JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 清水と鹿島はドローで勝点1を分け合う 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第5節
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

清水と鹿島はドローで勝点1を分け合う 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第5節

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年05月06日

清水と鹿島はドローで勝点1を分け合う 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST第5節

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 EASTの第5節が5月4日(土)から5日(日)にかけて開催され、各地で熱戦が繰り広げられました。静岡市清水総合運動場陸上競技場では、前節を終えて首位に立っていた清水エスパルスユース(静岡)と前年度王者の鹿島アントラーズユース(茨城)の対戦が行われました。

ピックアップマッチ

清水エスパルスユース 0-0(前半0-0、後半0-0)鹿島アントラーズユース

鹿島は開幕から3連敗という「非常に厳しい結果」(中村幸聖監督)から、前節に尚志高校(福島)を破って初勝利を挙げて勢いに乗っていました。首位チームとぶつかるこの一戦にここまで積み上げてきた成果を見せようと士気高く、試合に入ります。対する清水はここまで3勝1敗の好成績で前節を終えて首位に立っていましたが、この試合は「立ち上がりから相手の勢いに飲まれてしまう」(平岡宏章監督)形になりました。

ボールを保持して左右に動かしていく清水は、サイドまでは効果的な展開も見せます。しかし「そこから先に入っていく強引さが欠けていた。きれいに行こうとし過ぎた」と指揮官が振り返ったように、鹿島のDF小針宏太郎選手(#3)とMF木内達也選手(#14)を軸とした堅実な守りを切り崩すには至りません。このため、前半のシュート数は0本に終わってしまいました。

対する鹿島は、「前半からゲームの主導権は握れていた」とMF生井澤呼範選手(#8)が振り返ったとおりに攻守で狙いとするサッカーを見せていましたが、ゴールという形には結び付けられません。17分にMF栗俣翔一選手(#11)が放った決定的なシュートも清水GK石井飛雄馬選手(#1)にキャッチされてしまいます。

後半に入ってからは清水も内容面で盛り返して一進一退の攻防となります。その中でも決定的なチャンスが多くあったのは鹿島でしたが、62分に迎えたセットプレーでの絶好機も、小針選手のシュートはゴールポストを直撃。得点は奪えません。結局、スコアは最後まで動くことなく、0-0の痛み分けとなりました。

監督・選手コメント

平岡宏章 監督(清水エスパルスユース)
良い内容ではありませんが、そこまで悪かったとも思っていません。鹿島さんはやはり力のあるチームで、開幕から3連敗していたといっても内容で負けていた試合もそうありませんでした。今日もブロックをつくって厳しい守りを敷いてきたので、あれを崩すのは簡単ではありません。ただ、だからこそ、もう少し個人で勝負に行ってよかったと思いますし、そこは課題にしたいと思います。

DF #4 ノリエガ・エリック 選手(清水エスパルスユース)
そんなにチャンスもなくて難しい試合になりました。ただ、負けてはいないので大丈夫です。みんな勝ちたいという気持ちはいつも持っていて、今日もそうでした。清水ユースはみんなテクニックがあって、ヘディングも強いです。(昨年末からセンターバックにコンバートされたが?)ポジションはどこになっても試合に出たかったので。今は(センターバックでのプレーが)楽しいです。

中村幸聖 監督(鹿島アントラーズユース)
連敗している間もそこまで悪くないと思っていましたし、今年からチャレンジしていることにネガティブにならないようにやっていました。ただ、ベースとなる戦うところについてはあらためて見直してやってきました。今後はもう少しボールを持てるようになりたいですし、今日の試合もそれができれば、もっと相手を疲労させられたと思います。

DF #3 小針宏太郎 選手(鹿島アントラーズユース)
首位の清水さんが相手だったので、勝てばその差を縮められると思って臨みました。攻撃陣も守備陣も連係が良くなって、上昇気流には乗れていたと思います。今日もチャンスはつくれていたと思いますが、決め切る部分で課題が残りました。自分もシュートをポストに当ててしまいました。あの場面は、右足で打つか左足で行くかで迷ってしまったのが良くなかったと思います。

その他の試合結果

流通経済大学付属柏高校 0-2(前半0-1、後半0-1)大宮アルディージャU18
浦和レッドダイヤモンズユース 1-0(前半0-0、後半1-0)ジュビロ磐田U-18
尚志高校 0-4(前半0-1、後半0-3)市立船橋高校
青森山田高校 2-1(前半0-1、後半2-0)柏レイソルU-18

流通経済大学付属柏高校(千葉)との一戦に臨んだ大宮アルディージャU18(埼玉)は、前後半に1点ずつを奪い、開幕戦以来の白星をつかみました。ジュビロ磐田U-18(静岡)をホームに迎えた浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)は50分にオウンゴールで先制。これが決勝点となり、浦和が今シーズン3勝目を挙げました。尚志高校(福島)と市立船橋高校(千葉)による高体連対決は、43分にMF松本海槻選手(#15)のゴールで先制した市立船橋が得点を重ね、4-0で快勝しました。柏レイソルU-18(千葉)をホームに迎えた青森山田高校(青森)は、立ち上がりに先制点を奪われましたが、後半にMF金賢祐選手(#14)とDF箱﨑拓選手(#4)のゴールで逆転勝利を収めました。 

EAST 第5節 ダイジェスト

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第6節
2019年5月11日(土)
11:00 尚志高校 vs 青森山田高校(郡山市営西部サッカー場)
15:00 柏レイソルU-18 vs ジュビロ磐田U-18(日立柏総合グランド(人工芝))
2019年5月12日(日)
11:00 大宮アルディージャU18 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉スタジアム2002 第3グラウンド)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 流通経済大学付属柏高校(茨城県立カシマサッカースタジアム)
13:00 清水エスパルスユース vs 市立船橋高校(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))

WEST 第6節
2019年5月11日(土)
13:00 愛媛FC U-18 vs 大津高校(愛フィールド梅津寺 人工芝グラウンド)
14:00 セレッソ大阪U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
2019年5月12日(日)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs ガンバ大阪ユース(吉田サッカー公園 人工芝グラウンド)
13:00 名古屋グランパスU-18 vs アビスパ福岡U-18(トヨタスポーツセンター(天然芝))
14:00 京都サンガF.C. U-18 vs 東福岡高校(京都サンガF.C. 東城陽グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー