオフ予定の南アフリカ女子代表とのMS&ADカップ2019に臨みます。

選手コメント

MF #6 杉田妃和 選手(INAC神戸レオネッサ)
地元である北九州に戻ってきて、懐かしさを感じています。練習会場の本城陸上競技場で自主練習をしていたこともありますし、帰ってきて落ち着くなという感じです。地元ということで応援してくれる方も多い中で、ボランチというポジションで攻守に関わる運動量は自分の持ち味だと思うので、相手の攻撃の芽を摘むプレーなどの隠れたところのプレーも観て欲しいです。東京オリンピックまで約8ヶ月という段階での今回の試合では、試合の流れを読んだプレーを選択するという部分の質を上げて、幅を広げられるように取り組みたいと思います。

FW #24 増矢理花 選手(INAC神戸レオネッサ)
昨年11月以来のなでしこジャパン招集ということで、声がかかったことには正直驚きました。ワールドカップはファン目線で観ていて、自チームの選手が出ていればものすごく応援しましたし、世界トップレベルの選手も見られるので、楽しんで観戦していました。ワールドカップを経てチームを固めていく段階での招集ということで、自分は攻撃の選手なので、得点は求められると思いますし、攻撃の起点になるプレーや、守備面でも気の利くプレーは求められると思います。南アフリカ戦は、まずは勝つことが大事です。必死にプレーする中で自分たちが楽しむことで、観ている人たちにも楽しんでもらえると思うので、やるべきことをやって、自分で得点して、観に来てくれた方々が沸くようなプレーを見せたいと思います。

FW #25 植木理子 選手(日テレ・ベレーザ)
ワールドカップを怪我で離脱してしまったのですが、リハビリするのが辛いと思うくらいショックでした。しかし、周りにも同じ境遇の選手がいたり、代表選手がいないクラブに戻った時に、今のままではだめだと思いました。自分にはまだこの先大きな大会に関われるチャンスがあるので、戻ってこられるように頑張ろうと思えるようになりました。なでしこジャパンには常に選ばれたい気持ちはありましたが、まだまだだと思っていたので今回の招集は正直驚きました。選ばれたからには、『理子なら選ばれるよね』と思われるように頑張ろうという気持ちです。代表チームに残りたい気持ちが強いので、自分のプレーを見せてアピールして、最後は東京オリンピックで出られるように目の前のことに頑張っていきたいです。

スケジュール

日付時間内容一般公開
11月5日(火) 15:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月6日(水) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月7日(木) 10:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
16:30 →15:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
11月8日(金) 10:00 →11:00 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)
16:30 トレーニング(北九州市立 本城陸上競技場)※キャンセル
11月9日(土) AM/PM 公式練習・公式会見
11月10日(日) 12:45
※2
MS&ADカップ2019
対 南アフリカ女子代表(北九州スタジアム)
11月11日(月) AM トレーニングマッチ vs 南アフリカ女子代表

※1 スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。
※2 天皇陛下御即位による「祝賀御列の儀(パレード)」と重なることから、キックオフ時間を「12:45(予定)」に変更させていただきます。

なでしこジャパン(日本女子代表)対 南アフリカ女子代表
開催日:
2019年11月10日(日)  12:45キックオフ(予定)
会場:福岡/北九州スタジアム

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー