JFA.jp

JFA.jp

EN

FC VALOR(千葉県市川市)

賛同するテーマ

  • みんなPlay
  • だれでもJoin
  • 社会課題への取り組み

団体の理念・ビジョン・方針

障がい者と健常者が一緒にプレーする〈勝負する楽しさを大切にする〉競技系チームです。

プレーをしてみんなで楽しむ…はもちろんのこと、「勝ち」にこだわる千葉県競技系ソーシャルチームです。

チーム名《VALOR》は英訳で勇気、ポルトガル語訳は価値です。
病気を持って生きるのはとても大変ですが、苦労という糧があれば自信に繋がることもあります。
人それぞれは価値があり、勇気を持って望めば無駄はありません。

メンバーひとりひとりが今後歩もうとしている道を全力で応援します!

監督・マネージャー・プレイヤーの全員で楽しみながら成長していくチームです。

主な活動内容

フットサルのソーシャル大会、一般大会参加。
月に数回の練習。

私達のグラスルーツ宣言

FC VALORは〈補欠ゼロ〉〈障がい者サッカー〉〈社会課題への取り組み〉に賛同し活動していくことで、目標や生き方、生涯スポーツへ考えることも出来て、「生きる」喜びを資産として、社会の模範となるチームを目指しています。

上記宣言を具現化するための活動内容

<補欠ゼロ>
FC VALORは、全員で参加し勝負する楽しさを大切にするチームです。 フットサルは交代自由ということもあり、全員出場して戦うのが基本となっていますが、当チームは一丸となって試合に臨む目的があり、試合も成長の1つとして経験してもらう為に必ず補欠ゼロです。
<障がい者サッカー>
FC VALORには、障がい者と健常者が一緒に混ざるチームとして活動しており、ソーシャルの大会だけではなく、一般の大会にも参加しているチームです。
当チームの指導者が バルサ財団「FutbolNetメソッド」による障害者サッカー指導者認定証を取得しており、バルサ財団「FutbolNetメソッド」を用いて、インクルージョンの多様な価値観を学び、社会に適応できる人材に成長できる環境を整えています。
また、監督が選手同士にコミュニケーションを取りやすくする為、傾聴、自己開示時をしながら自発性を促す環境づくりにも力を入れています。
<社会課題への取り組み>
FC VALORは、障がい者と健常者が所属しており、練習や試合ではお互いに協力しあって活動をしています。
障がい者と健常者が一緒に活動することで、ともに社会貢献を学び成長していく環境を作っています。
そして、私たちの活動していることをインターネットなどで発信していくことで、社会課題の解決の一助となり、差別やいじめのない社会づくりをチーム全体で学んでいます。

活動報告

団体ホームページはこちら

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー